ネタバレ・感想

BG 身辺警護人 2020|1話 ネタバレ感想【島崎警備設立】



BG 身辺警護人 2020「第1話」が、2020年6月18日(木)に放送されました!

初回放送が延期になっていましたが、ようやく1話が放送されました✨

このページでは、BG 身辺警護人 2020「1話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

人気記事BG2|キャスト・各話のネタバレはコチラ

BG 身辺警護人 2020「1話」ネタバレ

BG 身辺警護人 2020「1話」ネタバレです。

劉と桑田

国会議員・桑田の後援会パーティーを警護する島崎たち。不審者を発見し会場の外へと連れ出して事なきを得たものの、島崎が負傷する。

そんな中、島崎のもとへ刑務所に服役中の松野から手紙が届いた。

松野は元関東工科大学の講師で、3年前に研究員の「伊丹綾子」を窒息死させ事件で服役していた。

会社の方針で警護はVIPのみのため、犯罪者の警護はできないと小俣から告げられたが、島崎は面会に向かった。

松野は島崎のことを以前警護した、元サッカー選手の河野から聞いたと言う。出所後に研究室へ行きたいがマスコミも殺到すると予想し警護を依頼された。

しかし、会社の方針で依頼を受けれないと謝罪すると、島崎が断るためにわざわざ出向いてくれたことに感謝する松野だった。

その後、KICKSガードの社長・劉のもとへ出向いた島崎は、松野の警護をしたいと打診したが断られてしまう。

帰り際、桑田のパーティでの不審者を見かけた島崎。

後を追うと、地下駐車場に停まっている車に乗り、桑田の秘書から札束が入ってると思われる封筒を受け取っていた。

島崎は桑田がわざと襲わせたと察し、不審者の男性を追い真相を聞き出すと「絵描いたのは、お前んとこの社長だろ!」と言い去って行った。

その頃、桑田と会食していた劉は、支持率が上がったとお礼を言う桑田に対し「うちにも依頼の問い合わせが殺到している」と答える劉。

2人はグルで、わざと男に襲わせていた。

島崎(木村拓哉)KICKSガードを退社

島崎は劉を呼び出し、わざと男に襲わせたことを指摘した。

自分たちが体を張って警護しているのだと主張する島崎に、気に入らないなら辞めていいと告げる劉。

島崎はその場で退職すると伝え、今後警護の現場を弄ぶことがあるなら「今回のことを公にする」と言い残して去った。

翌朝、息子の瞬に会社を辞めたことを打ち明けた島崎。瞬に渡した名刺には「ボディガード・島崎章」と書かれていた…。

島崎は、個人でボディーガードの仕事を引き受けることにしたのだった。そして、先日依頼を断った「松野の警護」を引き受けることに。

出所する松野の元へ向かった島崎は、松野の弁護士から匿名の電話があったと島崎に打ち明ける。

大学へ向かう途中、松野の出所を嗅ぎつけたマスコミが追いかけてきたため、島崎の事務所で一泊することに。

その頃、島崎が辞めた理由を探るため、高梨(斎藤工)が島崎の自宅を訪れていた。

そこで息子の瞬から、島崎が個人でボディーガードをしていると知る。




ようこそ高梨(斎藤工)

松野から、3年前の事件について話しを聞く島崎。

連日の実験で南極のバクテリアを研究していたところ、それが融け始めてしまったため、伊丹に液体窒素を撒くよう指示し坂上教授を呼びに行ったという。

ところ、室内の酸素が足りなくなり窒息死してしまった「事故」だと証言。

そこへ傘を持った男が襲撃してきた、島崎が取り押さえた。さすが

取り押さえた男性は亡くなった伊丹の弟で、松野が姉のことを殺したと言い暴れていると、高梨がやってきた。

〜翌日〜

松野を大学まで送迎する車に乗り込んだ、高梨。クライアントのためだと、警護に加わることになった。

大学へ到着すると、松野を待ち構えるマスコミで寿司詰め状態になっていた。

仕方なく裏からコッソリ侵入しようとしたが、島崎は違和感を覚え松野を問い詰める。

3年前の事件の真相

わざとマスコミにリークしていたのは松野だったと分かり、そのことを島崎が問い詰めると一人で研究室に向かった松野。

教授の坂上の元に向かった松野は、伊丹を死なせたのは坂上だと言う。液体窒素を撒くよう指示したのは坂上で、研究を守るために松野が罪を被っていた。

ところが、伊丹に言いよった坂上は、公表すると言われ伊丹を殺害した。マスコミの前で全て話すよう求めると、研究室の冷凍庫に松野と島崎を入室させる。

部屋は事前にロックがかかるようにしてあると話し、汚名を着せられるくらいなら死を選ぶと言う。

そこへ異常に気づいた高梨が現れ、冷凍庫のドアを破壊し何とか脱出することができた。

その後、坂上は自ら出頭した。

 

おわり…

BG 身辺警護人 2020|2話 ネタバレ感想【島崎+高梨バディ復活!!】ドラマ・BG 身辺警護人 2020「2話」ネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年6月25日放送。...

BG 身辺警護人 2020「1話」感想

BG 身辺警護人 2020「1話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

BG 身辺警護人 2020 次回のあらすじ

「BG 身辺警護人 2020」次回のあらすじです。

私設ボディーガードになった島崎章(木村拓哉)の後を追うように、高梨雅也(斎藤工)が「KICKSガード」を辞めた!

島崎が立ち上げた個人事務所「島崎警備」に入ることに決めた、と一方的に告げてきた高梨に対し、章は一時の感情で動かないよう諭すが、高梨の決意は固く…。

その矢先、「KICKSガード」に所属する沢口正太郎(間宮祥太朗)が章のもとに、“目の不自由な天才ピアニスト”として脚光を浴びる守尾恵麻(川栄李奈)の身辺警護という大仕事を持ち込んでくる!

なんでも、恵麻の警護は最初「KICKSガード」が請け負っており、沢口と菅沼まゆ(菜々緒)が担当していたのだが、突如降りることが決定。だが、後任の警備会社が見つからないのだという。

経緯を聞いていぶかしがる章。しかし、その理由はまもなく、警護を依頼した所属事務所の代表取締役で、恵麻の実姉でもある守尾美和(谷村美月)の話から明らかになる。

なんと恵麻は、悲願の夢だった国際コンクールへの出場権をつかみ、さぁこれから…という時になって、ことあるごとに自殺行為に走るようになったというのだ!

“クライアント自身が敵”という前代未聞の案件――。だが、章は「敵から護ることには変わりない」と、毅然とした態度で警護を引き受けることに。

一瞬はためらった高梨も章に共鳴し、共に警護に乗り出す。だが肝心の恵麻は、章たちに心を開こうとせず…!?

やがて、恵麻が何者かに命を狙われる事件が発生!

しかも、章が恵麻を“誘拐”…!? 事態は次から次へと思わぬ方向へと転び…。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事BG2|キャスト・各話のネタバレはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!