ドラマネタバレ・感想

彼女はキレイだった(日本)|8話 ネタバレ*感想(好き、でした。)



ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」8話が、2021年8月31日(火)に放送されました!

ようやく😭

このページでは、ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」8話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」8話 ネタバレ

ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」8話のネタバレです。

梨沙の手紙

愛(小芝風花)はようやく、宗介(中島健人)が知る本当の「佐藤愛」として再会することが出来た。

しかし愛は、自分の代役をしてくれた梨沙(佐久間由衣)のことが気がかりで、宗介の告白を素直に受け入れることが出来なかった。

帰宅後、梨沙は宗介のことはもう関係ないと気丈に振る舞うも、愛はゴミ箱から梨沙が宗介に宛てた手紙を見つけた。

手紙には、宗介に対する謝罪と想いが綴られていた。

ごめんなさい。

ずっと貴方に嘘を付いていました。本当の佐藤愛は私の親友です。

2人の邪魔をしてしまってごめんなさい。好きになってしまってごめんなさい。

あなたは私の初恋です、それだけは嘘じゃない。

今回の事は愛は何も知りません。

愛が最初に付いた嘘は、貴方に嫌われたくない一心でしたことです。

2人の幸せを心から願っています。

愛は梨沙が本気で宗介を愛していたという事実を知り、梨沙の誕生日が迫るなか、どうしていいか分からなくなる。

翌日、愛と再会できたことでテンション上がりまくりの宗介は、愛の家まで迎えに来る。しかし愛は梨沙のことがよぎり、つい宗介を避けてしまう…。

//

編集部では、樋口が有給を取りしばらく休むことになり、ヘッドハンティングの噂があるらしいとざわつく編集部。

そんな中、愛の童話企画が掲載された「ザ・モスト」が発売された。しかし、肝心の売り上げはライバル誌「ルナ」に及ばなかった。

宗介は常務の岸田(木村祐一)から呼び出され、ザ・モスト廃刊の最後通告を受ける。廃刊を救うチャンスは残り1回しかない。

さらにその会話を里中(髙橋優斗)に聞かれてしまい、廃刊の危機にあること全編集部員に知れ渡ってしまう。

重大な事実を隠していた宗介に岡嶋(片瀬那奈)は憤りを感じ、「あなたの決断は英断ではなく、独断です!!」と厳しく非難。

「ザ・モスト」編集部で13年間も携わってきた岡嶋にとって、モストは人生そのもの。気持ちを踏みにじられたと感じていた。

他の編集部員たちも岡嶋に続き、存続をかけた次号の制作を拒否されてしまった。

あなたにはガッカリしたくないだけです。

翌日、宗介は1人で次号を作ろうと孤軍奮闘する。そこへ、徹夜で作った企画案を持ってきた愛。

宗介からの評価は厳しいもだったが、宗介は

岡島が以前に作った企画書と合わせれば、何かヒントになるかも。

とアドバイスし、宗介は「ありがとう」と礼を伝える。

その夜、岡嶋を誘って飲みに行った愛は、実は廃刊の事実を前から知っていて、黙っていたことを謝罪した。

岡嶋は「副編集長(宗介)から口止めされたんでしょ?」と、愛のことを気遣う。

さらに岡嶋の怒りは収まらず、「本国の人間だから、どうせ私たちの気持ちなんて考えていない」と続ける。

すると愛は、宗介は就任前から部員全員の企画書に目を通していたと説明し、

「本当は、皆さんを頼りにしているんです!」

と懸命に訴えた。

一方、宗介はまだ一人で残業していた。するとそこへ樋口が現れ、廃刊の危機を知らされた編集員の気持ちを代弁する。

馬鹿なんですか?この期に及んで一人で抱え込んで。

だからみんな、あなたに付いて行っていいか迷うんですよ。

ただ、あなたにはガッカリしたくないだけです。

一人の男として。

そう告げると、樋口は去って行った。

宗介の事が好きでした。

宗介が帰ろうとすると、エントランスで愛が待ち伏せしていた。

宗介は「一人で責任を抱え込んだほうが楽だと思っていた。みんなの気持ちをぜんぜん考えていなかった」と嘆く。

