ドラマネタバレ・感想

推しの王子様|10話 ネタバレ*感想《混乱と別れ》



ドラマ「推しの王子様」10話が、2021年9月16日(木)に放送されました。

いよいよ最終回!ペガサス・インクの騒動や、泉美と航の恋の行方は!?

このページでは、ドラマ「推しの王子様」10話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「推しの王子様」10話 ネタバレ

ドラマ「推しの王子様」10話のネタバレです。

複雑な航

泉美(比嘉愛未)は『ラブ・マイ・ペガサス』のサ終という条件を飲み、『ランタン・ホールディングス』の傘下に入った。

ペガサス・インクにはランタン側からやってきた小島(竹森千人)が統括部長として加わり、企画開発に関わることになり、オフィスも近日中にランタン本社内へ移すことになっていた。

皆にとって酷な選択をしたのではないかという思いもあった泉美は、光井(ディーン・フジオカ)にその不安な気持ちを打ち明けた。

光井は、スタッフの企画を実現させるためなのだから、みんなにとっても良い話だと言って泉美を励ますと、門出を祝ってパーティーをしようと提案する。

今まで使ってきたオフィスでパーティーを開き、思い出話に花を咲かせるスタッフ一同。

そんな、仲睦まじい様子の光井と泉美を見つめていたのは航(渡邊圭祐)、そして有栖川(瀬戸利樹)。

帰り道、有栖川は泉美と光井が付き合い始めたと航に伝えた。複雑な想いの航は杏奈に会いに行くが、気持ちは消化しきれない。

自分たちの理念とはかけ離れた

1週間後、泉美たちは新しいオフィスに移った。

十蔵(船越英一郎)も交えた企画会議の席で、小島は、有栖川・芽衣(徳永えり)そして航が提出したゲーム企画を進めたい、とスタッフに伝える。

その席で十蔵は、モバイル・ゲームだけでなく、家庭用ゲーム機でプレイできるコンシューマーゲームも作りたいと提案する。

その第1弾として候補にあがったのは、航が企画した『銀河のラビリンス』だった。開発資金が潤沢になり、自分たちの企画が実現できることを喜ぶスタッフたち。

『恋森』に、企業とのコラボ企画が持ち上がる。

ゲームの世界観にそぐわないと『ペガサス・インク』では断っていた案件だったが、新ゲーム発表までの間も利益を出してもらわなければという『ランタン』側の要望があり、光井と泉美は承諾した。

航たちもそれで開発費が増えるならと、仕事量が増えるにも関わらずコラボ企画の作業も進めるが…、次々と持ち込まれる企業側からの無理な要望に戸惑うスタッフたち。

十蔵から経営に専念するよう言われた泉美は、現場に顔も見せず1人社長室にこもり仕事を進めていた。

混乱と別れ

光井も多忙で2人で過ごす時間は減っていき、乙女ゲームへの情熱を思い出せない泉美は、次第に自分の存在意義について考えるようになってしまう。

そんな中、泉美はコンシュマーゲーム発売のための大事なプレゼンで、作品の魅力を伝えられず大失敗。思い悩んだ末、泉美は会社を辞めることに…。

光井はそんな泉美を止めようとするが、こんなモヤモヤする感情を皆に見せたら混乱するだろうし、私はいないほうがいい。光井には会社に残ってみんなのことを守ってほしいと告げる。

「俺じゃ、君の支えにならないか?」

と食い下がる光井に、

「私たち付き合うべきじゃなかったんだと思う。私、あなたに心配ばかりかけて、何もしてあげられなかった。本当にごめんなさい」

と、別れを告げた。

急に会社を辞めると去っていった泉美を心配した航。

仕事を抜け出し泉の家を尋ねるたずねるが、そこに泉美の姿はなかった。泉美はすでに、マンションを引き払い姿を消していたのだった…。

 

つづく…

推しの王子様|最終回 ネタバレ*感想《初心》ドラマ『推しの王子様』最終回(11話)のネタバレ・感想。2021年9月23日に放送。...
【推しの王子様】ドラマ 動画1話〜無料視聴|pandora*dailymotion の配信は?ドラマ『推しの王子様』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2021年の放送で、主演は比嘉愛未。...

 

ドラマ「推しの王子様」最終回の感想

ドラマ「推しの王子様」10話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【推しの王子様】キャスト・ネタバレはコチラ

2021 秋ドラマ 46作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!