ネタバレ・感想

アンサングシンデレラ(ドラマ)|6話 ネタバレ感想【男性上司は見ろ!】



アンサングシンデレラ「第6話」が、2020年8月20日(木)に放送されました!

このページでは、アンサングシンデレラ「6話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

ドラマ アンサングシンデレラ「6話」ネタバレ

アンサングシンデレラ「6話」ネタバレです。

くるみ独り立ち

みどりたちが院内の廊下に居たところ、目の前で高齢女性が倒れてしまう。

高齢女性の名前は小川早苗さんで、萬津総合病院救急センターに運ばれ、医師・豊中の治療を受けていた。

早苗は熱があり、みどりが現在服用している薬を尋ねると、何も飲んでいないと言われた。

翌日、刈谷が外来患者に服薬指導を行っており、その様子を見ていたくるみは「あの自信はどこから来るのか?」と不思議に感じていた。

すると、刈谷は以前に大手の調剤薬局で働いており、優秀な人材だったと知る。

////

刈谷はくるみに一人で服薬指導へ行くよう告げ、みどりも了承した。

くるみが任された患者は、月経困難症と診断された遠野倫さん。倫はピルを処方されていたが、倫はピルに対して避妊薬というイメージが強く、飲むのに抵抗があるという。

すると、くるみは自分なりに上手く服薬指導が出来たと感じ、機嫌良く調剤室に戻ってきた。

そんなくるみを見たみどりは「何かあったら必ず相談してね」とくるみに忠告し、くるみも笑顔で頷いていた…。

一方、薬が効かない早苗に対し、七尾は多剤耐性菌の保菌者ではないか?と、みどりと豊中医師にアドバイスしてきた。

その後、みどりは多剤耐性菌について調べていたが、瀬野から「患者をよく見ろ」と言われ、クロストリジウム腸炎ではと疑った。

みどりは、早苗が本当に薬を服用していなかったか改めて調べることにした。

そんな中、くるみは倫から

「薬が効いてないみたいなんですが、どうしたらいいですか?」と電話を受けたが、くるみは対応に困り「私の一存では決められないので、なるべく早く再受診してください。」と返答した。

すると倫は「そうですよね、薬剤師さんに聞いても分からないですよね。」と、落胆してしまい電話を切った。

電話を受けていたくるみを見ていたみどりは、心配して声を掛けたがくるみはごまかし何も伝えなかった。。

患者さんをよく見る!

