ドラマネタバレ・感想

桜の塔|2話 ネタバレ*感想【漣、全部バレる】



ドラマ「桜の塔」2話が、2021年4月22日(木)に放送されております。

広末涼子さん演じる爽に、全部バレてしまいました。。

このページでは、ドラマ「桜の塔」2話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「桜の塔」2話 ネタバレ

ドラマ「桜の塔」2話のネタバレです。

蒲生が聞いた声の主は漣?

警視正候補を決めるレースが始り、薩摩派の新垣広海、東大派の馳道忠、外様派からは漣が出馬したが枠は2人分だけ。

警視総監の荒巻は推薦する2名を1週間後の投票で決めると提案するも、薩摩派と東大派で票の半数を占めるため漣には不利な状況だった…。

//

1日おきに女性がボーガンで狙われるという「連続通り魔事件」が発生していた。

捜査は難航していたが、漣はプロファイリングによりすでに犯人を特定。事件を解決すれば漣の株は上がる。

そのために漣は、Mr.予言者と名乗る一発屋芸人を使って予言を配信させ、事件に対する世間の注目を集めようと考えた。

Mr予言者も再び脚光を浴びたいたいと考えており、二人の思惑は一致。

5件目の事件発生を見事に的中させたMr.予言者は、6件目の予告をしている最中、犯人が狙った女性に駆け寄ってきた子供に矢が命中。

犯人には殺意がないと踏んでいた漣には、想定外の事態が起きてしまう。

//

漣のもとに優愛がやって来た。

優愛に対する気持ちを感じていた漣は、自分もその気があることをほのめかしたが、釣り合う身分になるため出世してからと告げた。

一方、拘置所で銀行強盗と銃の製造で服役する蒲生と面会していた爽。

蒲生の更生を願う爽は、蒲生に強盗を入れ知恵した人物が未だ見つからないと報告すると、電話の声に似た声を警察で聞いたと言う蒲生。

その後、爽は漣に「父親に警察官になったって、胸張って言えるのか?」と問いかける。

警視正推薦候補投票結果発表

漣は犯人の犯行現場を繋ぎ合わせると北斗七星の形になると考えたが、Mr予言者が7件目の現場で予言を行ったものの犯行は発生しなかった。

ところがその直前、警察のメンツを捨て現場を張り込んでいた爽の携帯が鳴った。

漣からの電話で7件目の犯行現場は北斗七星ではなく、よく似た星座「こぐま座」だと伝え爽に伝える。

爽は早速こぐま座の7つ目「赤経」にあたる場所へ向かい、犯人を見つけ現行犯逮捕した。

予言とは別の場所で犯人が逮捕され、世間からSNSで非難されたMr.予言者は、再起のチャンスを失いショックを受ける。

Mr.予言者は、爽になぜこれまでの犯行現場が分かったのかと聞かれ、「みんなあいつのせいだ」と答えた。

//

その後、投票の結果が出た。

警視正候補推薦の投票結果は、漣と新垣がそれぞれ8票を獲得し、馳は5票という結果に終わった。




漣の暴走を食い止めたい爽

漣は千堂の自宅に呼ばれた。

千堂は漣が言っていた通り、事件が世間から注目され解決したことに疑いを持ちつつも事件解決を喜んだ。

そこへ、優愛がやってきた。

漣は千堂に、優愛と結婚を前提とした交際を認めてほしいと告げる。優愛の気持ちを聞いた千堂は、ふたりの交際を認めた。

//

爽は漣が初めから事件の全貌を知っていたと考え、漣を問い詰める。

  • 漣のカバンから落ちた地図に、こぐま座の表記を見かけ。
  • Mr予言者や蒲生の話から仕組んだのは漣しかいない。
  • それらを自分の出世のために利用した。

爽は漣に銃を向け、そんな風に変わってしまった漣を助けたいと訴える。

しかし漣は、父親が自殺前「警察に殺される」と言っていたことを話し、そんな警察の膿を出すため悪に染まろうともトップに立たなくてはいけないと返答。

そして「自分を止めたいのなら撃て」と、胸に銃を押し付ける漣。

爽は銃の引き金を引いたが、弾は抜いてあった。

 

つづく…

桜の塔|3話 ネタバレ*感想【ドス黒い幹部たち】ドラマ『桜の塔』3話のネタバレ・感想。2021年4月29日に放送。...

 

ドラマ「桜の塔」2話の感想

ドラマ「桜の塔」2話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

関連記事【桜の塔】キャスト・各話のネタバレ

 

2021 夏ドラマ 39作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!