すると愛は「みんなが知りたいのは、宗介の正直な気持ちだから!」と励ました。

そして宗介は、ここ最近、自分を避けていることについて「友達のこと?」と愛にたずねる。

梨沙のことだと薄々気づいていた宗介は、愛の肩に手を掛けると

急がなくていい。

だけど、愛が大切だと思う人の手は、絶対に離しちゃ駄目だよ。

と伝えてくれた。

//

翌日、宗介の言葉に感化された愛。

仕事終わりに梨沙のレストラン前で待ち伏せしている、そこへ梨沙が現れ話をしようと伝えたものの、梨沙は愛の顔を見るなり逃げ出してしまう!

愛は梨沙のあとを追いかけ公園に入ると、途中で愛が転んでしまう。

心配して立ち止まる梨沙に、愛は泣きじゃくりながら

もうヤダ!どうしたらいいのか分かんない!!

梨沙がいないなんてヤダよ!!

私たち、もう友達じゃいられないの?

訴えると、梨沙もまた涙を浮かべながら本音をぶつける。

私ね、辛かったよ…。

駄目なのに、宗介のコトどんどん好きになっちゃって…。

でもホントは、辛い時に愛に“辛い”って言えなかったことが一番辛かった…。

愛、ごめんなさい…!

梨沙と愛はお互いに近寄り、涙をぬぐいあう。

そして、愛は梨沙の誕生日ケーキを渡した。走ったせいでグチャってしまったが、気持ちはしっかりと伝わっていた。

その夜、疲れて寝てしまった愛に毛布をかける梨沙。そして、宗介にメールをする。

今までありがとう。

愛の事をよろしく。

宗介の事が好きでした。

メールを送った後、梨沙は今度こそ宗介の連絡先をメモリから削除した。

ザ・モストの再出発

翌日、樋口のもとに「今日、編集部で待っている」と宗介からメールが届いた。

空気の重い編集部に宗介が出勤し、部員一人一人の名前を呼び、

まずは、こんな大事なことを黙っていて申し訳ございませんでした。

重責は自分一人で十分だと考えていました。でも、それ以上に皆さんの能力があれば立て直せると考えていました。

何よりも、皆さんがモストを愛する気持ちを信じています。

よかったら、一緒に戦って下さい!

と懸命に訴え、頭を下げる。

そこへ樋口が戻ってきて、モストを辞める気はもともと無かったと告げ、さらには次号の企画まで持参していた。

宗介の気持ちが伝わり、気合いを入れ直した編集部員たちは、廃刊阻止に向け再始動する!

そこへ編集長の蘭子(LiLiCo)が登場し、編集部が一致団結したことを喜ぶ。ところがすでに「ザ・モスト」廃刊の危機がネットニュースにリークされていた…。

そのニュースを見た岸田(キム兄)は、不敵な笑みを浮かべていた…。

//

その日の夕方、愛と宗介は一緒に帰宅。

宗介は、みんなを説得できたのは愛のお陰と礼を言うと、改めて「ずっと愛のことが…」と言いかける。

するとその言葉を愛が遮り「宗介が好き。私も同じ昔も今も。」と、愛の方から告ってくれた。

長い時間を経て、愛と宗介はようやく結ばれた。

その後、愛と別れた宗介は信号に差し掛かると、愛がいつも口にする「よしっ!出発!」と言いながら横断歩道を渡る。

ところがその瞬間、宗介は意識を失いそのまま倒れてしまった…。

 

つづく…

彼女はキレイだった(日本)|9話 ネタバレ*感想【宗介が言った未来】ドラマ『彼女はキレイだった(日本)』9話のネタバレ・感想。2021年9月7日に放送。...
彼女はキレイだった(日本)|ドラマ 動画の無料視聴 + pandora*dailymotion の配信は?ドラマ『彼女はキレイだった(日本)』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2021年の放送で、主演は小芝風花・中島健人(Sexy Zone)。...

 

ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」8話の感想

ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」8話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

関連記事【彼女はキレイだった】各話のネタバレはコチラ

 

2021 秋ドラマ 15作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!