みどりは小野塚に、近所の調剤薬局で早苗に薬を出した人がいないか調べて欲しいとお願いする。

一方、くるみは調剤室に残り、月経困難症について調べていた。そんなくるみに瀬野は「患者を見ることがとにかく大切」とアドバイスを送った。

〜翌日〜

病院にやって来た倫にくるみが服薬指導をするも、反応が鈍い倫は、突然に倒れてしまう。

急いでみどりが駆けつけ、くるみは慌てて医師を呼びに向かった。

その後、みどりは「どうして、薬が効いていないと電話があったことを教えてくれなかったの?」と問いかける。

くるみは「葵さん忙しそうだったから、なんか生理痛のこととか効く感じじゃなくて」と答える。

みどりは「病気に大きいも小さいもない。誰かにとっては軽いことでも、遠野さんにとっては今が一番辛いの!」と叱り、くるみも反省した。

刈谷も責任を感じ、みどりにくるみを見るよう指示したが、くるみは「もう少し私に任せて貰えませんか。」と告げる。

くるみは瀬野のアドバイスを受け倫のインスタを確認したところ、倫がサプリメントを飲んでいる投稿がアップされていた。

そのため、薬が効かなかったのでは?と思っていた。

くるみは倫のもとを訪ね、普段の生活を質問しようとしたが、倫からは

もういいんです。たかが生理痛ですもんね。

昔から親にも皆にも分かってもらえない。もっと大変な人がいっぱいいると思うので、そっちに行ってください。

と告げると、くるみに背を向けてしまった。

一方、小野塚から連絡を受けたみどりは、やはり複数の調剤薬局で大量の抗生剤をもらっていたことが分かった。

みどりは早苗に質問するも、やはり早苗は「薬なんて飲んでいません!」の一点張り。

すると、病院内を歩いていた早苗が倒れてしまい、みどりは大至急、早苗に薬を処方していた長崎医師を尋ねた。

そして抗生剤を処方していたことが分かり、クロストリジウム腸炎だと確定した。

早苗に抗生剤を処方していた長崎医師は、「こうなるだろうと分かってて処方していた。」と告げる…。

みどりは長崎医師を問い詰めたが、お年寄りの受け皿も必要だとだけ言われてしまう。。




正しい薬を渡す。

その後、早苗はクロストリジウム腸炎に適応した処置を行い、無事に命の危険は免れた。

病院の屋上にいた早苗に声を掛けた、みどり。

「先生に言われた薬を、言われるまま飲んでしまっていたんですよね。」と問いかけると、早苗は

ちがいます!

長崎先生は、悪くありません。

私が先生にお願いして、薬を出してもらっていたんです。

と答える。

早苗は長年続いた事務職を定年し、退職金で余生を自由気ままに送っていた。

朝起きてお花に水を上げて、家事をしてお昼を食べて、パッチワークをして晩御飯を食べて、寝る。

気付いたら誰とも話さない日々を過ごしていました。

でも元気ならいいんです。身体を壊した時は寂しくて。

そんな時、夜も明々としていた長崎病院を見つけて、吸い寄せられるように入ったんです。

長崎先生は、風邪の症状はもちろん、日々の症状まで、親身に聞いてくださいました。涙がでるほどうれしかった。

それから長崎医院に通っていたという。

長崎医師も最初は断っていたが、早苗からどうしてもと懇願され、不必要な抗生物質を処方していた。

この薬だけが、私と世の中を繋いでいるたった一つの証みたいなものだったんだと思います。

長崎先生は悪くありません。全部私が悪いんです。

結局、先生に迷惑をかけてしまいました。

大切な居場所がなくなっちゃった…

と寂しそうに話す。

その後、みどりは刈谷に

なんか分からなくなっちゃいました。正しい薬を渡すことが患者さんのためだと思っていたのですが…。

と嘆いていた。

そんなみどりに刈谷は、

患者を喜ぶために薬を渡しても、患者は救われない。

正しい薬を渡すことが何より大事。

だと、自分の過去の経験を元にアドバイスした。

くるみリトライ!

一方、、倫のインスタを見ていたくるみは、倫が愛飲している紅茶に入っていた成分に気付いた。

翌日、くるみは倫の服薬指導へ行く前に、調剤室の皆に

私も患者さんにどう思われようと、正しい薬について伝えてきます。

と宣言した。

くるみは再び、倫に服薬指導をすることになった。

インスタを見て気が付いたのですが、食事を抜いてサプリメントだけにしたり、睡眠時間が遅かったりとバラバラです。

そして、紅茶に入っていた「セントジョーンズワート」は、薬の効果を弱めてしまうんです。

だから、きちんと薬を飲んでいていた効かなかったんです。

自分自身でも体調の変化を気にかけて、きちんと月経困難症について向き合って欲しいんです。

まず、日頃の生活から見直すことが大事だと思います。

お薬のことも生活のことも、困ったことがあったらなんでも言ってください!

