ドラマネタバレ・感想

TOKYO MER|9話 ネタバレ*感想(音羽先生はチョコが好き)



ドラマ「TOKYO MER」9話が、2021年8月29日(日)に放送されました。

最高のチームが揺らぎはじめます…。

このページでは、ドラマ「TOKYO MER」9話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「TOKYO MER」9話 ネタバレ

ドラマ「TOKYO MER」9話のネタバレです。

大使館と条約の壁

心臓の持病が悪化した赤塚都知事(石田ゆり子)は、絶対安静状態となっていた。

心臓移植ができなければ余命は3ヶ月で、千晶(仲里依紗)もIP細胞を使った治療などを申請しているがまだ認められていない。

厚生労働省医政局長・久我山(鶴見臣吾)は、白金(渡辺真紀子)が次の大臣にならない可能性を考え、音羽(賀来賢人)に白金を裏切ろうと持ちかける。

そして、白金が掴んでいる天沼幹事長(桂文珍)の不正献金の証拠を手に入れようと誘うも、それは久我山の罠だった。

そんな中、パルナ大使館の地下で爆発が起きたという連絡が入り、MERは現場に向かう。

二酸化炭素中毒事故が発生していて、一人の患者を大使館のメンバーが連れてきた。

ところがせっかく出動した TOKYO MER に対し、「大使館内は各国の領土であり、許可なく立ち入れない」と条約の壁が立ち塞がってしまう。

さらに、パルナ国の大使とは連絡が取れずにいた…。

閉じ込められた千住

都知事の赤塚(石田ゆり子)は病で指揮できないため、厚生労働大臣の白金と久我山が自身の管轄だと指揮を執る。

そして、喜多見(鈴木亮平)たちに現場への立ち入りを禁止するよう指示。

そこへ赤塚から連絡が入り、駒場室長(橋本さとし)に全権をゆだねるという。そして、「命を最優先に」と告げる。

そこで喜多見たちは大使館に入り、現場で2人の人間を助けると喜多見はERカーに戻った。

その頃、レスキュー隊の隊長・千住(要潤)が現場の最終確認をしていると、一人の患者を発見する!

ところがその時、防災装置の誤作動により出口のシャッターが降り、千住は患者とともに地下駐車場に閉じ込められてしまう!

時間が経つにつれ酸素は薄れ、悪化してゆく患者の容体。喜多見は、先に救出した患者の処置を音羽に頼み一人で現場へ戻る。

千住と一緒に男性患者の救助にあたるも酸素が薄くなり、このままでは3人とも命の保障がない!

そこで千住は、自分がなんとかシャッターを開けるので、患者を背負って連れ出してほしいと喜多見に頼む。

大使館員たちはすでに火災が発生しているので、これ以上は中に入れられないと告げるも、千住の行動が患者を救う唯一の手段となった。

あなたはレスキューのことをなんにも分かっていない!

指令室では、千住も喜多見も連絡がとれないため、久我山は「すでに死んでいるので、助けに向かう必要はない」とまでいう。

すると駒場は久我山に対し、

あなたはレスキューのことをなんにも分かっていない!

本物のレスキューは、自分の命を犠牲にしてでも誰かを助ける覚悟を持っています!

と怒鳴り、助けに向かうよう指示する。

千住がなんとかシャッターをこじ開け、喜多見が患者を外に連れ出すと、駒場から指示をうけた音羽たちが到着していた。そして、患者を音羽に託す。

その頃、シャッターを開けた千住は大量の二酸化炭素を吸引し心臓が停止していた。

喜多見は叫びながら、必死に千住の蘇生を試みる!千住の心拍の波形は触れず、諦めかけたその時、わずかに心拍再開!

千住はなんとか命を取り留め、そして2人が命がけで助けたのはパルナ国の大使だった。

その夜、久我山は白金の机から、天沼に関する資料を持ち出すよう音羽に指示する。

涼香ちゃん!

音羽が大臣室の机から資料を漁っているといきなり部屋が明るくなり、そこへ白金と久我山が登場する。

「ハメたんですね?」

と冷静な音羽に、しらばっくれる久我山。

さらに、音羽の行動は懲戒や裁判もできると脅し、官僚でいたければ、喜多見の空白の一年について本当のことを話せと問い詰める。

(嘘の報告をしたことは白金と久我山にバレていた。)

しかし音羽は口を割らず、報告どおりデング熱による入院治療と告げ、大臣室から去ろうとする。

白金から「そんなにMERが大事なの!?」と聞かれ、音羽は「今の日本に必要なんです」告げ、大臣室から出ていった。

翌日。

久我山は喜多見の妹・涼香(佐藤栞里)に接近。

音羽が官僚を辞めなければいけない事態になった。

音羽を救うためには、喜多見の空白の1年が分かれば救える。

と、言葉巧みに近づく。

音羽の医療に対する想いを知っている涼香は、居ても立っても居られず、

ほんとのことを話すので、音羽先生のこと助けてください!

と懇願し、涼香は音羽を救うため久我山にすべてを話してしまう…。

その後、喜多見の過去がネットや報道ニュースを飾った。

その頃、エリオット・椿(城田優)は「楽しみですね」と薄ら笑いを浮かべていた…。

 

つづく…

TOKYO MER|10話 ネタバレ*感想【エリオット不条理】ドラマ『TOKYO MER』10話のネタバレ・感想。2021年9月5日に放送。...
TOKYO MER|ドラマ 動画の無料視聴*ディレクターズカットありドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2021年の放送で、主演は鈴木亮平。...

 

ドラマ「TOKYO MER」9話の感想

ドラマ「TOKYO MER」9話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【TOKYO MER】各話のネタバレはコチラ

2021 秋ドラマ 15作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!