ネタバレ・感想

麒麟がくる|5話 ネタバレと感想【十兵衛は命の恩人?】2/16



NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、2020年2月16日(日)に第5話が放送されました。

今回は、麒麟がくる「第5話」

・あらすじ
・ネタバレ
・感想

をまとめさせて頂きました。

伊平次役の俳優情報はコチラ

麒麟がくる|伊平次(いへいじ)役の俳優は誰?玉置玲央【モブ夫!!】ドラマ・麒麟がくる「第5話」で、伊平次(いへいじ)役の俳優は誰?玉置玲央(たまき・れお)のプロフィールと出演作品を紹介。...

 

麒麟がくる「第5話」あらすじ

麒麟がくる「第5話」のあらすじです。

◉第5話:伊平次を探せ

道三(本木雅弘)の命を受けた光秀(長谷川博己)は、鉄砲の作り方に加え、なぜ将軍家が鉄砲を大量に必要としているのか探るべく、再び京へ向かう。

腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次を探しやってきた本能寺で、将軍・足利義輝(向井 理)の護衛でやってきた三淵(谷原章介)と再会をする。

将軍家も伊平次を探しているが忽然(こつぜん)と姿を消したという。

三淵に連れられて松永(吉田鋼太郎)の元へ向かった光秀は、松永から、鉄砲の真の力とはお互いをけん制させ、戦を減らす抑止力になることであると聞く。

麒麟がくる「第5話」ネタバレ

鉄砲の作り方に加え、なぜ将軍家が鉄砲を大量に必要としているのかを探るよう、道三(本木雅弘)の命を受けた光秀(長谷川博己)。

伊平次はどこに?

