ネタバレ・感想

麒麟がくる|15話 ネタバレ・感想【光秀、面倒くさい顔をする】4/26



NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第15話が、2020年4月26日(日)に放送されました。

Twitter

今回は、麒麟がくる「第15話」

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

をまとめさせて頂きました。

麒麟がくる「第15話」あらすじ

麒麟がくる「第15話」のあらすじです。

15話:道三、わが父に非(あら)ず

道三(本木雅弘)は仏門に入り、ついに高政(伊藤英明)が家督を継ぎ、美濃の守護代の座を得る。

そんなある日、道三の正妻の子・孫四郎(長谷川 純)が帰蝶(川口春奈)の命を受け、光秀(長谷川博己)を訪ねてくる。

高政はいずれ信長(染谷将太)と敵対し、国を間違った方向に進めると皆が心配しているので、どうにか高政に退いてもらう道をさぐりたい、明智家にその先陣を切ってもらえないかと、孫四郎は光秀に懇願する。

光秀が高政のもとを訪ねると、帰蝶に会いに行き孫四郎との妙なやりとりをやめさせてこいと言われる。

さらに信長との盟約を見直すことや、信長と敵対する織田彦五郎(梅垣義明)との関係をほのめかす高政を、光秀は不安に思う。

麒麟がくる「15話」ネタバレ 4/26

天文23年。

道三は仏門に入り、高政が家督を継ぐことになった。

Twitter

その後、道三は全員を集め「高政の声を、自分の声として従ってもらう」と伝え、一同は賛同した。

孫四郎との相違

夜更けに「すぐに館へ来てほしい」と、光安から光秀へ伝言が入った。

光秀が向かうと、そこには道三の次男・斎藤孫四郎が来ていた。孫四郎は、高政が家督を継ぐことに納得いっていなかった。

道三には伝えたものの気が変わらず、静観するよう指示される。

帰蝶から「明智家と相談し美濃の進むべき道を間違えぬように思案いたせ」と、密かに案じていた。

孫四郎は、高政を退かせるための道を探るため、明智家に先陣を切ってほしいと打診するが、光秀はそれを拒否。

道三にも考えがあってのことと光秀は伝えたが、激怒した孫四郎は意見の相違を指摘し、その場を去っていった。

道三への質問

高政に呼び出され、稲葉山城に向かった光秀。

孫四郎が明智家を尋ねてきたことはすでに知っており、帰蝶が孫四郎をそそのかしていると高政は言う。

孫四郎が高政を敵視する町衆をまとめ、退任を思案していることも分かっていた。

さらに、信長と帰蝶から連絡も文も無いことを良く思っておらず、

孫四郎に近づくな、さもなくばワシにも覚悟はある。

と、尾張の帰蝶へ釘を刺してきてほしいと命じる。

帰り際、光秀は清須城城主「織田彦五郎」とすれ違った。

////

尾張へ行く前に道三の館を訪れた光秀は、自分が帰蝶と会っても丸く収められない伝え、

・信長との盟約をどうするつもりだったのか?

・高政の考えを認め、全てを委ねたのか?

・それとも、高政の様子次第では、再び自分が戻ろうとしているのか?

と質問攻めをしたが、それはない!と道三は答える。

帰蝶には、信長が彦五郎に負けるようなら、さっさと帰ってこいと伝えてある。

しかし信長は安々と負けぬ。

と光秀に伝えた。

そして「高政とはうまくやれ。孫四郎はキツく叱っておく」と言い残し、その場を去った。

 

信光と帰蝶

尾張・清須で異変が起きた。

尾張の守護・斯波義統が、守護代・織田彦五郎の家老「坂井大膳」によって暗殺されたのである。

斯波義統の嫡男「斯波義銀」が難を逃れて向かった先は、織田信長の元であった。

彦五郎と坂井大膳の首をこの手で打ち取りたいと悔しさを滲ませる義銀に、信長は清須攻めの先陣を切ると告げた。

〜数日後〜

織田信秀の弟・信光と談笑していた、帰蝶。

実は彦五郎に誘われていると話す信光に、斯波家の若殿を抑えられた焦りから、仲間を増やしたいのでしょうと告げる帰蝶。

あちらから誘いがあるとは好都合ではありませぬか。

お迷いにならず、お行きになればよい。

行って、おうちになれば、よろず片が付くというもの。

雄が終わったと知らせがあれば、時を移さず、殿も参られましょうぞ。

と、笑顔で信光に伝えた。

美濃を手に入れたお返し

清須城にて。

織田信光は清須城の織田彦五郎に招かれたと味方すると見せかけ、招かれた城内で不意をつき、彦五郎を暗殺した。

城の主を失った清須方の崩壊は早かった。

信長は直ちに斯波義銀を要し、清須城に入城した。反・織田信長の牙城は、あっけなく織田信長の手に堕ちたのである。

この事実は周辺の国々に衝撃を与え、稲葉山城の高政にも報告が入っていた。

道三は大喜びで、周りの者にワシの目に狂いはなかったと喜んでいた。

孫四郎が、帰蝶に祝の名馬を二匹送ったそうで、気の利かぬ兄・高政に代わってお祝い申し上げると文に書いていた。

そして稲葉からは、孫四郎がこの城の主に取って変わろうとするやもしれぬ。気をつけなされと釘を撃たれる。

////

その後、先月から食い物が喉を通らないという高政のもとへ、道三の指示で孫四郎と喜平次が見舞いに行くことになった。

孫四郎たちが高政が寝る部屋へ入ろうとした瞬間、側近に戸を閉められてしまう。

すると孫四郎は斬られ、続けて喜平次も斬られてしまった。

高政は孫四郎たちを暗殺するために、わざと仮病を使っておびき寄せていたのだった。

////

その後、2人の遺体は道三の館へ戻ってきた。

遺体を見た道三は「美濃を手に入れた褒美がこれか!」と泣き叫び、高政がいる城主を見上げ「許さんぞー!」叫んだ。

孫四郎たちの暗殺は、すぐに光秀の耳にも入った。

道三はその後「稲葉山城」を脱出し、美濃の北・大桑城を目指した。国を二分する前触れであった。

 

つづく…

麒麟がくる「15話」感想・次回のあらすじ

麒麟がくる「第15話」の感想です。

はじめに、木下ほうかさんと演出:一色隆司さんの感想です!

Twitter

Twitter

もう毎回、面倒くさい案件ばかり光秀に託されます。。

仏門に入った道三。剃髪しても見事に良い男でした💕

さすがに他のご子息たちは、登場されないでしょうね。。

麒麟がくる:次回のあらすじ

第16話:大きな国

道三(本木雅弘)は、稲葉山を出て大桑城へ向かう。

光秀(長谷川博己)は仲裁を頼もうと帰蝶のもとへ向かうが、孫四郎の死をとめられなかったため、けんもほろろに追い返される。

光秀は大桑城の道三のもとへ向かって戦をしないよう説得するが、すでに道三の決意は固かった。

引用:公式サイト

 

それでは、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事麒麟がくる|ゲストキャスト・ネタバレ感想はコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!