ネタバレ・感想

アンサングシンデレラ(ドラマ)|5話 ネタバレ感想【ありがとうボール】



アンサングシンデレラ「第5話」が、2020年8月13日(木)に放送されました!

このページでは、アンサングシンデレラ「5話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

https://dramarcs.com/unsung20as/

ドラマ アンサングシンデレラ「5話」ネタバレ

アンサングシンデレラ「5話」ネタバレです。

太一と家族の決意

みどりたちがよく行く『娘娘亭』店主、辰川秀三の父・太一の容態が急変した。

すぐに処置を行ったことで太一の容態は安定し、すぐに病室へ戻れることになった。

太一はステージ4の末期がんだが、息子の秀三は本人に知らせておらず、娘の樹里と秀三の溝は相変わらず埋まらないままだった。

樹里に助けを求められたみどりは、秀三と話すためバッティングセンターへ向かった。

みどりは秀三を説得し、秀三は樹里に

じいちゃんに病気のこと伝えることにした。

ちゃんと伝えて、抗がん剤治療を受けてもらおうと思ってる。

でも大変なこともあると思う。樹里もそれでいいか?

と話し、樹里は頷いた。

そして太一は、自身が末期がんだということを知る。

医師から余命三ヶ月ほどだと伝えられ、抗がん剤治療を勧められたが、太一は治療の必要はないと答えた。

反対する秀三と樹里だったが、太一は家族と一緒に自宅で過ごしたいと考えていた。

そんな太一にみどりは「これからのこと、ご家族とよく話し合ってください。」と告げ、太一も受け入れた。

〜翌日〜

太一は家族との話し合いの結果、抗がん剤治療を行うことにした。

樹里・秀三たちは、太一のやりたいことリストをノートにまとめ、それを叶えるため前向きに治療に取り組もうと決意した。

そんな中、みどりはくるみとケモ室(抗がん剤調剤室)へ向かう。

くるみは、がん薬物療法認定薬剤師の資格を持つ、主任・刈谷の仕事に興味を持っていた。

くるみはみどりと一緒に太一を看たいと販田に申し出るが、販田はくるみにはまだ早いのでは?と快諾しない。

しかしみどりが快諾すると、販田も「葵さん、しっかりみてあげてね。」と念を押し、許可をもらった。

希望を与えるなら、責任を持つ

そんな中、太一に新薬の治験をやろうという議題が持ち上がったが、反対するみどり。

治験という言葉にはネガティブなイメージがあり、どんなに丁寧に説明しても辰川さんのご家族に「治験」という言葉は強すぎる。

と訴えた。

薬剤部副部長の七尾は「君は患者自身と患者の家族とどっちが大切なんだ」と聞くと、みどりは「両方です!」とハッキリ返答した。

そんなみどりに、七尾は「後悔しなきゃいいけどね。」と捨て台詞を吐きやがった。

一方くるみは、抗がん剤治療について一生懸命勉強していた。

秀三に希望を持たせるような発言をしていたくるみに対し、みどりは

希望を与えるなら
責任を持たないといけない。

と忠告した。

みどりは必死なくるみを見て、以前がん患者をはじめて担当した時に突っ走っていた自分と重ねていた。

そんな中、太一が一時的に退院できることになった。秀三と樹里と太一は自宅で川の字になって眠りにつく。

明日は野球観戦に行くことになっていた✨

////

ところが翌日、太一は高熱を出し緊急搬送されてしまう。どうにか容態は落ち着き、そのまま抗がん剤治療を続けることになった。

樹里は太一に「きっとよくなるから、がんばろ!」と声をかけ、太一は「うん、すまないねぇ」と弱々しく答えた。

その後、太一はみどりと話しがしたいとお願いし、2人で話すことに。

「葵さん、そろそろいいかな。これしても?」とノートのやりたいことリストにある

家族で楽しく過ごす

を指差した。

「これから何があっても延命はしないで欲しい。」という太一に、みどりは優しく「太一さん、回復すればご自宅に戻ることだってできますから。」と伝えた。

すると太一は

分かってます。でもねぇ、最期にどう生きるかってことは、私が決めることでしょう。

正直言うとね、もうしんどい。

もう、いいよね。葵さん。

俺ね、家族に絶対泣きごとは言わないって決めて生きてきたから。樹里ちゃんや秀三には言えなくてねえ。

お願いできないかな、葵さん。

と告げるのだった。

そして太一は抗がん剤治療を辞め、緩和ケアに重点を置くことにした。

くるみはみどりに「何でそんな急に割り切れるんですか?私は諦めたくありません!」と伝えると、みどりは「諦めてないよ。諦めてなんかいない」と返答した。

その後、みどりは秀三と樹里から、太一がどうしてもチャーハンを食べたがっていると相談んを受け、味をかなり薄くして食べさせることにした。




ありがとうボール

休診日。

秀三は病院の厨房を使って、太一のためにチャーハンを作った。太一が「美味しい」と喜んでいると、そこへ薬剤部の皆や小野塚がやって来た。

そして目の前の広場で草野球大会をはじめた!野球観戦に行けなかった太一のために、みどりが考えたことだった。

試合は白熱し、太一もとても楽しそうに応援する。

草野球の後、病室に戻った太一と秀三は少しだけ2人で乾杯した。

秀三は「これから樹里と2人だけになったら不安で。樹里の変化に気付けるかとか、店も守れるかとか。」と不安を吐露する。

すると太一は、

俺も同じだったよ。

それでな、その不安はいつまでたっても消えないんだ。一番大事なことだから。

あの子だってなんだかんだ言ってもお前のこと心配してるぞ。今日は楽しかった。昔からずっと俺の人生何もかも楽しかった。

