ネタバレ・感想

グランメゾン東京|4話 ネタバレ感想【ウニでとるやないかい!】



TBS日曜ドラマ・グランメゾン東京『4話』が、2019年11月10日(日)に放送されました!

今回は、グランメゾン東京『4話』

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてまとめています。

グランメゾン東京『4話』ネタバレ

グランメゾン東京『4話』ネタバレです。

運命の日に…

グランメゾン東京に来店した、尾花の元カノ「リンダ・真知子・なんとか」。

コース料理のみ10品・アラカルトはナシという構成に、「客に選ばせないなんて、ずいぶん強気ね。」とリンダ。

リンダに選ばられた店は、1年先まで予約が埋まるほどの影響力がある反面、酷評されて潰れた有名店も多数あるとのこと💦

そしてリンダから、プレオープンに呼んでほしいとお願いされます。

日を改めてという倫子に、尾花は無理やり1席確保しリンダ来店確定💦💦

プレオープンの日が「運命の日」になったじゃない!と、落ち着かない倫子。

尾花 vs 祥平

倫子たちは、祥平のホテルを訪れていました。

プレオープンの日に、味を見て欲しいという尾花の隠れた意図を説明する京野。

そこに、パティシエ専門シェフとして働く「松井萌絵(吉谷彩子)」に声をかける尾花。

「パティシエ専門としてウチで働いてみない?」

尾花は萌絵を引き抜こうとしていました。

////

翌日、萌絵がグランメゾン東京へ見学に来ました。

コース料理の最後を飾るデザート2つの中で、一番最後のモンブランを改良したいとのこと。

一口食べた萌絵は、これより美味しいモンブランを作れると豪語。

ムっヽ(`Д´)ノとする倫子でしたが、履歴書の経歴を見せてもらったメンバーは萌絵の素晴らしい経歴に驚きます。。

5時間ほど経ち、モンブランの試作品を完成させた萌絵。

 

この投稿をInstagramで見る

 

日曜劇場『グランメゾン東京』(@gurame_tbs)がシェアした投稿

一口食べたスタッフの面々は美味しい!と口々に言ったものの、倫子と尾花は「これじゃダメね。」と辛口評価します。

悔しい萌絵はもう一度作り直すと食い下がりますが、尾花から「期待はずれだった。」と言われてしまいます。。

そこで、プレオープンまでにもう一度つくるので、美味ければメニューに加えてほしいと萌絵から提案され受け入れることになりました。

////

萌絵のモンブランでは尾花に勝てないよとつぶやく相沢に対し、優秀な家庭教師がつけばそうとも限らないと京野。

その家庭教師とは、祥平のこと。

京野から事のイキサツを聞いた祥平は、萌絵のモンブランづくりを手伝うことにしました。

尾花と祥平の師弟対決がスタートしました。

両者、かなりの試行錯誤を経て、プレオープン前日に試作品が完成。

プレオープンまで「あと18時間」と迫っていましたが、完成したモンブランを持って今から行ってこい!と背中を押された萌絵は、グランメゾン東京へ。

盛り付けを完了させ、尾花たちに振る舞います。

尾花「鬼皮を焼いたのか…。よくここまで行き着いたな。」

祥平のアイデアでしたが、自分がセンスで考えついたと話す萌絵。

倫子「このモンブラン、24人分作れる?ウチのメニューに入れたいの。」

萌絵のモンブランは採用されることになりました✨

一方、換気扇の掃除を夜中までさせれていた芹田は、コンビニのベンチで缶チューハイを飲んでいました。

するとそこへ、柿谷がやってきました。

芹田「いよいよ明日っすね。どうなるんすかね~」

柿谷「明日だな。楽しみだな。。」

不敵な笑みを浮かべる、柿谷でした。

プレオープン当日

プレオープンの日を迎えました。

来店客は全部で「24名」、そこには祥平とリンダの姿も。

次々にコースメニューが運ばれていきます。

①ジロール茸とひもどうがらしのサブレ
②山羊乳のバヴァロア
③茄子と白レバーのプレッセ
④モンサンミシェルのムール貝/冷静スープ
⑤きのことホッキ貝のヴォル・オ・ヴァン
⑥牛の胃袋のグリエ
⑦雲丹(うに)のグラディネ
⑧本州鹿ロースと血液を使ったコンソメ
⑨メレンゲのアイスクリーム
⑩モンブラン・アマファソン

7品目「雲丹のグラディネ」に差し掛かったころ、

「柿谷くん、ウニだして!」

と、指示する倫子でしたが、柿谷(大貫勇輔)がいません!

