ドラマネタバレ・感想

未来への10カウント|5話 ネタバレ*感想【4人 vs 桐沢】

ドラマ「未来への10カウント」5話が、2022年5月12日(木)に放送されています。

インターハイで破れた責任を負い、桐沢はあっさりとボクシング部を去ります。

しかし、1年生部員の江戸川が誘拐され…。

このページでは、ドラマ「未来への10カウント」5話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「未来への10カウント」5話 ネタバレ

ドラマ「未来への10カウント」5話のネタバレです。

いきなりの解雇

インターハイ予選に臨んだ、松葉台高校。

ただひとり2回戦へ進出した女子部員・水野あかり(山田杏奈)も、圧倒的に格上の京明高校に破れてしまう。

京明をライバル視し、勝って名声をあげようと目論む校長の麻琴(内田有紀)は、予選の結果を知り激怒してしまう。

さっそく、桐沢(木村拓哉)にコーチ解任臨時講師の解任を宣告。

桐沢は早々に諦め、辞めることにする。希望が見えない日々の中で、ようやく得た“生き甲斐”をいとも簡単に手放そうとする桐沢。

なんとか引き留めようと、葵(満島ひかり)も部員たちも一方的に告げられたコーチ解任に憤慨する。

しかし、「人生はこんなもんだ」と、また諦めてしまう桐沢は去って行った。

葵は部員たちを鼓舞するため、元プロボクサーでもある桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)に新コーチになってほしいと依頼。

桐沢も甲斐ならと部を託すが、そんな矢先、大阪から転校してきた凄腕の1年生・西条桃介(村上虹郎)がボクシング部に入部。

彼の実力を見て「うちのエースになる!」と興奮する甲斐に、部員たちは反感を覚えてしまう。

部員たちはランニングだと称して学校を出ると、桐沢が葵の子供の相手をしている公園にやってきて「ここで教えてほしい」と懇願する。

しかし、桐沢はそれを拒否した。

桐沢の代わりの臨時講師が決まらない中、教頭の猫林(生瀬勝久)が授業を始める。

ところが、桐沢の「実務に即したわかりやすい授業」と比較され、猫林の授業は退屈過ぎると生徒たちから不満が爆発。

そんな中、真面目な1年生部員・江戸川蓮(櫻井海音)が、突然に行方不明になる。

そっくりな女性

警察も動くほどの事態になっていると知った桐沢は、心配でたまらず江戸川を探す。

ボクシング部1年の森(大朏岳優)は、江戸川が中学の先輩から連絡があったと言っていたことを思い出した。

その先輩たちは、半グレのような人物だという。

桐沢は生徒たちに、その半グレに繋がる情報を提供してほしいと依頼する。

桐沢に会えない葵は桐沢と話をするため、毎日のピザ宅配を桐沢に指名していた。

そして、江戸川に繋がる情報を得たと知り、葵の家に持ってきたピザを持って現場に向かう。

江戸川は20万の金を取られたあげく監禁されていた。そして、金がなくなった先輩たちに金を作ってくるよう言われていた。

そこに、「江戸川さんから頼まれたピザです」と桐沢がやってきた。

声を聞いてピンときた江戸川は、自分がスマホで頼んだといい受け取るため玄関に出る。

桐沢に時間を稼いでもらいなんとか外に出るが、ずっと正座させられうまく歩けず階段から落ちてしまう。

部屋にいた先輩たち4人が、物音に気づいて出てきた。

外には葵と麻琴がタクシーで待機しており、葵たちに江戸川を預けると、桐沢は4人と対峙する。もちろん瞬殺だった。

甲斐は素人を教えるのには向いていないといい、猫林も授業の不満を抑えきれない。

校長の麻琴は1年後に答えを出すよう約束させ、桐沢はコーチと臨時講師に復職。久しぶりにボクシング部の練習場へ向かう。

そこに来ていた西條に下の名前を聞くと、なかなか答えない。

西条が観念し「桃介(ももすけ)」と答えると、イメージとの違いに部員たちは一気に距離を縮めた。

桐沢がある日、昼間の宅配バイトでピザを届けに行くと、そこには死んだ妻・史織そっくりな女性(波瑠)が出てきた…。

 

つづく…

ドラマ「未来への10カウント」5話の感想

ドラマ「未来への10カウント」5話の感想です。

==

==

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【未来への10カウント】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!