ネタバレ・感想

10の秘密|8話ネタバレ感想【ヤンクミは不死身】3/3



2020年3月3日(火)に、火9ドラマ「10の秘密」第8話が放送されました。

コチラの記事では、10の秘密「8話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

キャスト10の秘密|岩瀬夏子役(翼の母親役)の女優は誰?中島亜梨沙【元・宝塚】

 

10の秘密「8話」ネタバレ 3/3

圭太(向井理)は週刊誌の記者・只見(長谷川朝晴)に帝東建設の偽装データを公開した。

宇都宮(渡部篤郎)の指示によって、自殺した矢吹(中林大樹)から相談されたとすることで、長沼(佐野史郎)と由貴子(仲間由紀恵)を告発しようと考えていた。

しかしその様子を帝東建設の社員・磐城に見られてしまう。

その頃、翼(松村北斗)は母親が働いていたクラブに来ていたという、宇都宮を尾行していた。すると、菜七子(仲里依紗)と宇都宮が接触している現場を目撃。

そのことを圭太に伝ると、菜七子には何も話さないで欲しいと翼に伝えた。

翼からの聞かれたことを菜七子に尋ねると、六本木で男遊びをしてお金をもらっているところを写真に撮られ、宇都宮に脅されていたと話す。

写真のために3億円の隠し場所を宇都宮に伝えたが、まだ消去されていなかった。

圭太は菜七子を許し、宇都宮に写真を削除するよう伝える。これまでの過去を清算する意味も込め、菜七子は宇都宮に回し蹴りを食らわせた。

一方で只見を帝東建設に呼び出した長沼は、圭太のネタを買い取りたいと取引を持ちかけていた。只見は買い取りを選択。

その後、只見から「記事にはできない」と言われてしまった圭太。そして長沼は、裏で宇都宮が手を回していたことに気付く。

帝東建設の調査委員会が動き、調査の対象となった宇都宮は部長の座を降ろされてしまう。その後、菜七子から渡された3億円を由貴子に返した。

宇都宮を尾行していた翼は母親のことを尋ねたが、翼の母親が殺された日は沖縄にいたと言い、当時の記録を調べてもいいと言い切られてしまう。

ホテルにいる由貴子が安堵した様子で偽造パスポートを眺めていると、ホテルで火災が発生し、避難するよう指示される。

ホテルの外に避難した由貴子は二本松(遠藤雄弥)の車で逃げようとするも、そこには「絶対に逃がさない」と言う圭太が追いかけてくる。

ホテルの火災は、菜七子の友人・那須葵(堀田茜)と水戸(圭太に賄賂を渡した人)の協力によって、圭太が仕組んだものだった。

葵は由貴子を避難させる際にワザとぶつかり、気づかれぬよう偽造パスポートを抜き取っていた。由貴子を追い詰めた圭太、そしてパトカーのサイレンも聴こえていた。

そんな矢先、二本松が圭太を妨害し由貴子は何とか船で逃走。

ところが由貴子の乗った船は出発してすぐに、爆発してしまった。

 

つづく…

10の秘密「8話」感想

10の秘密「8話」の感想です。

逃げ切りと思われた由貴子でしたが、ドラマ終盤で船が爆発し視聴者の皆さんからは予想外の展開に反響がありました💦

しかし、あの由貴子がそう簡単に死ぬとは思えません。。

予め最初から爆薬を仕込んでおいて、船を爆発させ死んだと思わせ別人として生きていくという計画のような気がします。

10の秘密「9話」予告・あらすじ

由貴子(仲間由紀恵)を乗せ海へ走り去った小型船が、圭太(向井理)と菜七子(仲里依紗)の目の前で爆発した。状況から見て由貴子が生存している可能性は低く、事態は思わぬ形で幕切れを迎えたかに見えた。

しかし、警察の調べにより、爆発が事故ではなく故意である可能性が浮上し、疑いの目は元夫の圭太にも向けられる。

一方で、翼(松村北斗)の母親が亡くなった10年前の火事についても、新たな事実が判明する。翼は、現場となった別荘で幼い自分が目撃した男は竜二(渡部篤郎)だとにらんでいたが、竜二は火事への関与を否定し、代わりに圭太と翼に驚くべき秘密を打ち明ける。

圭太は、突然母親を失った瞳(山田杏奈)の複雑な心中を知り、由貴子の死の真相を突き止めようとしていた。そんな父親を心配して瞳が帰宅すると、家には怪しい人物の影が―!

はたして、10年前に翼の母親を殺した犯人とは!? 由貴子の死の真相は?

物語は、すべての謎が解き明かされるクライマックスへ!

引用:公式サイト

 

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事10の秘密|キャスト・ネタバレはコチラ

 

関連記事
error: Content is protected !!