代わりに相沢(及川光博)が冷蔵庫へ取りに行くと、ウニは未処理のまま。

お客様に待ってもらうのは15分が限界と京野。

倫子は「お詫びして欠品にしよう」と提案しますが、「間に合わせればいいだろ」と、尾花はあきらめません。

何とか間に合わせるため、全員でウニの下処理に取り掛かります。

****

そのころ柿谷は、gakuのオーナー江藤(手塚とおる)と会っていました。

「上手くいきましたよ。魚料理が出せずに終わるはずです」と、柿谷。

江藤「お疲れ様。リンダさんの酷評で終わりやなぁ(ニヤリ)」

祥平(玉森裕太)が厨房へ!

ウニが出来るまで時間稼ぎをしていた京野でしたが、たまらず祥平に「手伝ってくれないか、お前が入れば間に合う」とユニフォームを差し出します。

「尾花さんは俺を必要としてないでしょう」と話す祥平。

それを聞いた京野は

だったら見せつけてやれよ!お前が必要だってことを。

あいつは面倒くさいから正直に言わないだけだよ、本当は尾花が一番、祥平を待ってるはずだ。

「デザートまでたどり着かなかったら困るんで。」

ユニフォームを受け取り、祥平は厨房へ向かいます。

ウニを祥平の元へ持っていくと、下処理のあまりの速さと手際の良さに驚く芹田と萌絵。

「祥平は、下働き時代に誰よりも努力して腕を上げた」

という京野の言葉に、萌絵は申し訳なさそうな表情をします。

祥平と皆の連携の介もあり、7品目「雲丹(うに)のグラディネ」をお出しすることができました。

見事にピンチを乗り切った。相沢は祥平に料理を出し、グータッチ(=ハイタッチでなく拳をぶつけあう喜びの動作)をかわす。

尾花 vs 祥平、対決の行方は?

順調にコースメニューを出す、グランメゾン東京のスタッフ。

そのころ江藤は、グランメゾン東京へ行った客がSNSで「ウニのグラタンおいしかった」という投稿を見つけ

「ウニでとるやないかい!」

と、こんな顔↓で怒ります💦

すべてのメニューを出し終え、倫子はデザートの感想をリンダに伺いました。

メレンゲのアイスクリームは?(担当:尾花)

濃度の濃い塩水を霧吹きでかけたのね。食べるたびに味が変わった。見た目はシンプルだけど、最後まで飽きさせない面白さがあった。

モンブランは?(担当:萌絵)

もっと良かった。栗の鬼皮を使ったのかしら?

焼き栗のような香ばしさと塩味で栗の香りと味を引き出すアイデアは見事ね。後味もさわやかで、全ての料理の締めくくりという役割を果たしてる。何よりも、見た目が美しかった。

そういうとリンダは退席。尾花が見送りにいきました。

リンダ「変わったわね、あなたの料理。何か心境の変化でもあったのかしら?」

尾花「あれは、早見倫子シェフの料理です。」

リンダ「私がこの店を生かしておくと思う?」

尾花「俺の知ってるリンダ・真知子・なんとかなら、自分の舌に絶対に嘘はつかない。」

いろんな感情が絡み合ったやり取りでした。。

****

デザートはモンブラン(萌絵)のほうが美味かったみたいだな。という京野に、

「だな。」と発言した尾花。

尾花が認めたことに驚く、祥平。

「ごめんなさい!」急に謝る萌絵。

本当は祥平が一生懸命考えたレシピだと打ち明けます。

すると尾花から、

・俺らがどれだけ努力したかなんて、お客様には絶対に関係ないから。

・このモンブランはお客様を喜ばせた!それがすべて。

萌絵をキチンと認めてくれました。

萌絵からは、

・センスで何でも出来るなんて言って、ゴメンナサイ。

・私、もっと勉強したいです。

・もっと頑張りたいです。

・だから、この店で働かせてください!お願いします!

