ドラマネタバレ・感想

未来への10カウント|最終回 ネタバレ*感想【不撓不屈】

ドラマ「未来への10カウント」最終回(9話)が、2022年6月9日(木)に放送されています。

インターハイ出場を決めた部員に、桐沢が送った言葉は「不撓不屈」でした。

このページでは、ドラマ「未来への10カウント」最終回(9話)の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「未来への10カウント」最終回 ネタバレ

ドラマ「未来への10カウント」最終回(9話)のネタバレです。

桐沢、倒れる

桐沢は、ボクシング部コーチと非常勤講師を続けながら、焼き鳥店も再開させることにした。

開店準備に奔走しながらも、悲願のインターハイ出場を目指す弱小・ボクシング部の指導にさらなる熱を注入する。

止まっていた時間を取り戻すかのように、桐沢はフルパワーで突き進む。

しかし、朝4時に起き、仕込みをして、昼間は非常勤講師をこなしながら、授業後はボクシング部のコーチを行い、終わるとすぐに焼き鳥屋の仕事につく。

終わって家に着くと、眠れるのは午前1時という日々が続き、睡眠時間が日に日に削られていった桐沢は、ある日倒れてしまう。

部員たちは、インターハイのために自分たちのコーチに専念してほしいと懇願。

そんな部員の気持ちは分かるが、桐沢がやっと立ち直ってきた心情を生徒たちに話して説得する葵(満島ひかり)。

そんな桐沢を見つめる校長の大場(内田有紀)は、なにも出来ずにいた。

ある日、桐沢に父親になってほしいと思っている葵の息子・圭太(川原瑛都)が、大場のところへやってきた。

桐沢と母親が結婚しても、学校を辞めさせないでほしいと頼む。

また、教頭の猫林はじめ(生瀬勝久)は、非常勤講師でなくてもコーチをやっていいのではと大場を説得。

そして、大場の父・芦屋賢三(柄本明)と素直に向き合えるようアドバイスする。

大場は桐沢と折原を呼び出し、非常勤講師でなくてもコーチができるよう前向きに考えると話した。

不撓不屈

ボクシング部は、インターハイ出場を懸け練習にあけくれる。

東大に合格した伊庭(高橋海人)や西条桃介(村上虹郎)も手伝い、予選前日を迎えた。

桐沢は試合に出場する一人一人に声をかける。そして、伊庭達もすべてリングにあげ、優しい言葉をかけた。

円陣を組み、部員のやる気を鼓舞して試合に臨む!

対戦相手の京明高校が優位と思われたが、桐沢のアドバイスを胸に皆が戦う。

水野あかり(山田杏奈)は準決勝で苦戦し気持ちが折れそうになるも、セコンドとして入ったいた桐沢が励ます。

そして戦略を伝授され、見事!対戦相手に勝利した。

また、玉乃井竜也(坂東龍汰)も順当に勝ち上がり、2人はインターハイへの出場を決めた。

桐沢は折原から「圭太(川原瑛都)のお父さんになって」と言われたことに返事をするため、橋へ向かう。

そして2人は、結婚することになった。

//

桐沢の焼き鳥屋に集まる、教員たち。

圭太は桐沢のことを「お父さん」といい、桐沢と折原の左手の薬指にはお揃いの結婚指輪が光っていた。

そして、インターハイ前日。

桐沢は部員たちに

ボクシングっていうのはいろんなことを教えてくれる。

勝つことも負けることも。

でも一番大事なのは不撓不屈。

それを明日俺に見せてくれ!

と声をかけ、送り出した。

 

終わり…

ドラマ「未来への10カウント」最終回の感想

ドラマ「未来への10カウント」最終回(9話)の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【未来への10カウント】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!