ネタバレ・感想

スーツ2『4話』ネタバレ・感想【メモありました…】



2020年8月3日(月)に、SUITS/スーツ2「第4話」が放送されました。

このページでは、SUITS/スーツ2「4話」の

  • ネタバレ
  • 次回の予告とあらすじ
  • 感想

についてご紹介します。

関連記事【スーツ2】キャスト・各話のネタバレはコチラ

SUITS/スーツ2「4話」ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ2「4話」のネタバレです。

甲斐、訴えられる

上杉から、鈴木を自分につけて欲しいと頼まれた蟹江。

ところが甲斐に鈴木を貸して欲しいと頼んだが、断られてしまう。

しかし、聖澤と別れたことでダメージを受けていた鈴木を見て、甲斐は蟹江の手伝いをさせることにした。

一方、甲斐の元に弁護士の富樫から訴状が届いた。富樫に会いに行った甲斐は、自動車ディーラー「コースタル・モーターズ」訴訟案件の話をされた。

過去に、コースタルの車に乗っていた運転手が事故死した。

ボンネットに欠陥があると主張し訴訟を起こした遺族たちだったが、甲斐の弁護で欠陥がないことを証明し勝訴していた。

しかし実は欠陥があり、それを隠していたメモが見つかったと言う富樫。

それで、コースタル・モーターズを弁護をした甲斐も、隠蔽に加担したとされ訴えられることになった。

オキラクはパクリか?

コースタルを訪れた甲斐は社長の神崎と会い、契約を解除した。

一方、訴訟時の資料の中に欠陥を示すメモが紛れていなかったか、玉井に確認するよう指示した。

その頃、イタリアン料理店「ワガママ・イタリアン」のマネをしたと疑いのある、「オキラク・イタリアン」について調査していた蟹江。

「オキラク・イタリアン」側の弁護士・吉岡と、マーケティング担当課長・小里との話し合いの場が持たれるものの、訴える旨を伝える蟹江。

鈴木も加わり、店舗の外観やメニューなど酷似している証拠の資料を見せると、パクリではなくオマージュだと言う吉岡。

さらに、簡単にマネされるようなクオリティであると指摘された蟹江は、思わず「ワガママ・イタリアン」の味や従業員とは天と地の差だと失言💦

それをボイスレコーダーに録音されてしまい、オキラクから「似ていないなら問題ないですね」と言われてしまった。。




聖澤さんがマッチングアプリに

メモを探し疲れた玉井が外の空気を吸っていると、聖澤がやってきた。一緒に食事に行き、マッチングアプリに登録していると打ち明けた玉井。

一方、大原という社員が、事故を起こした車種が生産される前まで内部資料を作っていたと突き止めた。

だが、その後に退社していたことから、疑問を持つ甲斐たち。

大原のもとを訪れた甲斐たちが資料について尋ねると、文書にしないよう言われ、社長に直接話したと言う大原。

そこに、富樫が待ち構えていた。

コースタルの隠蔽が確定したことを、チカに報告した甲斐。公になったら、甲斐もファームも終わりだと言われてしまう。

一方、蟹江の案件で和解を提案する吉岡だったが、蟹江は会社の待遇に不満を持っていた小里から証言を引き出すことにした。

案の定、会社に不満のあった小里は、あっさりパクリを認めた。

メモ見つかる。玉井印も。。

神崎に会いに行った甲斐は、隠蔽の事実を公表して遺族に謝罪するよう求める。公表しないなら自分が公表すると伝えた。

〜その夜〜

事務所で聖澤のパソコンを見た鈴木は、マッチングアプリに登録していたことに気づいてしまう。。

〜翌日〜

上杉から「オキラク・イタリアン」が破産申し立てをしたと聞かされた。

破産してしまうと賠償金が回収できないと言う蟹江に、鈴木は買収すればいいと提案する。

その後、鈴木の資料に録音中のボイスレコーダーを忍ばせた蟹江。そうとは知らず資料を持って甲斐のオフィスに戻った鈴木。

自分たちの秘密を知ったら、蟹江が上杉につくだろうと話をしていた。

そんな中、富樫がファームに訪れ、神崎が遺族に謝罪し和解に応じることを報告してきた。だが、甲斐への訴えは取り下げないと言う。

ボイスレコーダーで甲斐が訴えられていると知った蟹江は、すぐに上杉へ報告。上杉は甲斐の元へ向かい、今は協力すべきだと主張した。

その頃、倉庫でメモを探していた玉井は、例のメモを見つけていた。そこには、玉井の受け取り印も押されていた…。

 

つづく…

スーツ2『5話』ネタバレ・感想【玉井さん解雇?演技?】月9ドラマ『SUITS/スーツ2』5話のネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年8月10日放送。...

SUITS/スーツ2「4話」感想

SUITS/スーツ2「4話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

全話配信スーツ2|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】

SUITS/スーツ2 次回のあらすじ

「SUITS/スーツ2」次回のあらすじです。

過去の勝利は、隠蔽によるものだったのか――?

甲斐(織田裕二)は、『コースタル・モーターズ』の自動車に乗っていた運転手が事故死した裁判で勝訴したものの、同社の自動車に欠陥があったことを示す社内メモが見つかったことで窮地に立たされる。

甲斐自身はメモの存在すら知らなかったが、甲斐に対して強烈な敵がい心を抱く弁護士・富樫(髙嶋政宏)は、事実を隠蔽し、被害者とその遺族を法廷で侮辱した甲斐を徹底的に追及すると宣言する。

この件を知った上杉(吉田鋼太郎)は、いまこそ団結して事務所を守るべきだと主張し、甲斐のために優秀な弁護士・副島絵美里(清水ミチコ)を連れてくる。

だが、早急且つ、秘密裏に和解を進めるべきだと提案する副島に、反発する甲斐。チカ(鈴木保奈美)は、そんな甲斐を制して副島を雇うことに。

一方、甲斐の秘書・玉井(中村アン)は、コースタル訴訟の資料の中から問題になっている社内メモを発見する。そこには玉井のサインもあった。思いつめた表情でシュレッダーの前に立つ玉井のもとへやってきた大輔(中島裕翔)は、彼女が持っていたファイルに違和感を抱き……。

そんな折、プロモーターの星川卓郎(田中要次)が、天才テニス少年と噂される高山雄哉(髙橋優斗)を伴って甲斐を訪ねてくる。

雄哉は、プロ入りに反対する父親と、法的に親子の縁を切りたいのだという。

甲斐は、この案件を大輔に任せることにするが……。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

 

関連記事【スーツ2】キャスト・各話のネタバレはコチラ

全話配信スーツ2|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!