ネタバレ・感想

スーツ2『12話』ネタバレ・感想【甲斐と蟹江の友情】



2020年9月28日(月)に、SUITS/スーツ2「第12話」が放送されました。

このページでは、SUITS/スーツ2「12話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

SUITS/スーツ2「12話」ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ2「12話」のネタバレです。

上杉ウイルス

動画配信サービス「ネットフィルム」の社長・五十嵐が、株式公開について相談にやってきた。

波に乗るべきだとアドバイスするものの、国会で議論されているデジタルコンテンツ法について心配していた五十嵐。

しかし、そのことを把握していなかった甲斐に、顧問契約も含め考え直させて欲しいと言われてしまう。

一方、ステラ証券が顧問契約を切るかもしれないと蟹江に報告するチカ。

アソシエイトの八木田が何かミスをしたと考えた蟹江は、契約書を作り直し聖澤に渡しておくよう指示。

そこへ遅れてやってきた大輔💦甲斐は大輔に怒りをブツけ、やる気がないなら突き落とすと言い外出していった。

〜その夜🌙〜

バーで元同僚の松井からブラットン法律事務所のことを聞かされた大輔は、ブラットンが事業を拡大するため、移籍しないかと声をかけられる。

さらに、幸村・上杉法律事務所から他にも引き抜こうとしていると知らされた。

翌日、鈴木はそのことを甲斐に報告し「ネットフィルム」にも手を出そうとしていたことも報告した。

ブラットンには、コースタル案件で上杉が連れてきた弁護士・副島がいた。。

居場所がなくなった蟹江

話を聞いた甲斐は、チカとともに副島と会い、事務所に手を出さないよう伝える。

副島が上杉と数日前に会っていたことも指摘したが、上杉がファームを抜けたことは周りに知られており、自分を止めるだけでは意味がないと言う副島。

ステラ証券の契約書がないと聖澤に催促する蟹江は、契約を切られたと聞かされる。

八木田の契約書は完璧だったと言う聖澤だったが、怒った蟹江は話も聞かず八木田にクビを言い渡した。

ステラ証券はすでに他の事務所と契約していたが、蟹江が怖くて言い出せなかった八木田。大輔が蟹江のオフィスで八木田をフォローするみ、聞く耳を持たない蟹江。

優秀なアソシエイトが次々と引き抜かれ、蟹江が裏切っていると考えた甲斐は蟹江を問い詰めたが否定される。

これまでにも上杉に密告していたことが許せない甲斐は、蟹江とは終わりだと告げる。

その夜、蟹江は副島と会っていた。

自分をブラットンで雇ってくれないか?と頼む蟹江だったが、ジュニアパートナーなら引き受けると言われてしまう。




大輔ボコられる

副島が顧問をしていた東都シネマが、ネットフィルムを買収しようとしていることに気づいた甲斐。

鈴木とともに五十嵐もとへ行き、不備がないか契約書を確認させてもらったが、契約書には問題なかった。

チカのオフィスで、ブラットンに移籍するつもりだと話す蟹江。

居場所がなくなり自分から頼んで移籍すると伝えると、競業避止義務は免除すると言い、チカはサインをした。

ところがチカは、本当は辞めて欲しくないという気持ちを蟹江に伝える。

事務所に戻ろうとした大輔は、突然男性から「妻が世話になった」と声をかけられた。怜の夫だと気づた瞬間に大輔は暴行された。

オフィスを去ろうとした蟹江だったが、エレベーターから出て来る傷だらけの大輔と遭遇。

傷の手当てをしながら、甲斐と揉め事務所を辞めるととち明けた蟹江に、大輔はある案を持ち掛けた。

甲斐!

翌朝、ネットフィルムの契約書に不備があったと甲斐に知らせる大輔。東都シネマには、買収できる資金がないと判明した。

それを聞いた甲斐は、蟹江からアドバイスを受けたのか?と指摘すると、徹夜で手伝ってくれたこと言う。

東都シネマはネットフィルムを買収後、すぐに売りに出そうとしていると言う蟹江。ネットフィルムの技術だけを盗むつもりだった。

甲斐は副島の策略を五十嵐に伝え、さらに東都シネマの顧問弁護士になることで業務提携させようとしていた。

チカのオフィスに戻ると、事務所の名前に自分の名前を加えて欲しいという甲斐。しかしチカは、まだ誰かの名前に変える気はないと返答。

事務所を出て行こうとしたことに触れ、リーダーとしては間違った行為だと伝えるチカ。

その後、事務所を去ろうとする蟹江のもとに甲斐が現れ、蟹江の退所届を荷物の箱に入れた。

そして、一緒に荷物を持って、事務所に戻っていった✨

 

つづく…

SUITS/スーツ2「12話」感想

SUITS/スーツ2「12話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

全話配信スーツ2|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】

SUITS/スーツ2 次回のあらすじ

「SUITS/スーツ2」次回のあらすじです。

甲斐(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』を去ろうとした蟹江(小手伸也)を引き止めた。だが、『幸村・上杉法律事務所』では、ここ数週間の間に8人のパートナーや6人のアソシエイト、11人のパラリーガルが辞めるという危機的状況に追い込まれていた。

一方、大輔(中島裕翔)は、甲斐が雇った元検察官の藤嶋(上白石萌音)に、入所していきなり個室が与えられたことが納得できずにいた。

そんなある日、甲斐と大輔を呼び出したチカ(鈴木保奈美)は、女性社員の昇進差別訴訟を引き継ぐことにしたと告げる。相手は、経協連の理事長を6年務め、内閣府の男女参画委員会の理事にも就任した財界の大物・蓮見昭雄(伊東四朗)が会長を務める『フォルサム食品』だった。

同じころ、真琴(新木優子)は、父親の聖澤敬一郎(竹中直人)とランチをともにしていた。そこで真琴は、高得点を獲得したロースクール統一プレテストの成績通知書を敬一郎に見せようとする。

だがその矢先、敬一郎の方から先に東大ロースクールの試験の話を切り出されてしまう真琴。「自分の能力に見切りをつけるのも、社会人に必要なスキルだ」。そんな敬一郎の言葉に失望した真琴は、席を立ってしまう。

ほどなく、甲斐のもとに、『フォルサム食品』側も代理人弁護士を変更したとの連絡が入る。『幸村・上杉法律事務所』にやってきたその相手とは、何と敬一郎だった。

敬一郎は、『フォルサム食品』側が先に提示した和解金1億円を100万円に下げる、と言い出した上、原告の井口華子(安達祐実)へのヒアリングを要求する。

それを知った真琴は、『フォルサム食品』の訴訟に参加したいと大輔に申し出る。「父を倒したいのなら私を味方につけるべきです」。

真琴は、大輔にそう告げて……。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【スーツ2】キャスト・各話のネタバレはコチラ

全話配信スーツ2|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!