泣きながら、深々と頭を下げました。

倫子は「うち、厳しいからね」と、萌絵を受け入れてくれました。

帰り際、ヘルプの件で祥平にお礼を伝える京野。すると、祥平から

なんで尾花さんが認めてくれなかったのか、理由が分かりました。

単純に上手い料理が作れてなかっただけなんです。

ところが京野からは、

尾花が言ってたよ。

キッシュが断然においしくなったって。アーモンドがいいアイデアだったって。

尾花が褒めてくれていたことを知り、祥平は驚いていました。

////

その頃、祥平の婚約者・美優(朝倉あき)は、家でひとり萌絵のSNSを見ていました。

そこには「平古シェフのおかげで最高のスイーツができました」という、画像つきで萌絵のコメントが…。

グランメゾン東京が雑誌で高評価を受ける✨しかし…

消えた柿谷が、江藤とともに芹田の前に現れました!

毎月10万円を払うので、グランメゾン東京のレシピや情報を流してほしいと交渉されます。

普段から雑用ばかりで、ろくに食材も触らせてもらえない、芹田の気持ちを汲みとるような言葉を投げかける江藤。

芹田は、お金を受け取ってしまいました…。

一方、「グランメゾン東京」が絶賛されているフランス語のネット記事を呼んでいた、倫子・京野・尾花。

ところが記事の終盤で、

3年前、パリのエスコフィユでコンタミネーション事件と傷害事件を起こした尾花夏樹がスーシェフを務めていることも、注目に値する。

と、書かれていました。

////

リンダと電話する、久住栞菜(中村アン)。

「これで3年前の犯人が動き出しますかね?」と、目星はついていると報告する栞菜。

「それは、尾花に一番嫉妬している人物。」

栞菜が目星を付けていたのは、京野でした。

////

翌朝、歩いてグランメゾン東京へ向かっていた、尾花と倫子。

道中、マスコミが尾花たちを取り囲みます。

どうやら、リンダの記事を読み嗅ぎつけたようでした。。

 

つづく…

グランメゾン東京|5話 ネタバレ感想【祥平やないかい!】グランメゾン東京『5話』ネタバレ・あらすじ・6話の予告。2019年11月17日に放送。...

グランメゾン東京「4話」感想

グランメゾン東京『4話』の感想です!

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

「グランメゾン東京」次回のあらすじ

『グランメゾン東京』次回のあらすじです。

3年前のナッツ混入事件について、リンダ(冨永愛)が書いた記事がもとで、記者からの直撃取材を受ける尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)。

記事は、尾花の過去についても大々的に書かれて、炎上してしまう。

そして、ついに迎えた『グランメゾン東京』オープン当日。

しかし、前日までいっぱいだった予約はすべてキャンセルという最悪の滑り出しに。

オープンして、すぐに閉店の危機。

そんな中、尾花は余った食材でフードフェスに出店することを提案する。

店に人が来ないのであれば、自ら外に売り出しにいくことで、お客さん誘導に繋げようと考えたのだ。

そして、そこに強力な助っ人が加わった。

祥平(玉森裕太)だ。

祥平は、美優(朝倉あき)の父・西堂(岩下尚史)から、「グランメゾン東京」に融資した際のことを咎められたこともあり、尾花のもとを訪ねていたのだ。

全員で、力を合わせてフェスに向けた料理開発に挑む。

はたして、尾花たちは失った信用を取り戻し、顧客を獲得することが出来るのか…?!

公式サイトより引用

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事グランメゾン東京|各話のネタバレはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!