と笑顔で伝えた。

倫は涙を流しながら

今まで生理痛に振り回されているだけの人生だった。

周りに理解されないで自分がみじめに思えて、だけど相原さんが初めて私の悩みに真剣に応えてくれた。ありがとうございます。

とお礼を告げる。

そんな倫に、くるみは関西弁で「これからは、なんでも相談してな。」と笑いかけ、倫も笑顔で「はい!」と頷いた。

薬は薬がいらなくてもいいように服用する

早苗、退院の日。

みどりは早苗の元へ出向き、今後の服薬について話をした。

薬は病を治すためにあります。

薬は薬がいらなくなるように服用するんです。

安心するために薬を飲むのは間違っている。

と指摘する。

すると「私みたいな人はどうすればいいの?」と、心の拠り所が無くなることを不安に感じる早苗。

そんな早苗に

いいんじゃないでしょうか。今のままで。

綺麗なお花を育てたり、パッチワークを作ったり、そういう静かな毎日を積み重ねていく生き方って素敵だと思います。

それに早苗さんは恵まれているじゃないですか。

早苗さんには、誰よりも早苗さんのことをよく知っていて、信頼できるかかりつけの医師がいます。

と微笑んだ。

するとそこへ長崎医師がやってきた。今朝、自分だけのでは厳しいと、みどりが長崎医師にお願いしていた。

長崎医師は早苗に

申し訳ない。私が出した薬のせいで。

これからは薬を正しく処方することを約束します。なので困ったことがあったらまたいつでも来てください。

それとこれからは、薬剤師さんのことも頼りにするといい。

と告げた。

早苗は長崎医師にお礼を言い、そして「ありがとうございます、葵さん。」と言ってもらえた。

////

その後、早苗はいつもの生活に戻り、さらに別のパッチワーク教室へ通うことに。

そこではたくさんの同年代の友達もでき、時にはランチをする友人も出来た。

相変わらず長崎医師の病院も訪れており、早苗は以前よりも充実した毎日を送っていた。

 

つづく…

【アンサングシンデレラ(スピンオフ)】動画の無料視聴|pandora・dailymotion の配信は?FODスピンオフドラマ『アンサング・シンデレラ アナザーストーリー ~新人薬剤師 相原くるみ~』動画を1話〜全話無料で視聴する方法を解説。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2020年の放送で、主演は西野七瀬。 ...

ドラマ アンサングシンデレラ「6話」感想

アンサングシンデレラ「6話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

薬剤師国家試験問題

Twitter

月経困難症・子宮内膜症の方の声です。

Twitter

Twitter

男性で立場のある方は、今回の6話はぜひ見ていただきたいですね。

症状が軽い方もいれば、劇中で登場した遠野倫さんのように非常に辛く、仕事もままならない方もいらっしゃいます。

「人員の兼ね合いで自分が抜けると職場に迷惑が掛かるから。」

という理由で、気軽に言えない方も居ますし、立場上、我慢される方もいらっしゃいます。

気軽に言ってねという男性上司の方もいらっしゃいますが、若くて職歴が浅い子ほど言いづらかったりします。

ぜひ、同僚の女性従業員さん経由で伝えてもらうなど、配慮をお願いします。

ホントに、マジで男には分からない辛さです。

困ったときはお互い様です。ぜひ、助けてあげてください。

ドラマ アンサングシンデレラ 次回のあらすじ

「アンサングシンデレラ」次回のあらすじです。

葵みどり(石原さとみ)たちが朝の準備運動をしていると、販田聡子(真矢ミキ)が薬剤部の人員不足を解消するため作業ロボットの導入を話す。

販田は院長と交渉して高額な導入予算を勝ち取るため、問題を起こさないようにとみどりに釘を刺した。

そんなみどりに、瀬野章吾(田中圭)が検査結果が出たと伝えに来る。結果が出たのは急性骨髄性白血病で入院中の簑島心春(穂志もえか)。

心春は新人の頃のみどりが瀬野に任された患者で、一度は寛解したものの再発、再入院していた。検査結果は良好で退院出来ることになり、みどりと心春は喜び合う。

そんな二人の前を病院長の案内で特別室に入る患者が通りかかる。

特別室に入った患者は議員の古賀万奈美(渡辺真起子)。

左尺骨のヒビでの入院だ。だが、元秘書へのパワハラ疑惑でマスコミに追われる古賀には良い隠れ蓑。そのため、病院長と整形外科医、大津君郎(瀧川英次)以外の病院スタッフには古賀の素性が伏せられた。

みどりは相原くるみ(西野七瀬)と古賀の病室へ。

みどりたちの問いかけに、古賀は答えず、秘書の鴨居健介(モロ師岡)が代わりに応答する。みどりは喘息の持病を持つ古賀の容態も聞きたかったが、古賀がそのような態度なので答えは得られない。

また、みどりは苦しそうに胸を抑えた古賀が気になる。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事アンサング・シンデレラ|関連記事はコチラ

【アンサングシンデレラ】ドラマ 動画1話〜無料視聴|pandora・dailymotion の配信は?ドラマ『アンサングシンデレラ』見逃し動画配信を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2020年の放送で、主演は石原さとみ。 ...
関連記事
error: Content is protected !!