ネタバレ・感想

パパがも一度恋をした|3話 ネタバレ感想【五郎 vs 十郎】2/15



2020年2月15日(土)に、パパがも一度恋をした「第3話」が放送されました。

コチラの記事では、パパがも一度恋をした「3話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

人気記事パパがも一度恋をした|ネタバレ・キャストはコチラ

 

パパがも一度恋をした「3話」ネタバレ 2/15

トカレフは多恵子の父・十郎に、吾郎は就職しておらずオッサンが家事をやっていると話してしまう💦。

それを聞いた十郎は激怒し、吾郎の家げ向かった…。

十郎、乗り込んでくる

吾郎はオッサンを陰で見つつ、好きなところと嫌いなところを探していた。すると、耳かきをされるタロスケを見て羨ましくなった五郎はオッサンの膝を奪う。

トモは、吾郎が好きなオッサンのことを受け入れるべきか悩んでいた。友人のサキから山下家に災いがくると唱えられ慌てて帰宅。

オッサンに耳かきをしてもらっていた吾郎を見て、家に乗り込んできた十郎。吾郎をコブラツイストで締め上げていると、吾郎はオッサンが多恵子だと言ってしまう💦

十郎はオッサンの胸ぐらを掴みオッサンに怒りをぶつける。十郎に分かってもらえなかったオッサンは寂しい表情を浮かべた。

トモが帰宅し、ようやく大人しくなる十郎。二度とくるなと言い残し出て行った。

トモは十郎を追いかけ、吾郎をいじめないで欲しいと言う。トモは、十郎の妻・ともこから連絡を受けて心配になり帰ってきたのだった。

十郎は吾郎が就職しないならトモを近々引き取ると言い、去って行った。

吾郎はトカレフにオッサンのことをなぜ言ったんだ?と責める。オッサンは十郎に認めてもらえなかったことがショックで食欲がなかった…。

オッサンが密かに十郎たちと写った結婚式の写真を見ているのに気づき、十郎の家にオッサンを連れて行くと言い出す。トモは無謀だと伝えたが吾郎の決意は変わらなかった。

トモは心配したがトカレフは面白がり、二人の跡をつけて行く。

五郎、オッサン多恵子の実家へ

十郎の自宅に着いた吾郎は、オッサンが多恵子の生まれ変わりですと説明するが、十郎も妻トモコも信じてくれなかった。

トモコは多恵子の夫である吾郎には変わりがないし、お連れの方もごはんを食べて行ってと誘う。跡をつけてきたトモとトカレフも合流しごはんを食べた。

オッサンは、自分が小さい頃に書いた絵がまだ自宅に飾ってあり、母の手料理の味だと懐かしんでいた。

吾郎はオッサンが作った多恵子の味噌汁を飲ませ、十郎に気づいてもらおうとするが、妻・トモコと同じ味だと言われ失敗💦

オッサンに昔のように十郎におんぶしてもらい甘えればと試すが、十郎はオッサンを近づけるなと怒る。

トカレフはオッサンが炊事洗濯をよくやるいい人だと説明する。トモの下着だって洗っていると言ったとたん十郎は怒り出し、オッサンを投げ飛ばす。

トモはもう諦めようと言うが、吾郎の決意は変わらない。

十郎はプロレスのコーチをやっていて、吾郎とトモは見学させられる。

オッサンは一人で十郎の家に行き、オッサンに仲直りのためにミシンを貸して欲しいと頼む。トモコは針に糸を通すのが苦手では?と言い、オッサンが多恵子だと気づきはじめる。

