ネタバレ・感想

半沢直樹 2020|3話 ネタバレ感想【高坂(吉沢亮)の目が】



半沢直樹 2020「第3話」が、2020年8月2日(日)に放送されました!

このページでは、半沢直樹 2020「3話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

半沢直樹 2020「3話」ネタバレ

半沢直樹 2020「3話」ネタバレです。

隠しファイル

フォックスの逆買収を提案された瀬名は、半沢に反論。そんな瀬名に対し、半沢は買収案を披露した。

その頃、フォックスの巨額損失がマスコミで取り上げられ、フォックスの株は大暴落。瀬名はすぐに記者会見を開き、フォックス買収を発表する。

その後、瀬名と半沢はフォックスで郷田との会談を行った。

記事をリークしたのは半沢たちだと憤る郷田だったが、先に騙したのは郷田の方だと反論し、半沢は謝罪を要求。

すると郷田は謝罪したが、電脳からの援助が決まっているため、スパイラルの傘下に入るつもりはないと告げる。

しかし、電脳にノウハウだけ取り込まれてしまう恐れがあると半沢は指摘。

その後、セントラル証券に証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってきた。半沢たちはフォックスの買収に関する資料を慌てて処分💦

半沢が持っていた買収案は、クラウドの隠しファイルへ移動させた。

黒崎(片岡愛之助)登場!

そこへ黒崎が現れ、監査が始まった。

その直後、ニュースで監査のことが取り上げられたことで、スパイラルの株はどんどん下がっていた。

すると、黒崎がクラウド内のファイルも調べ始めた💦

社内のパソコンは使用禁止になっているため、半沢は外からアクセスしファイルを削除するよう瀬名に依頼。

瀬名は高坂にデータを消去するように指示し、黒崎に隠しファイルを閲覧される前に、高坂の懸命な作業により何とか削除した。

一方、隠しファイルの存在は半沢と岡しか知らない中、どこから漏れたのか探る半沢。

岡から諸田に相談したことがあると聞かされ、諸田から銀行の誰かに漏れたのではと推察した。

ところが、社長室のシュレッダーから廃棄された「買収計画案」が見つかってしまった…。




スパイラル株ふたたび

郷田から話がしたいと瀬名にメールが届いた。

スパイラルに買収されると知った平山たちは、フォックスを買収するメリットが無くなったからだ。

買収計画書が復元され情報漏えいを指摘する黒崎だったが、そこに郷田が現れた。

郷田は、自社の情報を友好的合併のために共有したのだと黒崎に伝える。すると、それなら問題ないと言い帰っていった。

その後、郷田と瀬名は合同記者会見を行い、フォックスがスパイラルの傘下に入ることを発表。

さらに、フォックスの子会社「コペルニクス」とも提携し、アマゾンと並ぶほどの通販サイトを作ると瀬名は宣言した。

そして、瀬名の友人・マイクロデバイスのジョン・ハワードが登場し、3億ドルの出資をすると発表。

会見後、スパイラルの株はどんどん上がり、電脳の買収額の5,000以上の値をつけた。

平山夫妻が…

渡真利から、電脳へ500億円の追加融資案が出たと聞かされた半沢。

銀行よりも先に、電脳がセントラルにアドバイザー契約を依頼したことが引っ掛かったが、伊佐山から追加融資が決定したとの連絡が入った。

三笠が、常務の椅子を条件に大和田に頭を下げたからだった。

ところがその後、監視委員会の監査の際に電脳のことを調べられていたと気づいた。黒崎が手にしていた電脳電設の書類を見つけた半沢。

ゼネラル産業の子会社である電脳電設の社長は、電脳の財政担当である玉置の父親であることが判明した。

話を聞くため玉置と待ち合わせた半沢と森山だったが、現れたのは平山夫妻だった…。

 

つづく…

半沢直樹 2020|4話 ネタバレ感想【大和田バックで戻る】ドラマ・半沢直樹2(2020)「4話」ネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年8月9日放送。...
【半沢直樹 2020】ドラマ 動画 1話〜無料視聴【見逃し配信】ドラマ『半沢直樹 2020』1話〜最終回まで動画を無料視聴する方法。2020年の放送で、主演は堺雅人。...

半沢直樹 2020「3話」感想

半沢直樹 2020「3話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

半沢直樹 2020 次回のあらすじ

「半沢直樹 2020」次回のあらすじです。

半沢(堺雅人)たちの作戦によって、フォックスの逆買収に成功したスパイラル。だが、このままでは面子がつぶれてしまう東京中央銀行は、三笠副頭取(古田新太)の後押しによって、スパイラル株を買収するために電脳への500億円もの追加融資を強引に進めようとしていた。

卑怯にも、強大な資金力にモノを言わせ強引に決着をつけようとする銀行に、もはや絶体絶命の半沢。そんな中、半沢は電脳の収益に不透明な部分があることに気づく。財務担当の玉置(今井明彦)に接触を図るが、彼は口封じのために電脳を追われてしまう。玉置はいったいどこに消えたのか?

予断を許さない状況が続く中、渡真利(及川光博)から、まもなく半沢の出向先が正式決定する、という知らせが入る。動揺する森山(賀来賢人)に「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」と力強く語る半沢だが、このままでは万事休すとなることは確実だ。これ以上、打つ手はあるのか——。

ついに覚悟を決めた半沢は最後の望みをかけてある人物に会いに行く——。

銀行、電脳、半沢、最後に勝つのは一体誰か!?

すべての真相がまもなく明かされようとしていた。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事半沢直樹2|各話のネタバレはコチラ

全話配信【9/20配信開始】半沢直樹2|動画配信はコチラ【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!