ネタバレ・感想

スーツ2『5話』ネタバレ・感想【玉井さん解雇?演技?】



2020年8月10日(月)に、SUITS/スーツ2「第5話」が放送されました。

このページでは、SUITS/スーツ2「5話」の

  • ネタバレ
  • 次回の予告とあらすじ
  • 感想

についてご紹介します。

関連記事【スーツ2】キャスト・各話のネタバレはコチラ

SUITS/スーツ2「5話」ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ2「5話」のネタバレです。

迷う玉井(中村アン)

黒崎は甲斐のために、弁護士の副島を連れてきた。

和解をすすめるべきだと言う副島だったが、甲斐は遺族に訴えを取り下げさせると主張。ところがチカは副島を雇うことに決定。

そして、甲斐にも大人しくしているようにと指示した。

一方、自分の印が押されたコースタルの社内メモを見つけた玉井は、シュレッダーの前に立っていた。

そこに大輔がやってきたため部屋を出て行くが、玉井の様子がおかしいことに気づいた大輔。

その後、プロモーターの星川が、天才テニスプレーヤー「高山雄哉」を連れ、甲斐のもとを訪ねてきた。

雄哉の依頼は、プロ入りに反対する父親と縁を切りたいという内容。甲斐は、雄哉の案件を大輔に任せることにした。

話し合いをするため雄哉と高山を事務所に呼んだものの、お互い言い合いになり、物別れに終わってしまった。。

雄哉(髙橋優斗)のアザ

メモを持って、再びシュレッダーに向かった玉井。

しかしそこへ大輔が現れ、ファイルのことを問い詰めた。

サインはあるが覚えていないと伝えると、すぐに甲斐に話すよう忠告する大輔。しかし、迷惑が掛かるので処分すべきだと言う玉井。

それでも甲斐を信じるべきだと言うと、話す気になってくれた。

玉井は甲斐の部屋を訪れたが、そこへ黒崎と副島がやってきた。

甲斐が勝手に遺族と会ったと指摘し、事務所メンバーにメモの所在の有無を聞き取り調査すると言いだす副島。

一方、雄哉の元を訪れていた大輔は、簡単に親権を奪うことはできないと説明。

しかし、高山が感情を抑えられない正確だと主張し、雄哉は腕のアザを見せた。




全てを打ち明けた、甲斐

副島により、事務所メンバーの聞き取りが開始した。

最初に呼ばれたのは玉井だったが、何も知らないと回答。

その後にチカが呼ばれ、弁護を引き受ける代わりにメモを受け取っていないという、宣誓供述書にサインを求められた。

甲斐の部屋を訪れていた大輔。そこへ、チカも入ってきて「宣誓供述書」にサインをするよう指示してきた。

大輔はとっさに書類にコーヒーをこぼし、チカに出直させることに成功。

その後、甲斐は大輔を問い詰めると、玉井がメモを見つけたことを打ち明けた。

玉井を部屋に呼びだした甲斐は、玉井を責めながらもメモが見つかったのなら隠蔽の証拠になると告げる。

しかし、副島に疑われたことでメモを破棄してしまったと、涙を流す玉井。仕方なく、チカの部屋で黒崎や副島も同席し、全てを打ち明けた甲斐。

すると、和解を進めるべきだと主張する副島の意見に、チカも同意した。

玉井さん解雇

大輔は高山に、雄哉に対する虐待を尋ねたが認めようとはせず、そのまま裁判へ。

甲斐には責任をとって辞めさせるべきだと、チカに告げる黒崎。それに対し、ケジメはつけるつもりだとチカは答えた。

再び遺族を訪ねた甲斐は、隠蔽はしていないがメモが見つかったと話す。問い詰められた甲斐は、自分のミスだと頭を下げた。

裁判を前に、裁判所で証言をする意味を改めて確認する大輔。話しに割って入ろうとする星川に「あなたが雄哉君に嘘をつかせたんですね?」と言い出した。

父親はビデオを前に雄哉に嘘を付かせないために、ワザと否定しなかった。

星川が早く雄哉をプロ入りさせたくて、さまざまな嘘を吹き込んだと言い、裁判はしないと説明した。

副島から和解条件の説明が行われ、賠償金5億円と甲斐の弁護士資格の剥奪が条件だと言われたチカ。

その後、チカは玉井に今日付けで解雇を言い渡した。

 

つづく…

スーツ2『6話』ネタバレ・感想【大輔「支えるから」はヤバい】月9ドラマ『SUITS/スーツ2』6話のネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年8月17日放送。...

SUITS/スーツ2「5話」感想

SUITS/スーツ2「5話」の感想です。

中村アンさん演じる玉井さんが、チカから解雇を言い渡されました💦💦

次回の予告は違う内容でしたし、ネット上でもは「玉井さんもう終わり!?」と言ったツイートが目立ちました!

Twitter

Twitter

以下の方のご意見にもあるように、甲斐と玉井さんが仕組んだ戦略で、後々登場するなんてことがあればいいんですが。。

次回の予告では、玉井さんを失い喪失感に駆られる甲斐。と書かれていたので、やっぱり終わりなのでしょうか…。

Twitter

そして、放送日の8月10日は、鈴木大輔役「中島裕翔」さん27歳の誕生日でした✨

おめでとうございます〜㊗️

Twitter

全話配信スーツ2|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】

SUITS/スーツ2 次回のあらすじ

「SUITS/スーツ2」次回のあらすじです。

過かけがえのない秘書・玉井(中村アン)を失い、喪失感にかられる甲斐(織田裕二)。

ある日、クライアントである碓氷ジュエリー社長の碓氷秀明(博多華丸)に会いに、大輔(中島裕翔)を連れてマカオのカジノを訪れる。

碓氷はギャンブル依存症だったが、ここ数年は賭け事を断っていた。

だが、甲斐の心配をよそに、カジノのVIPルームでポーカーに興じていた碓氷は、1回の勝負に300万ドル以上も賭けた挙句負けてしまう…。

しかも碓氷は、日本人の元会社社長・城田悟志(三浦誠己)から、碓氷ジュエリーの全株式を担保にすることを紙ナプキンに書いて、300万ドルもの金を借りていたのだ。

碓氷は城田に、その一瞬で会社の全てを奪われてしまう。

一方、真琴(新木優子)と蟹江(小手伸也)は、とあるバレエ団の公演で偶然一緒になる。公演後、バレエ団の演出家・里中栄一郎(吉澤健)が、劇場スタッフともめているのを目撃する蟹江たち。

里中は、劇場の稽古場の設備不良が原因で、バレエ団のダンサーがケガをした、と怒っていた。里中の大ファンだった蟹江は、劇場側との交渉の代理人に名乗りを上げると、その案件を真琴に任せることにする。

そんな折、チカ(鈴木保奈美)のもとに、旧友でもある関東弁護士会副会長の羽鳥亜美(堀内敬子)から電話が入る。

羽鳥は、『コースタル・モーターズ』訴訟の件で、甲斐が賠償金と弁護士資格のはく奪を和解条件として提示されていることを問題視していて……。

碓氷に借りがあった甲斐は、帰国後すぐに城田と彼の代理人弁護士・安斎芳樹(加藤啓)に会いに行く。

奪われたら、奪い返す。甲斐の逆襲が始まろうとしていた。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

 

関連記事【スーツ2】キャスト・各話のネタバレはコチラ

全話配信スーツ2|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!