ドラマネタバレ・感想

最愛|8話 ネタバレ*感想【ペンの持ち主は5人】



ドラマ「最愛」8話が、2021年12月3日(金)に放送されました!

被害総額は、10億968万円でした💦

このページでは、ドラマ「最愛」8話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「最愛」8話 ネタバレ

ドラマ「最愛」8話のネタバレです。

使えるものは使え

しおり(田中みな実)が、遺体で発見された。

現場の雑居ビルで争った跡がないことから事故も考えられたが、昭(酒向芳)殺害事件の参考人だったこともあり、山尾(津田健次郎)は事件性を疑う。

一方、出社した梨央(吉高由里子)は、秘書の児島(宮下かな子)から、しおりと後藤(及川光博)が揉めていたと聞かされる。

梨央は後藤と連絡を取ろうとしたが、加瀬(井浦新)すらも、前日から連絡が取れずにいた。

梨央は、しおりが亡くなる前日に会っていたため、警察から事情聴取を受ける。

その後、梨央は所轄の生活安全課へ異動になった大輝(松下洸平)を訪ねる。

大輝の母が送ってくれたという、故郷の酒を飲む二人の間には穏やかな時間が流れ、事件が収束したら先のことを考えようと約束を交わす。

一方、しおりの周辺を捜査していた桑田(佐久間由衣)は、上司の山尾から事件に関するネタを大輝から聞くよう指示された。

山尾から「使えるものは使え」と発破を掛けられ、大輝のもとを訪ねた桑田は捜査協力を懇願する。

しかし、大輝には提供できる情報はなかった。

そんな大輝は、一人でしおりのことを調べると、しおりの遺体には争った形跡がなく、何ども自殺未遂を繰り返していたことが分かった。

そんな中、加瀬は梓(薬師丸ひろ子)と今後の策を練っていた。

後藤は5年間、会社の金庫番を務めていた。昭に渡した500万は、後藤の一存でやったことだと話す梓。

加瀬から「不正の事実を知らないのですか?」と聞かれた梓は、表に出ないうちに処理しようと告げ、さらに

こういう時のために加瀬くんがいるのよ。

後藤さん見つけて話を聞きましょう。

と、加瀬の背中を押す。

ペンの持ち主は5人

梓から後藤が向かったと思われる場所を聞いた加瀬は、早速梨央と向かうことにした。

後藤を探し出した加瀬は「一人でやったことだ」と言い、その場を去ってしまう。

その頃、梨央は別荘の床から大量の札束を見つけていた。書類をチェックした結果、不正総額は「10億9百68万円」に達していた。

すると、梓から早く戻るよう連絡が入る。

帰りの車の中で、梨央は加瀬に弱音を吐く。そして加瀬が、なぜ自分たちにここまで優しいのか?と聞くと

家族だと思ってる。

新薬が認められればどれだけすごいことになるか。

と返答し、弱気になった梨央を励ます。

その後、後藤は過労で入院していることが判明した。

//

大輝は、優の勤務先に立ち寄った。

その際、優からペンを借りると、昭(酒向芳)の殺害現場に落ちていたペンと同じだと気付き、すぐに桑田に連絡を入れた。

そして大輝は、梨央にペンのことを訪ねると、その様子を藤井(岡山天音)が見ていた。

梨央はペンのことを梓に尋ねると、それは特注品で、持っているのは5人だけだという。

持ち主は

  • 梨央
  • 政信(奥野瑛太)
  • 後藤
  • 加瀬

の5人だった。

 

つづく…

最愛|9話 ネタバレ*感想【あの日、事件現場にいましたよね?】ドラマ『最愛』9話のネタバレ・感想。2021年12月10日に放送。...
最愛|ドラマ 動画1話〜無料視聴【見逃し配信】ドラマ『最愛』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2021年の放送で、主演は吉高由里子。...

 

ドラマ「最愛」8話の感想

ドラマ「最愛」8話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【最愛】キャスト・ネタバレはコチラ

2022 冬ドラマ 38作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!