ネタバレ・感想

グランメゾン東京|1話 ネタバレ感想【尾花と倫子の夢】



TBS日曜ドラマ・グランメゾン東京『1話』が、2019年10月20日(日)に放送されました!

久々の連ドラ出演となった木村拓哉さんに、豪華キャスト陣を交えたストーリー!

1話の舞台はパリと日本。挫折した料理人たちの「新たな一歩」が始まります✨✨

今回は、グランメゾン東京『1話』

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 次回のあらすじ

についてまとめています。

グランメゾン東京『1話』あらすじ

舞台はパリ。

フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。

彼女は、料理人としての人生をかけてフランスにきていた。

そんな中、ある一人の男と出会う。

その男は、倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところに、突然駆け込んできて、一方的にメニューのアイディアを出して、代わりに作ろうとする。

聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。

その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく。

その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。

しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。

その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。

そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに、倫子は思わず涙をこぼした。

その時、尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する。

公式サイトより引用

それでは、グランメゾン東京『1話』のネタバレへと進みます。

グランメゾン東京『1話』ネタバレ

グランメゾン東京『1話』ネタバレです。

すべてを失った尾花夏樹(木村拓哉)

本場フランスで二ツ星を獲得した料理長・尾花夏樹(木村拓哉)。

ところが、三ツ星を目前に控え、ナッツ・アレルギー混入事故が起きてしまい、地位も名誉も全て失ってしまった尾花。

////

一方、三ツ星レストランへの夢を追い、パリへやってきた早見倫子(鈴木京香)。

面接にこぎつけるが、あえなく不採用。そこへ、面接会場に勝手に入りこんできた尾花と初めて出会う。

倫子は自らの舌で、尾花の料理の腕を確かめようと「食べさせてよ、三ツ星レストランを認めさせる料理。」と告げる。

尾花は『手長エビのエチュベ』を作ると、食べた倫子は「すっごく美味しい!」と感動する。

 

この投稿をInstagramで見る

 

日曜劇場『グランメゾン東京』(@gurame_tbs)がシェアした投稿

 

感動する倫子の姿に、心を打たれる尾花。

すると倫子は「やっぱりあるんだよね~。どんなに頑張っても、叶わない夢って。」と、悲観的に倫子に尾花は、

2人で世界一のグランメゾン作るってのはどう?

必ずアンタに星を取らせてやるよ。

と、切り出します。

挫折し人生のどん底にいた2人は、世界一のグランメゾンを作ろう!と誓い合いました。

尾花の元仲間たち

尾花が目指したのは、かつての仲間と作るグランメゾン。

京野陸太郎(沢村一樹)

尾花が絶大な信頼を寄せるギャルソン。

 

この投稿をInstagramで見る

 

hina_1樹fan(@hina07210)がシェアした投稿

平古祥平(玉森裕太)

尾花譲りの手際の良さが持ち味。

 

この投稿をInstagramで見る

 

aya(@____.tmmr317)がシェアした投稿

 

相沢瓶人(及川光博)

食材を組み合わせ、新たな味を生み出すのが得意。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tennenpama70(@tennenpama70)がシェアした投稿

共に同じ道を歩んでくれると信じていた、尾花。

届かぬ、京野への想い。

レストラン「gaku」でギャルソンとして働く、京野の元を訪れた尾花。

「一緒にやらないか?」と誘ったものの、京野から胸ぐらをつかまれ、物凄い剣幕で「二度と来るな!」と言われてしまいます。

京野をなんとしても仲間に迎え入れるため、尾花はかつて振る舞っていた「まかない飯」を作ることに。

そのまかない飯とは、京野の大好物「クスクス」でした。

尾花はお詫び飯として、京野を倫子の自宅へ招きます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

日曜劇場『グランメゾン東京』(@gurame_tbs)がシェアした投稿

京野は「クスクス」を食べた瞬間、懐かしい味と美味しさに、思わず目を閉じて味わいます。

そこに倫子から「ゆずとか入れてみたらどう?」と提案されるも、尾花からは「論外」と笑顔で却下されてしまう。。

「料理に関しては、誰の意見も聞き入れませんから。」

そんな京野には、フランス時代に尾花の代わりに背負いこんだ借金があった。

ゴムで束ねられたユーロ紙幣の札束を京野の前に置き、「それで精算しろよ。そうすれば、またオレと一緒に…」という尾花。

しかし京野は「ふざけるな!」と激怒し「こんなんで足りるわけないだろ!」と、当たり一面に札束をバラ撒きました。

そして京野は尾花にこう言いました。

店を始めるってのはな!シェフに人生を預けるってことなんだよ!!

オレの人生もう一度、預けろって言うのか!?

