ドラマネタバレ・感想

妻、小学生になる|9話 ネタバレ*感想【本当にさよならしていいの?】

ドラマ「妻、小学生になる」9話が、2022年3月18日(金)に放送されました!

成仏できない貴恵の前に、再びあの女の子が現れます…。

このページでは、ドラマ「妻、小学生になる」9話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「妻、小学生になる」9話 ネタバレ

ドラマ「妻、小学生になる」9話のネタバレです。

覚えてない

万理華(毎田暖乃)に憑依した貴恵(石田ゆり子)は、圭介(堤真一)・麻衣(蒔田彩珠)・友利(神木隆之介)・千嘉(吉田羊)の前から姿を消した。

そして、もとの万理華に戻った。

万理華は千嘉に

夢を見てたのかな。夜の公園で優しい女の人に会った。

気づいたら朝になっていた。

と語り、さらに貴恵が万理華の体にいた時のことを語る万理華。

  • 誰も万理華に気づいてくれない。
  • 家に帰ると自分と同じ女の子が学校に行っていた。
  • その子は、明るくて頭がよくしっかりしてた。

万理華はその姿をみて、千嘉が欲しいのはその子だと思い戻れなかったという。

すると千嘉は「ママが欲しいのは万理華だよ」と告げ、これまで冷たくしてきたことを謝る。

涙を流して話す千嘉を見て、万理華は「泣かないで」と抱きしめる。

そして、圭介と麻衣はいつもの日常に戻った。

10年前にママは死んだ。
10年後、ママは帰ってきた。小学生の姿で。
なのに、ママはまた消えてしまった。

翌朝。

出社した圭介は、守屋らとミーティングするもボーっとしてしまう。

そんな中、貴恵は圭介のあとをつけ会社に行く。もちろん、誰にも貴恵の姿は見えていない。

宇田(田中俊介)は守屋と圭介のことを冷やかすと、守屋は思い余って「仕事中にそういう冗談やめて」と言い、シーンとしてしまう…。

貴恵は圭介に「フォローしろ!」と思うが、圭介は無言だった…。

一方、麻衣に蓮司からラインは来るも、麻衣は既読無視。

そんな麻衣に、貴恵は「ご飯食べて。そんな顔しないで」と頬に指をあてるが、麻衣には伝わらない…。

その頃、万理華は同級生のタケル(川口和空)とヒマリ(飯田晴音)に、記憶喪失だったと伝える。

タケルから告白されたことも覚えていなかった…。

なんて言えばいいの!?

友利(神木隆之介)は、寺カフェで出雲凛音(當真あみ)と待ち合わせていた。

友利は、出雲に吉原(水川かたまり)が憑依していたことを告げ、

吉原さんは成仏したかな。

最後にやりたいことをやれて幸せだったのかな。

と心配する。

そして、4月から高校生になる出雲に「出雲ちゃんならやればできる」と励ましつつ、貴恵のことを思い出していた。

貴恵は寺カフェにも出没し、マスターにだけは貴恵の姿が見え会話もできる。

しかし、中村(飯塚悟志)と弥子(小椋梨央)との会話を優先するマスターは

生きてる人が優先。とっとと成仏しなさい。

と貴恵に苦言すると、そこへ圭介がやって来た。

圭介はここ最近、毎日「寺カフェ」に来ているという…。

//

圭介は守屋と外回りに出るも、圭介に対し元気がないと心配する守屋。

そんな中、万理華と千嘉の仲睦まじい姿を見てしまい圭介は、その場から足早に立ち去る。守屋は万理華に声を掛けるが、万理華には記憶がなく

「誰ですか?」

と言われれてしまう。

圭介が帰宅すると蓮司がやって来た。麻衣と連絡がつかず心配する蓮司。

蓮司から「何かあったら話してほしい」と言われ、麻衣は「言ってもわからないと思う」と答える。

すると蓮司から、

言わなきゃわからないだろう。

俺、そんなに頼りないかな?

と言われ、麻衣は「しばらく、ひとりになりたい」と返答。

麻衣の塩対応に、蓮司は怒って帰ってしまった。

圭介は「心配してきてくれたのに…」と言うが、麻衣は

じゃあなんて言えばいいの!?

