ドラマネタバレ・感想

ボクの殺意が恋をした|9話 ネタバレ*感想【詩織強し…】



ドラマ「ボクの殺意が恋をした」9話が、2021年9月5日(日)に放送されました。

丈一郎と柊が、詩織に追い詰められます!

このページでは、ドラマ「ボクの殺意が恋をした」9話の

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」9話 ネタバレ

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」9話のあらすじ・ネタバレです。

9話:あらすじ

柊(中川大志)が鳴宮美月殺害未遂の疑いで指名手配された。そのことを知った葵(新木優子)は動揺。丈一郎(藤木直人)は、詩織(水野美紀)の策略だと考える。

千景(田中みな実)に連れられて来た風岡(中尾明慶)が、柊たちと合流。丈一郎から事情を聞いた風岡は、武尊(小池徹平)と出版社で同期だったと語る。

詩織はSOSを使って、指名手配されて身動きが取れなくなった柊たちを皆殺しにするに違いない。丈一郎は、鳴宮美月の引退会見を開くと告げる。

丈一郎の計画は、集まったマスコミに柊の無実を証明し、さらに、丈一郎がSOSの殺し屋だったことを明かして詩織の不正を公表するというものだった。

丈一郎は、詩織を止めるために自分が捕まる覚悟を決めていた。千景と風岡が、記者会見の準備を任される。

丈一郎たちの話は、莉奈(松本穂香)に盗聴されていた。そこに流星(鈴木伸之)が現れる。流星は莉奈に、手を組もうと持ち掛ける。

記者会見を開いてすべてを暴露したら、丈一郎が逮捕されてしまう。葵は、再び丈一郎を失ってしまうかもしれない柊を気遣う。柊は、詩織にこれ以上罪を重ねさせたくないという丈一郎の思いが分かると言う。しかし、葵には兄を殺した詩織を絶対に許せず、詩織をかばおうとする柊が理解できない。

柊と葵の気持ちは、次第にすれ違っていく…。

そんな中、莉奈が柊を訪ねてくる。丈一郎は柊と莉奈に、莉奈の父・藤堂繁信の家に出入りしていた本当の理由を明かす。

一方、流星は、詩織と交渉し、今度こそターゲットは必ず殺すと宣言。彼は、莉奈を通じて丈一郎たちの動きを監視していた。

そして、鳴宮美月の引退会見が開かれることになるが…!?

一方、意識を取り戻した柊は、葵とともに拘束されていた。詩織は、柊が葵を道連れにして無理心中したという筋書きで2人を葬り去るつもりだった。

もう逃れる術がない柊と葵。詩織は柊に銃を向け、引き金を引いた――!

詩織強し…

柊は、葵を殺そうとした自分が彼女を好きになる資格はないと思い、身を引く決意をする。葵も、自分の存在が柊を苦しめると考えていた。

丈一郎は莉奈とともに藤堂家の墓参りをする。莉奈の目的は、流星の命令通り、丈一郎をおびき出して会見場から遠ざけることだった。

莉奈は丈一郎と話すうち、すべてを打ち明けるべきか葛藤する。

その頃、会見場では流星が爆弾を仕掛けていた。

丈一郎は柊に、葵を莉奈の父が所有していた倉庫に匿うようにと指示。莉奈が、柊と葵を倉庫まで案内する。

しかし倉庫には、詩織が潜んでいた。

詩織に後ろから殴られ、柊は気を失ってしまう…。

会見が始まり、千景が登壇して「私が鳴宮美月です」と報道陣に向かって告白。会見を見守っていた丈一郎は、詩織から、柊と葵を人質にとったことを知らされる。

詩織は、会見の中止を要求する。さらに、流星の仕掛けた爆弾を爆発させて、美月がテロを起こしたことにすると脅迫。

丈一郎は会見を中止させ、爆発を阻止する。

そして柊と葵を救うため、急いで倉庫へと向かう。

 

つづく…

ボクの殺意が恋をした|最終回 ネタバレ*感想【葵のキス返し】ドラマ『僕の殺意が恋をした』最終回(10話)のネタバレ・感想。2021年9月12日に放送。...
ボクの殺意が恋をした|ドラマ 動画1話〜無料視聴 pandora*dailymotion は?ドラマ『ボクの殺意が恋をした』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2021年の放送で、主演は中川大志。...

 

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」9話の感想

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」9話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事ボクの殺意が恋をした|各話のネタバレはコチラ

2021 秋ドラマ 15作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!