十郎は、多恵子が亡くなった寂しさもあり、プロレス教室のコーチを務めていると言い、子供の中に紛れていると癒されると。多恵子に対し謝りたかったことが1つあると言う。

十郎が多恵子に言えなかったこと

十郎の家についた吾郎は突然土下座して、お父さんとお母さんの宝物の多恵子を下さいと。その声を聞いて、オッサンとトモコが出てくる。

吾郎はお父さんとお母さんの宝のように、多恵子にとってもお父さんとお母さんは宝だと。そんな二人に信じてもらえない多恵子は辛いと訴える。

十郎は多恵子は死んだんだと言うが、吾郎は多恵子がおっさんになって戻ったことを信じられないかもしれないが信じて欲しいと伝える。

オッサンは吾郎の言葉に涙を流し、吾郎にもういいから頭を上げてくれと言う。

必死な吾郎を見て十郎の心は揺らぐが、このオッサンが多恵子だとは信じられないと言いプロレス教室に逃げてしまう。

母・トモコは、吾郎とオッサンとトモに家に入りなさいと言い、一晩泊めてもらうことに。その夜、オッサンはミシンで何かを縫っていた。

ミシンをしたまま寝てしまったオッサン。母・トモコが、今日は人数が多いから朝食作るのを手伝ってと起こす。

オッサンは、母・トモコと息がぴったりで卵料理の好みまで知っていた。

オッサンはトモコに信じてくれたの?と聞くと、トモコは頭では理解できないが心が多恵子だと言っているし、吾郎があんなに真剣になるのは多恵子だからでしょうと。

オッサンは、トモコ秘伝である味噌汁の隠し味「しょっつる」をトモに教える。トモは、お母さんの味だと分かる。

朝食を作ったが、十郎は食べたくないと食卓に出てこない。トモコは頑固だねと言い食べようと皆を誘う。

オッサンは十郎の部屋の廊下に座り、返事はいらないから話だけ聞いてと語りだす。

昔、十郎にプレゼントをサプライズで渡そうと作っていたら、十郎に勉強してないと怒られ殴られた。人生で殴られたのは1回だけよと言う。

それ以来わだかまりが残ったままで、プレゼントも完成できなかったと。十郎はじっと話しを聞いていた。

そして、昨晩作り上げたプレゼントを廊下におき、オッサンは去って行った。

十郎とオッサン多恵子の仲直り

オッサンはまたいつでも来てと、吾郎とおっさんとトモをバス停まで送って行く。

すると「多恵子ぉぉぉおお!」と叫ぶ十郎の声。オッサンがプレゼントした試合着を着てものスゴい勢いで十郎がやってきた!

十郎はオッサンを殴ったことをずっと後悔していたと謝る。十郎にはオッサンが多恵子に見えてきて、オッサンも私の方が悪かったと謝る。

十郎はオッサンを抱きしめ、親子は仲直りをした。トモコもその姿を見て喜んだ✨

山下家に帰った吾郎はどっと疲れていた。タロスケを一人ぼっちにしていたことに気づき、皆で謝った💦

 

つづく

パパがも一度恋をした「3話」感想

パパがも一度恋をした「3話」の感想です。

姿は違えど、やっぱり親子だと通ずるものがあるんですね。トモコさんが気づいてくれて、そして十郎との和解は感動でした。

十郎を演じる山田明郷さんは本物のプロレスラーだったので、五郎が掛けられたコブラツイストは痛かったハズです💦

パパがも一度恋をした「4話」予告・あらすじ

おっさん多恵子(塚地武雅)を帰ってきた妻・多恵子(本上まなみ)としてすっかり受け入れた吾郎(小澤征悦)は、娘のトモ(福本莉子)と共に夕食を作るその姿にウットリと惚けるが、そのトモが未だにおっさん多恵子のことを「おじさん」と呼んでいることにはモヤモヤが募るばかりだ。

そんなある日、タロスケ(麿赤兒)が浅草で焼鳥屋を営む従兄弟・菊三(大久保鷹)の孫・片瀬りの(粟野咲莉)を連れてきた。りのの母でシングルマザーのナナ(橋本マナミ)が海外出張の間、りのを山下家で預かることにしたと言うのだ。

「ともおねえちゃんは何でたえこさんをママって呼ばないの?中身はママなんでしょ?」りのの言葉にヒントを得た吾郎は、トモにおっさん多恵子をママと呼ばせるため、おっさん多恵子の見た目を変身させる作戦に出たものの…。

さらに山下家は、りのの突然の悪戯で大騒動に!りのの心にナナとの親子関係が影を射していると知った吾郎は…。

吾郎は母娘を幸せにできるのか?そして、トモとおっさん多恵子の関係の行方は?あなたはお母さんに本当の気持ちを伝えてますか!

親子の絆に胸がキュンとなる第4話!

引用:公式サイト

 

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事パパがも一度恋をした|ネタバレ・キャストはコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!