ママがまたいなくなったって言うの?

10年前、あの時、私はママと一緒に消えちゃえばよかったんだ…

と泣きだし、部屋にこもってしまった。

父から娘へ

圭介はひとり、万理華に憑依した貴恵の言葉を思い出していた。

これからだって父親でしょ!?

顔をあげなさいよ。信じてるから。

翌朝。

圭介は麻衣の朝食を作り仕事に行くも、麻衣は部屋から出てこなかった。

寺カフェに友利がやって来た。

その隣には貴恵がいて、友利は漫画の持ち込みをしたとマスターに話す。

「姉ちゃんに見て欲しいなと思って描いた」

という作品をマスターが見ると、貴恵も一緒に見せてもらっていると、貴恵の隣に吉原が現れた。

吉原は友利が心配で成仏できずにいた。友利の漫画を読み声をあげて笑う。

そして貴恵に「これで気がすみました。先に行きます」と声を掛け、吉原は消えた。

貴恵は「漫画、最高に面白かった。しっかり頑張ってね」と言い、寺カフェを出ていった。

//

万理華は、貴恵の絵を描いていた。

タケルとヒマリも「違うキャラがいた」と言い、千嘉に「あの子はいたんだよね?」と問う。

千嘉は貴恵のことを

優しくて太陽のような人。

10年前に亡くなったけど、家族にどうしても会いたくて万理華の体の中に入っちゃったの。

と説明する。

千嘉は貴恵に感謝をしていた。

その頃、圭介は麻衣の「消えちゃえばよかった」という言葉を思い出す。

スーパーで買い物をして夕飯を作るも、ご飯はいらないという麻衣に「ご飯は元気のもとだぞ」と声を掛ける。

しかし、麻衣は部屋から出てこないため、圭介はドア越しで話しかける。

圭介は、貴恵がいなくなってからの10年、自分の悲しみにひたり麻衣を巻き込んだことを謝る。

ママと一緒で、冗談が好きでちょっとしたことでもたくさん笑って。

麻衣のそんな顔を見ると周りの皆が笑顔になった。

麻衣にはそういう力があるのに。ごめんな。

本当は10年前に話し合うべきだった。

そして、

ママは小学生になってまで会いに来てくれたんだろう。

ママの気持ちを考えたら、自分が情けなくて腹が立つ。

最後までママにすがって、心配させて。だから、もうあの頃のように落ち込むのはやめようと思う。

こんな奇跡が起きたのに。ママが言ってくれたことを無駄にしたくない。

もう二度と、麻衣のことを投げ出さない。

と、約束した。

泣き崩れる貴恵

すると、麻衣はドアを開け泣きべそで「おかずは何?」と言ってきた。

二人の夕飯は、オムライスと唐揚げ。

おいしものいっぱい作ってくれたよね、いっぱい励ましてくれて、おしゃれにしてくれて。

してもらうばっかりだった。

ママに何もしてあげられなかった。

と告げた。

そんな2人をみた貴恵は、

傷つけただけだった。圭介、麻衣、さようなら。

公園で貴恵はお迎えを待つが、成仏の仕方が分からず天国へ行けずにいると、そこへ万理華がパジャマ姿で現れた。

いいの?本当にさよならしていいの?

あの時、万理華がひとりぼっちだったとき、優しくしてくれたでしょ。

私、消えちゃいたいと思ってた。でも、会いたかった。ママに、ヒマリちゃんに、タケルくんに。

だから、会いたいって思うのはわがままなんかじゃない。

会いたい、もう一度だけでいいから会いたい。

そして万理華は、泣き崩れた貴恵の頬に手を当てる。

翌朝。

元気に走る万理華。向かった先は…。

 

つづく…

妻、小学生になる|最終回 ネタバレ*結末【大切な人】ドラマ『妻、小学生になる。』最終回(10話) のネタバレ・感想。2022年3月25日に放送。...
妻小学生になる|ドラマ 動画1話〜無料視聴【見逃し配信】ドラマ『妻、小学生になる。』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2022年の放送で、主演は堤真一。...

 

ドラマ「妻、小学生になる」9話の感想

ドラマ「妻、小学生になる」9話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【妻、小学生になる。】各話のネタバレ・キャストはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!