ドラマネタバレ・感想

35歳の少女|9話 ネタバレ感想【失ってはじめて気づくこと】



柴咲コウさん主演のドラマ「35歳の少女」第9話が、2020年12月5日(土)に放送されました。

多恵が望美に伝えた「愛してる。」に、涙が止まりませんでした。

このページでは、35歳の少女「9話」の

  • ネタバレ・あらすじ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

35歳の少女「9話」ネタバレ

ドラマ「35歳の少女」9話のあらすじ・ネタバレです。

35歳の少女:9話あらすじ

望美(柴咲コウ)は多恵(鈴木保奈美)が倒れたことに衝撃を受けつつも心を閉ざしたまま、危険な状態の母を愛美(橋本愛)と進次(田中哲司)に任せ、病院を後にする。

そんな中、愛美は入院道具を取りに寄った時岡家で、多恵が倒れる前に日記に書かれた思い「望美が改心したら家族みんなですき焼きを食べたい」を知り、望美のマンションに説得に行く。

しかし別人のように変わってしまった望美は聞く耳を持たず、結局言い争いになってしまう。

時岡家を訪ねた結人ゆうと(坂口健太郎)は、進次から多恵が倒れたことを聞く。多恵を望美の元に行かせたことに責任を感じながらも今の自分のままでは望美に何を言っても届かないと感じる結人…。

学校では不登校になった生徒をどうすることもできず、さらに実家に行くと寝たきりの父親の容態が急変していた……!

一方進次は、自分の今の家族のことを何とかしようと決意。

止める加奈かな(富田靖子)を振り切り、達也たつや(竜星涼)が引きこもる部屋に突入する!

そしてたった一人、自分の幸せだけを考えて生きる決意をした望美は、なぜか再び10歳の自分が現れる夢を見ていた。

多恵が倒れたことを機にそれぞれの歪んでしまった時計の針が動き始める、果たして、凍り付いた望美の心に届く言葉はあるのか…!?

引用:公式サイト

それぞれの修復

望美は多恵が倒れたことに衝撃を受けつつも、心を閉ざしたまま、愛美と進次に危険な状態の母を任せ病院を後にする。

倒れる前に、多恵が綴っていた日記を読んだ愛美は、母がまた家族ですき焼きを囲むつもりだったと知り望美を説得しようと試みる。

しかし、2人は言い争いになってしまう…。

一方、進次は現在の家族関係を何とかしようと達也の部屋に突入する!

初めて親子として激しくぶつかった二人、そして加奈も含め、数年ぶりに家族で食卓を囲み再生への一歩を踏み出した。

結人は多恵が倒れた責任を感じつつも、今の自分では望美に何も伝えられないと感じていた。

そんな中、学校で不登校の生徒が転校すると聞き、力になろうとする結人。

しかし突然、寝たきりの父の容態が急変し、亡くなったと連絡が入る…。

トンボのメガネ

父と最後まで打ち解けることが出来なかったと、後悔した結人。

その夜、望美の置いていったカセットテープの中に、多恵が録音していた言葉を見つけた。

図書館に向かった結人は「最後の希望」を託し、望美にカセットテープを渡す。

そこには、娘が25年ぶりに目覚めた日に、喜びと決意を綴った暖かい多恵の声が録音されていた…。

望美はすぐに多恵が入院する病院へ向かうと、病室には一人で看病する愛美の姿。

望美は、かつて母が自分にしてくれたように『トンボのメガネ』を歌うが、多恵の意識が戻らない。

諦めかけたその時、多恵が奇跡的に目を覚ました。これまで伝えられなかったお互いへの思いを交わし合う、望美と多恵。

そして最後に「愛してる」の言葉を残し、多恵は息を引き取った…。

多恵の火葬を終えたその日、望美たちは時岡家ですき焼きを囲むことに。すると突然、喪失感に襲われた望美は、愛美とともに子供のように泣きじゃくる。

多恵は、本当に居なくなってしまった。

 

つづく…

35歳の少女|最終回 ネタバレ*感想【それぞれの選択】ドラマ「35歳の少女」最終回(10話)のネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年12月12日放送。...
【35歳の少女】ドラマ 動画の無料視聴|pandora*dailymotion は?ドラマ『35歳の少女』動画全話を無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2020年の放送で、主演は柴咲コウ。...

 

35歳の少女「9話」感想

35歳の少女「9話」の感想です。

段々声が掠れていく中、幸せそうな表情で「愛してる」と言い続けた母・多恵。

最後の最後まで、のぞみたちのことを誰よりも想ってたんだなぁと痛感しました。

35歳の少女 次回のあらすじ

ドラマ「35歳の少女」次回のあらすじです。

望美(柴咲コウ)は多恵(鈴木保奈美)を亡くした喪失感に沈みながらも、両親が残した家に愛美(橋本愛)と共に住むことを決める。

一方で結人(坂口健太郎)との再会を望むが、中途半端な自分のまま連絡する勇気が持てずにいた。

今村家では家族として再生を始めた3人が食卓を囲んでいた。進次しんじ(田中哲司)と達也(竜星涼)はそれぞれある決意を胸に抱いているがまだ言い出せずにいた。

デザイナーとして就職先を見つけられない愛美は相沢(細田善彦)と遭遇。

藤子(大友花恋)と破局したことを知った愛美は、新しい会社で一緒に営業をしないかという誘いに心揺れる……。

そんな中家に帰ると、母を死なせてしまった罪悪感と虚無感から放心している望美を見て、愛美は姉を元気付けようと結人に電話するが、二人は頑なに会うことを拒む。

教え子がいじめを苦に転校を決めたことに悩む結人は自分にできることはないのかと無力感を感じていた。

生徒の家に行き、助けになろうと必死に説得する結人であったが、生徒は部屋から出てくることはなかった……。

翌日、結人は退職願を手に最後の授業に臨む……!

それぞれが自分の生き方を模索する中、望美の元にある結婚式の招待が舞い込み、そこで結人との再会を果たすことになる・・・

壮絶な人間ドラマの最後の幕が上がる。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事35歳の少女|キャスト・ネタバレはコチラ

見逃し配信【35歳の少女】動画1話〜最新話まで見る【2週間→無料】

 

2021 秋ドラマ 46作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!