伝吾から伊平次という鉄砲鍛冶の話を聞いた、光秀。

将軍家に頼まれ、鉄砲の修理をしているそうで、近江の国友村にいるとのこと。光秀は早速、近江へ向かった。

そのころ駒は、光秀のもとを訪れてたが光秀と入れ違いになっていた。母・牧に、本当は京へ戻りたくないと話す駒。

身寄りは東庵しかおらず京は戦ばかりという駒に、美濃も戦ばかりですと言う牧であった。

近江の国友村へ到着した光秀。

刀鍛冶のもとを訪れ、鉄砲の分解を依頼するが将軍家から口止めされており、口外できないと言われてしまう。

さらに、伊平次の居所についても同様に教えてもらえなかった。

その場を去ろうとしたところに、刀鍛冶の1人が光秀に声を掛けてきた。

伊平次は京の本能寺へ行けば会えるかもしれない。鉄砲づくりの腕を買われ、本能寺で養われている。

と教えてもらった。

光秀は美濃へ戻り、道三から本能寺への調査と旅の資金を申し出た。そして前回の件を踏まえ、今回は全額出してほしいと訴えた✨

光秀の生涯の盟友、藤孝との出会い

京へ到着した光秀。

京は度重なる戦火に街を焼かれ、公家や僧侶・将軍さえも逃げ出す都と化していた。

近江の足利義輝を京に戻したのは、大名・細川晴元だった。しかし、その晴元も家臣たちの内部抗争に手を焼いていた。

強力な軍事力を持った、三好長慶と松永久秀はすでに主君・晴元を脅かす存在になっており、晴元の足元も盤石ではなかった。

将軍の帰還した都は、脆く不安定な勢力に支えられていたのである。

本能寺へ到着した光秀は、村人から将軍・足利義輝が立ち寄っているとの情報を得る。

すると、光秀が背負った鉄砲を渡たせと、将軍家奉公衆・細川藤孝が話しかけてきた。断ると返答する光秀に藤孝は刀を抜いた。

「藤孝、止めい!」

13代将軍・足利義輝が馬に乗り、本能寺から出てきた。光秀が鹿島の太刀と見抜かれ、同じ流派同士は止めておけと義輝は藤孝に指示した。

そこへ、三淵藤英もやってきた。藤孝は、三淵の弟で義輝のお気に入りとのこと。

伊平次を探しにきたことを伝えると、今は行方が分からないという。そして、三淵たちも探しているがとんと見つからないという。

その後、三淵と光秀は松永久秀のもとを訪れた。

久秀は、三淵たちとともに戦に備え鉄砲を多く持とうとしていると光秀に話すと、三淵は鉄砲を多く持とうという意図はないという。

久秀は、細川晴元を相手に鉄砲を揃えを戦をしようと考えていた。しかし義輝は、細川晴元を敵だとは思っていないと答える三淵。

互いに戦にならぬよう、戦道具も兵の数も五分にする。そして互いに譲り合い、この都でともに生きてゆく道を見つけようと、こうして久秀と話し合っていると三淵は伝えた。

それでは互いに、鉄砲100丁ずつを上限に持つのはどうか?と交渉する久秀。

・そのような数合わせには同意しない。

・二度とこの都で戦をするつもりはなく、この穏やかな暮らしを長く続けたい。

と、言い残し三淵はその場を去っていった。

鉄砲を持つ本当の理由

1人残された光秀は久秀と対話することに。

そこで光秀は問うた。

鉄砲はそんなに大切なのか?戦で使えるとは思えないし、なぜ義輝が本能寺を通してまで鉄砲を集めようとしているのか?腑に落ちない。

その問いに久秀は、鉄砲の弾が弓矢や刀に倍する威力を持っていて、弾が当たれば命を失うのは周知の事実。

そして、久秀はいきなり「動くなー!!」と叫び、光秀に銃口を向けた。

「動けば撃つ!どうだー!動けるかっ!?動けまいっ!」

弓矢や槍なら交わせる。だが、鉄砲は交わせない。

銃口を向けるだけで相手の動きを封じることが出来る。弾が当たる、当たらないではない。

鉄砲の怖さをお互いが知っていれば、気楽に攻め込むことは出来ん。

敵はコチラの3倍も鉄砲を持っている、であれば戦は止めておこうとなる。戦は減るぞ。

ところが久秀は死ぬのは恐ろしい人間、そんな人間が戦を好むわけがない。

三淵と久秀が戦を好まないと聞き、美濃で戦をすると決まって後味の悪さを感じていた光秀は鉄砲の持つ意味が少し分かったようだ。

しかし、まだこの京には難題が残っており、平穏な暮らしはまだ先になりそうだと話す久秀であった。

伊平次の恩

実は伊平次の居所を突き止めているという久秀に連れられ、光秀も同行した。

そして三淵たちを出し抜きたい久秀は、定価の3割増しで払うので「20丁」作ってほしいと伊平次に頭を下げた。

売ってくれれば、伊平次専用に国友村に鍛冶場も作るという好条件を突きつける。

しかし伊平次は、しばらく鉄砲を作らないことにしていると言う。久秀に20丁作ると、今度は将軍家により多くの鉄砲を作る羽目になる。

このやり取りに巻き込まれるのが面倒だと、伊平次は言う。

すると急に光秀が伊平次のことを思い出した!と話す。伝吾の家の井戸に落ちた伊平次を、その昔、光秀が助けていたらしい。

光秀が十兵衛だと知り、態度が一変する伊平次。あのとき光秀が助けてくれなければ、自分は死んでいたと深く頭を下げた。

そして、鉄砲を組分けしてもらいイチから学ぶべく伊平次を探していたと伝えると、簡単なのでやってみますか?と言う伊平次。

近くの寺に道具が預けてあるので、伊平次が教えてくれることになった。

ひとり話に取り残されてしまった久秀は、伊平次に鉄砲20丁作らせるよう頼み込む。

今、わたしに恩を売っておけば、いずれ道三のような大名になり光秀に溢れんばかりの恩を返すと言ってきた。

頼むぞ!と言い、久秀はそそくさとその場を去っていった。

一方、東庵と駒は京へ戻ってきていた。

 

つづく

麒麟がくる「第5話」感想・次回のあらすじ

麒麟がくる「第5話」の感想です。

長谷川博己さんの撮影中の逸話です!!

細川藤孝役・眞島秀和さんからのコメントです✨

鉄砲の本当の意を、久秀役・吉田鋼太郎さんがコメントされています!

本日の麒麟絵です😌

麒麟がくる「第6話」あらすじ

第6話:三好長慶襲撃計画

将軍・足利義輝(向井 理)も列席する連歌会で、時の権力者・細川晴元(国広富之)による松永久秀(吉田鋼太郎)と三好長慶(山路和弘)の暗殺計画があることを光秀(長谷川博己)は知る。

京の町の安寧が崩れることを恐れ、光秀は館に潜入し三淵(谷原章介)と藤孝(眞島秀和)らと協力して、松永らを救うことに。

そこで傷を負った光秀は、東庵(堺 正章)の診療所へ運び込まれ、駒(門脇 麦)とひさしぶりの再会を果たす。

引用:公式サイト

 

それでは、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事麒麟がくる|ゲストキャスト・ネタバレ感想はコチラ 

関連記事
error: Content is protected !!