またしても、尾花の想いは京野には届かなかった。

倫子を引き抜こうとする、丹後学。

一方、二ツ星を取った尾花の元・同僚でライバルの丹後学(尾上菊之助)は、倫子を「gaku」へ引き抜こうと揺さぶりを掛ける。

倫子は、丹後の誘いを受けることにした。

そして、世界一のグランメゾンを作ろうと誓いあった尾花に、断腸の思いで「誘いを受けることにします」と伝える。

そして、倫子の家のガレージに居候していた尾花は、「出ていってください!」と言われてしまう。

倫子の決意を聞いた尾花は、フランスで倫子に料理を振る舞った時のことを話す。

感動する倫子を見て、

久々に思い出したよ、初めた頃のこと。

美味しいって言ってもらっただけで、こんなに嬉しかったんだって。

あんたには才能がある。何かあったら京野を頼れ。

と告げ、尾花はガレージから去っていった。

倫子がキッチンに戻ると、倫子のために尾花が作った料理「お詫び飯」が。そして、そこには柚子が置いてあった。

京野に食べさせたクスクスに「柚子を入れたらどう?」という倫子の意見を、尾花は聞き入れていた。

倫子は思わず「素直じゃないなぁ。。」と呟くと、尾花の作ったクスクスに心を動かされ、再び世界一のグランメゾンを目指すと決意した。

今度は、倫子が京野を引き抜きに。

倫子はレストラン「gaku」で働く京野を尋ねた。

大きい紙袋を丹後に渡した倫子は、

一千万円、入ってます。

京野さんの借金を返済します。

そして、倫子は尾花と建てた誓いを話します。

「尾花さん言ったんです、一緒に世界一のグランメゾンを作ろうって!」

と、京野を説得する倫子。

誰よりも尾花さんのことを知ってる京野さんなら、分かりますよね?

尾花夏樹の料理には、人を動かす力がある。お願いします!力を貸してください!!

果たして、倫子の思いは京野に届くのか…。

世界一のグランメゾンへ

新しい物件を見に来ていた、尾花。

すると「不法侵入ですよ!」と言われ、見るとそこには倫子が。そこへもう一人現れたのは、なんと京野でした!

お前のためじゃないからな。

これからは、彼女(倫子)のために働く。

尾花の一番の理解者、京野が仲間に加わることになりました✨

嬉しさを隠せず、嬉しさでニヤけてしまう尾花。

「世界最高のグランメゾンを東京に作る。」というコンセプトのもと、店の名前は「グランメゾン東京」に決定!

ようやく動き出した、尾花と倫子たちの夢。

京野は「狙うんだったら、三ツ星だ!」と宣言した。

尾花を嗅ぎ回る、リンダとフードライター久住(くずみ)

市場に食材を買いにきていた尾花は、丹後と久々の再会。

丹後は、二つ星シェフになったと尾花に告げるも、東京の方が審査は難しいと突っぱねる尾花。

そのころ、フードライターの久住栞菜(中村アン)が、オープン予定のレストラン特集で取材に訪れました。

倫子から情報を得た久住は「リンダ真知子リシャール(冨永愛)」に、あの尾花夏樹が本当に店を出すようだと連絡。

リンダは3年前のナッツ・アレルギー事故が、何者かによる殺人未遂事件だと確信していた。

そして「尾花を潰すために、グランメゾン東京に何かが起こる。」と告げた。

 

つづく…

グランメゾン東京|2話 ネタバレ感想【味に融資する】ドラマ・グランメゾン東京『2話』ネタバレ・あらすじ・次回の予告。2019年10月27日に放送。...

グランメゾン東京 1話 感想まとめ

最後に、視聴者の皆さんの感想をまとめてみました!

グランメゾン東京 次回のあらすじ

グランメゾン東京、次回のあらすじです。

オープンに向けて準備を進める「グランメゾン東京」。

だが、早速大きな壁にぶちあたっていた。開店に必要な資金5000万を用意しなくてはいけなかったのだ。

倫子(鈴木京香)と京野(沢村一樹)は銀行にかけあうが、断られ続ける。

一方で、尾花(木村拓哉)はそんなことお構いなしにメニュー開発に没頭していた。

そんな彼らの動向を掴んだ「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)は冷笑するが、過去の尾花を知る丹後(尾上菊之助)だけは警戒を強めていた。

尾花たちは、次の作戦として、名声のある相沢(及川光博)に手を借りにいくが、シングルファザーで娘を育てていることもあり、オファーを断られてしまう。

窮地の中、京野はある秘策を思いつく。

それは、「gaku」の時に懇意にしていた城西信用金庫の融資担当・汐瀬(春風亭昇太)に相談すること。

そこで、無担保で5000万円の融資を5年で完済することを条件に事業計画を説明する倫子だが、汐瀬から原価率の高さを理由に計画書の改善を求められてしまう―。

それを聞いた尾花は汐瀬に最高の一品を作るから食べてくれと直談判する。

はたして汐瀬が納得する一皿はできるのか?

公式サイトより引用

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事グランメゾン東京|各話のネタバレはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!