ドラマネタバレ・感想

ドクターホワイト|1話 ネタバレ*感想【それ誤診です】

ドラマ「ドクターホワイト」1話が、2022年1月17日(月)からスタートしました!

主演の浜辺美波さんが、医療ドラマに初挑戦します👩🏻‍⚕️

このページでは、ドラマ「ドクターホワイト」1話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「ドクターホワイト」1話 ネタバレ

ドラマ「ドクターホワイト」1話のネタバレです。

白衣の女性

医療ジャーナリストの狩岡将貴(柄本佑)は、日課のランニング中に公園で倒れている女性(浜辺美波)を見つける。

透き通るような肌と整った顔立ちのその女性は、素肌にたった一枚だけ白衣を身に着けていた…。

幼なじみの内科医・高森麻里亜(瀧本美織)に助けを求め、病院へ運び込む。

すると、目を覚ましたその女性は自らを“白夜”と名乗り、検査結果を見ずに将貴の胃腸不調の原因となっていたピロリ菌を言い当てる。

さらには、急患に対する外科の「急性胃炎」という診断を「誤診です」と指摘し、心筋梗塞の疑いがあると言い切る。

その口ぶりはまるで医療関係者のようだったが、驚異的な医学知識とは裏腹に、白夜はそれ以外の記憶をすべて失っていた。

そんな謎めいた白夜の存在は、麻里亜の父で院長の高森巌(石坂浩二)の失脚をもくろむ、外科部長・真壁仁(小手伸也)の目に留まる。

そして、研修医の佐久間新平(高橋文哉)は白夜の診断に感心し、同じ研修医と誤解しライバル認定した。

白夜をしぶしぶ自宅へと連れて帰った将貴は、白夜の着ていた白衣の中にGPSが仕込まれていたことに気づく。

将貴の友人で刑事の奥村淳平(宮田俊哉)に、白夜の素性を調べてほしいと依頼。

事故で両親を亡くし、将貴と2人暮らしをしている妹の晴汝(岡崎紗絵)は、そんな白夜を歓迎し何かと世話を焼く。

誤診を指摘する白夜(浜辺美波)

翌日、買い物に出かけた晴汝と白夜。

白夜は見るものすべてに興味を示すが、そんな中、晴汝の体調が突然急変し、足元がふらつきその場に尻もちをついてしまう。

実は晴汝、3年前から脳動脈瘤を患っていた。

晴汝の主治医で脳神経外科医・仙道直樹(高橋努)と麻里亜は、晴汝の症状から動脈瘤破裂と診断し、緊急の開頭手術を行うと決定する。

そこへ、佐久間の協力を得て追加検査し、晴汝の確定診断に至った白夜が寸前のところでオペ室に駆けつけ、脳動脈瘤破裂の誤診を告げる。

今回の晴汝の症状は、脳動脈瘤とは関係ないビタミンB12欠乏症によるものだと診断。

ただでさえビタミンB12が不足しがちな完全菜食主義の晴汝は、ピロリ菌による萎縮性胃炎で、さらにビタミンB12を吸収できない状態からうつ病を患い、脳動脈瘤を恐れるストレスから手足のしびれなどの症状が急激に現れたと結論づけた。

動脈瘤破裂の診断の元となったCT画像も、白夜はアーチファクト(晴汝が撮影時に体を動したことによる画像の乱れ)だと言い切った。

勇気の狙い

妹の病になんの力にもなれないと落ち込む将貴に、白夜は「せん妄状態」にあった晴汝を、鎮静剤に頼らず落ち着かせたち告げ、

「あなたはハルナさんにとって即効性のある鎮静剤です」

と、声をかける。

その頃、白夜の優れた診断力を知った医院長・巌(石坂浩二)は、総合診断協議チーム(CDT)を新設し、白夜をチームに引き入れたいと娘の麻里亜に告げていた。

一方、将貴は奥村から、GPSの契約者が失踪中の麻里亜の兄・高森勇気(毎熊克哉)だと知らされる。

奥村は、将貴が毎朝同じコースを走ると知っていた勇気に、白夜を託されたのではないかと語った…。

 

つづく…

ドクターホワイト|2話 ネタバレ*感想【デスクワークで血栓】ドラマ『ドクターホワイト』2話のネタバレ・感想。2022年1月24日に放送。...
ドクターホワイト|ドラマ 動画の無料視聴《pandora*dailymotion の配信は?》ドラマ『ドクターホワイト』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2022年の放送で、主演は浜辺美波。...

 

ドラマ「ドクターホワイト」1話の感想

ドラマ「ドクターホワイト」1話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

関連記事【ドクターホワイト】キャスト・各話のネタバレ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!