ありがとな、秀三。

と微笑み、野球ボールを投げた。

秀三はボールをキャッチし、涙を流しながら「親父」と言い投げ返した。

////

その後、太一の容態が急変してしまう。

薬剤部のみんなの協力もあり、みどりは太一のもとへと行かせてもらった。みどりはくるみにも声をかけ、二人で向かった。

そして太一は、秀三・樹里・みどり・くるみが見守る中、眠る様に息を引き取った。

樹里は泣きながら「ありがとう。おじいちゃん。」と声を掛け、みどりとくるみはそっと病室を出た。

秀三は2人を追いかけ、「色々お世話になりました。」とお礼を言う。

くるみは秀三に謝った。

すみません「諦めずに頑張りましょう」とか言っておきながら、私何の役にも立てなくて。

秀三は「相原さんがそう言ってくれて嬉しかったですよ!また、2人とも店に食べに来てください。」と微笑み、病室に戻って行った。

くるみはみどりに「すみません。」と頭を下げると、

謝ることないよ、太一さんのために諦めずにやってくれた。患者さんのために自分に何が出来たのか考え続けるしかないんだと思う。その覚悟、忘れないでね、相原さん。

と、優しく声を掛けた。

くるみは泣きながら「はい。」と力強くうなずいた。

調剤室に戻ると瀬野から、「太一さんがこれお前にって」と言いながら野球ボールを渡された。

そこには「ありがとう」と書かれていて、みどりはこれまで抑えていた感情が一気に溢れ、ボールを握り締めながら号泣した。

Twitter

みどりの妹

その後、瀬野は七尾から「治験薬を使えば状況は変わっていた。残念だよ、と愛弟子に伝えておいてください。」と言われる。

瀬野は「七尾副部長は、個人的な利益や成果のために使いたかっただけですよね?」とあしらうと、七尾は

「君こそ治験薬に対して、個人的な負の感情を抱いてるんじゃない?ああ、あの時君のお母さんを救えなかったのは誰のせいでもない。薬にその力がなかったからだ。」

と言われ、瀬野は七尾に殴りかかるとしたが

「殴るとまた問題になりますよ。何度も言っていますよね。病を救うのは薬だ。薬剤師がいくら患者によりそったとこで何も解決しない。」

と七尾は告げ、去っていった。

////

太一が使っていたベッドの上に、一人で座っていた樹里。

そこへみどりがやってきて、樹里と背中合わせに座った。

みどりは

昔ね、妹が病気になって家族皆で看病したの。妹は治療が辛くて私に当たり散らした。私は何もできなかった。泣くことさえできなかった。妹は助からなかった。妹がいなくなったベッドに座っていたら、薬剤師さんが背中合わせで座ってくれた。そうしたら涙が出てきたの。薬剤師さんは何も言わずに手を握り続けてくれた。

と話す。

樹里が「だから薬剤師さんに?」と尋ねると、みどりは「そう。その人みたいには全然なれてないんだけどね。」と微笑んだ。

そんなみどりに樹里は、葵さんは全然その人みたいになれてるよ。と言ってくれた。

 

つづく…

アンサングシンデレラ(ドラマ)|6話 ネタバレ感想【男性上司は見ろ!】ドラマ・アンサングシンデレラ「6話」ネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年8月20日放送。...

https://dramarcs.com/unsung-fod/

ドラマ アンサングシンデレラ「5話」感想

アンサングシンデレラ「5話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

ドラマ アンサングシンデレラ 次回のあらすじ

「アンサングシンデレラ」次回のあらすじです。

葵みどり(石原さとみ)は小野塚綾(成田凌)も誘い、相原くるみ(西野七瀬)たちと区民センターで高齢者を対象とした服薬指導教室を行う。

指導を終えたみどりたちが廊下に出ると、目の前で高齢の女性、小川早苗(高林由紀子)が倒れた。

早苗は萬津総合病院救急センターで豊中瑠衣(臼田あさ美)の治療を受けるが、体調不良の原因がハッキリしないため入院することに。

みどりが現在服用している薬を尋ねると、早苗は飲んでいないと答えた。

翌日、刈谷奈緒子(桜井ユキ)が外来患者に服薬指導。的確な指導を行う刈谷を見ていたくるみは、どこからあの自信が来るのかと不思議がる。

すると、工藤虹子(金澤美穂)は、刈谷がかつて大手の調剤薬局で働き、幹部候補にもなる優秀な人材だったとくるみに話す。しかし、優秀な刈谷がなぜ病院薬剤師に転職したのかは謎。

くるみはみどりにも聞くが知らない様子だ。戻って来た刈谷は、くるみには初めてとなる一人での服薬指導に行くよう告げ、みどりも了承する。

くるみが任されたのは月経困難症と診断された遠野倫(山谷花純)。

上手く服薬指導が出来たと調剤室に帰って来たくるみに、みどりは何かあったら必ず自分に相談するよう告げる。

七尾拓(池田鉄洋)は早苗が多剤耐性菌の保菌者ではないかと疑った。

みどりは多剤耐性菌について調べていると瀬野章吾(田中圭)に患者を見ろと言われ、早苗が本当に服薬していなかったかを調べることに。

一方、くるみは遠野から薬が効いていないとの電話を受けるが、みどりに伝えず…。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事アンサング・シンデレラ|関連記事はコチラ

https://dramarcs.com/unsung-fod/

関連記事
error: Content is protected !!