ネタバレ・感想

竜の道(ドラマ)|2話 ネタバレ感想【実の息子を切る霧島】



竜の道(ドラマ)「第2話」が、2020年8月4日(火)に放送。

このページでは、竜の道(ドラマ)「2話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

竜の道(ドラマ)「2話」ネタバレ

竜の道(ドラマ)「2話」ネタバレです。

美佐なのか?

トッキービーンズの炎上騒ぎで、コンサルを引き受けた竜一。

録画していた砂川の謝罪動画によって、好意的な意見も聞かれるようになっていた。さらに、SNSでも応援する声が上がる。

竜二に呼び出された竜一は、美佐が上京すると聞かされた。

美佐を巻き込みたくない竜一は上京に反対するも、霧島に2人で仇を討つと話していたところを砂川に見られてしまう。。

すぐに砂川を追いかけたが逃げられてしまった。一方、何とか逃げ延びた砂川も動揺し行方をくらませた。

その頃、霧島が企画した新サービスに反対する晃。サービスに対するクレームも増えていると指摘したが、霧島は聞く耳を持たない。。

打ち合わせのため、竜二が滞在するホテルへ来た竜一。

すると偶然に美佐と再会した。花火の時の女性だと見ていると、「美佐!」と呼ぶ竜二の声が。

驚いて振り返ると、知り合いなのか?と聞かれた竜二は、仕事の知り合いだと答えた。

動揺する竜一

その後、トッキービーンズと正式に契約を交わした竜一。

その一方で、砂川の行方は時任も知らなかった。その後、竜一と竜二は霧島のパーティーに参加した。

竜一が晃に話しかけると、竜二の知り合いだからと霧島にも紹介された。そんな中、時任と砂川が現れた。

その後、砂川と話をした竜一と竜二は、誰にも話さない代わりに自分をUDコーポレーションに入れて欲しいと頼んだ。

目的を聞くと、竜一のカッコよさに惚れたと言う砂川。

その後、美佐は落としたノートを受け取りに竜一の会社を訪れた。

竜一はノートに書かれていた内容に意見を言うと、美佐から「もう一人の兄にも同じことを言われていた」と返答され、動揺する竜一だった。。




霧島の狙い

その頃、会社で砂川と話をしていた竜二は「裏切れば殺す」と忠告。

届出書を調べた竜二は、竜一の部屋を訪れ報告。通常、トラック30台に1人運行管理者が必要になると説明した上で、20年前の届出書も見せた。

すると、そこには同じ名前の運行管理者が書かれており、半数以上が既に亡くなっていて不在と判明。

竜二は、運行管理者が水増しされていると告げた。竜一は晃を呼び出し、水増しの件を伝えた。

それを聞いた晃は霧島を追求し、新サービスを中止するよう訴える。すると「わしの負けじゃ」と言い、新サービスを一旦中止することにした。

晃から呼ばれた竜一はサービスが中止になったと報告され、経営コンサルを依頼される。

実は霧島、まゆみの見合い相手を婿養子にして跡取りにし、晃を切ろうとしていた。それを見越した竜一は、竜二にまゆみを誘わせていた…。

 

つづく…

竜の道(ドラマ)|3話 ネタバレ感想【竜二の鋭い目】ドラマ・竜の道 二つの顔の復讐者「3話」ネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年8月11日放送。...

竜の道(ドラマ)「2話」感想

竜の道(ドラマ)「2話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

竜の道(ドラマ) 次回のあらすじ

「竜の道(ドラマ)」次回のあらすじです。

源平(遠藤憲一)の息子である晃(細田善彦)の信頼を勝ち取り、計画通りキリシマ急便の経営コンサルタントの座についた竜一(玉木宏)。

一方の竜二(高橋一生)は、源平が娘のまゆみ(松本まりか)の婿養子として、有力政治家を父に持つ同じ国交省の三栗谷仁志(尾上寛之)を迎え入れ、晃に代わる後継者にしようとしていることを知り、まゆみへ積極的にアプローチをかけ始める。

そんな中、竜二は大臣が絡む重要なプレゼン案件を任される。

復讐のために出世を狙う竜二は精力的に取り組むが、なぜか不可解なトラブルが続発。そんな竜二の元を三栗谷が訪ねてきて…。

一方、美佐(松本穂香)は、SNS上での生徒のトラブルについて相談するため、“和田猛(竜一)”の会社を訪れる。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

 

人気記事竜の道|関連記事はコチラ

動画配信竜の道|1話〜最新話まで見る【2週間→無料】

動画配信竜の道|1話〜最新話まで見る【31日間→無料】

 

関連記事
error: Content is protected !!