ドラマネタバレ・感想

35歳の少女|最終回 ネタバレ*感想【それぞれの選択】



柴咲コウさん主演のドラマ「35歳の少女」第8話が、2020年12月12日(土)に放送されました。

いよいよ最終回を迎え、家族それぞれのこれからに注目です!

このページでは、35歳の少女「9話」の

  • ネタバレ・あらすじ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

35歳の少女「最終回」あらすじ

ドラマ「35歳の少女」最終回(10話)のあらすじです。

望美(柴咲コウ)は多恵(鈴木保奈美)を亡くした喪失感に沈みながらも、両親が残した家に愛美(橋本愛)と共に住むことを決める。

一方で結人(坂口健太郎)との再会を望むが、中途半端な自分のまま連絡する勇気が持てずにいた。

今村家では家族として再生を始めた3人が食卓を囲んでいた。進次しんじ(田中哲司)と達也(竜星涼)はそれぞれある決意を胸に抱いているがまだ言い出せずにいた。

デザイナーとして就職先を見つけられない愛美は相沢(細田善彦)と遭遇。

藤子(大友花恋)と破局したことを知った愛美は、新しい会社で一緒に営業をしないかという誘いに心揺れる……。

そんな中家に帰ると、母を死なせてしまった罪悪感と虚無感から放心している望美を見て、愛美は姉を元気付けようと結人に電話するが、二人は頑なに会うことを拒む。

教え子がいじめを苦に転校を決めたことに悩む結人は自分にできることはないのかと無力感を感じていた。

生徒の家に行き、助けになろうと必死に説得する結人であったが、生徒は部屋から出てくることはなかった……。

翌日、結人は退職願を手に最後の授業に臨む……!

それぞれが自分の生き方を模索する中、望美の元にある結婚式の招待が舞い込み、そこで結人との再会を果たすことになる・・・

壮絶な人間ドラマの最後の幕が上がる。

引用:公式サイト

35歳の少女「最終回」ネタバレ

ドラマ「35歳の少女」最終回(10話)のネタバレです。

それぞれの選択

望美は多恵のいない喪失感に気持ちが沈みながらも、愛美と母が25年間一人で守り続けた家に住むことを決める。

愛美は相沢から営業の仕事に誘われ心揺れるも、望美に背中を押され、デザインコンクールへ応募することに。

そんな中、結人は電話の望美に励まされ、いじめを受ける生徒の家へ。ところが、生徒は部屋から出てこない…。

翌日、退職覚悟で最後の授業に臨んだ結人。

「もう見て見ぬふりはやめてほしい」と、いう結人の言葉に、初めて答える生徒たち…。結人は改めて、自分らしい教師の道を進もうと決意をする。

一方、今村家では、進次と同じ家を売る仕事をしたいという達也(竜星涼)の姿に触発され、進次は本当は建築士を目指したいと告白。

夢に向かう決心をした夫と息子の姿に、加奈(富田靖子)は応援すると誓った。

一方の望美は、同級生の結婚式で久々に結人と再会。ところがトラブル発生で、急遽!司会代理を勤めることに!

花嫁の親子喧嘩で壊れそうになった式を、母親の愛情の深さを語り、その場を収めた望美は、式場にいた参列者の一人から、北海道の小さなテレビ局でアナウンサーをやってみないかと誘われる。

この話を受ければ「せっかく再会した結人と離れ離れになってしまう…」と悩む望美は、亡くなる前の多恵の写真を見つける……。

これがあたしだ!

翌日、図書館で再会した望美と結人は、離れた場所でお互いを思いながらも自分の夢を諦めないと誓い合い別れのハグをする。

出発前、多恵の墓前に晴れ晴れとした望美と愛美が訪れる。

北海道に旅立つ望美と、コンクールで受賞した愛美は多恵に新しい人生の門出を多恵に報告する。

愛美のデザインには、姉・望美の姿が描かれており、タイトルは「35歳の少女」。

その後―

今村家では建築士を目指す進次と、ハウスメーカーで働く達也を加奈が張り切って支えていた。

そして、愛美はデザイン事務所に就職し、結人は教師として自信を身につけていた。

一方、粉雪が舞う北海道の街角には、アナウンサーとして街ゆく人に話を聞く望美の姿が。

自信と喜びに満ちた望美は「これが、あたしだ!」と叫んだ。

 

終…

【35歳の少女】ドラマ 動画の無料視聴|pandora*dailymotion は?ドラマ『35歳の少女』動画全話を無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2020年の放送で、主演は柴咲コウ。...

 

35歳の少女「最終回」感想

35歳の少女「最終回(10話)」の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事35歳の少女|キャスト・ネタバレはコチラ

見逃し配信【35歳の少女】動画1話〜最新話まで見る【2週間→無料】

 

2021 秋ドラマ 46作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!