ドラマネタバレ・感想

日本沈没 -希望のひと-|4話 ネタバレ*感想【ついに】



ドラマ「日本沈没 -希望のひと-」4話が、2021年11月7日(日)に放送されました!

天海のリークがバレてしまい、ついに地面が揺れ始めました⚡

このページでは、ドラマ「日本沈没 -希望のひと-」4話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「日本沈没 -希望のひと-」4話 ネタバレ

ドラマ「日本沈没 -希望のひと-」4話のネタバレです。

リークと盗撮

リーク情報を流され、政府が発表するよりも前に「半年以内に関東圏沈没」の記事が出てしまった。

里城副総理(石橋蓮司)らがネタ元の特定に躍起になっている中、東山総理(仲村トオル)は椎名(杏)を呼び出し問い詰めるが、椎名は東山が会見をするべきだと伝える。

椎名は呼び出される前、天海(小栗旬)から自分の名前を出していいと言われていた。しかし、椎名は情報元は言えないと総理に答える。

部屋を出ると、力が抜けている椎名のことを誰かが盗撮していた…。

その後、天海と話した東山は会見を開き、自ら関東沈没の恐れを話した。時期や確率は明確にしなかったものの、総理の口から語られたことで人々は大混乱に陥る。

東山の命により危機対策が日本未来推進会議に委ねられた。

常盤(松山ケンイチ)を中心に話し合いを勧め、天海の意見と常盤の意見、それぞれの省庁の意見がぶつかり合いながらも対応を進めてゆく。

そんな中、田所(香川照之)はワイドショーで関東沈没の現状を赤裸々に、かつ嬉々と話す。

それは政府が発表していない情報で、勝手な告発に常盤は怒りを抑えられない。

一方、毎朝新聞にリークしたのも天海ではないか?という疑念が拭えずにいた。何度も天海に聞くが、その度にはぐらかされた…。

ついに、沈没がはじまる…

二人の仲に不穏な空気が漂う中、経団連会長の生島(風間杜夫)の元へ向かった。

するとそこには里城の姿があった。天海を疑う里城に対し、怯える国民の心配を取り除けば次の選挙に有利になると話す。

経団連臨時総会で、生島と里城はタッグを組み危機回避に乗り出した。

一方、天海のリークが東山総理にバレてしまう。

そして常盤の耳にも入り、常盤は自分が思っていたように徐々に進めた方が、株価暴落など経済界へのダメージも少なかったと憤る。

そんな常盤に「一人でも多くの人を助けたかった」と話す天海。しかし、天海は未来推進会議のメンバーから外された。

椎名の母・和子(宮崎美子)や、天海の妻・香織(比嘉愛未)と娘の茜(宝辺花帆美)が避難するためバスに乗り込む。

天海は香織に、判を捺した離婚届を渡していた。

茜との再会を誓い、指切りして見送った天海はそこに椎名がいることに気付いた。

天海は自分が未来推進会議を外されたと話していると、大きな揺れが発生し、関東が沈没し始めた…。

 

つづく…

日本沈没 -希望のひと-|5話 ネタバレ*感想【第二波】ドラマ『日本沈没 -希望のひと-』5話のネタバレ・感想。2021年11月14日に放送。...

 

ドラマ「日本沈没 -希望のひと-」4話の感想

ドラマ「日本沈没 -希望のひと-」4話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【日本沈没 -希望のひと-】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!