ドラマネタバレ・感想

リコカツ|5話 ネタバレ*感想【ダイヤモンドメンタル・一ノ瀬】



ドラマ「リコカツ」5話が、2021年5月14日(木)に放送されました。

こうやって、くっついたり離れたりを繰り返すんでしょうね🥲

このページでは、ドラマ「リコカツ」5話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「リコカツ」5話 ネタバレ

ドラマ「リコカツ」5話のネタバレです。

咲と紘一のリスタート

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は離婚せず、もう一度最初からやり直すことにした。

ようやく夫婦らしく体を重ねようとしたが…、

紘一の母・薫(宮崎美子)が自宅に戻って来たと正(酒向芳)から連絡が入った。

咲と紘一がすぐに駆け付けると、薫は旅館で働いた給与明細(手取り14万)を正に見せ、
戻ってきたわけじゃないと正式に離婚を迫る。

薫は正から以前「今まで外で働いたことないヤツに何が出来る!」と言われ、自分だってやれば出来ると証明するためだった。

翌朝、咲は薫から、紘一のために好きな料理の作り方を教えてもらうことにしたが、父・武史から紘一と家においでとメッセージが入る。

咲が料理を習っていたため、離婚宣告された武史を気遣う紘一のみ咲の実家へ向かった。

するとそこには武史の浮気相手と思われる里奈(中田クルミ)「通称:リナっち」が、ご飯の準備をしていて、驚く紘一。

さらには、美土里から離婚届を託された貴也(高橋光臣)もやって来て、紘一・武史・貴也・里奈の4人ですき焼きを囲むことになってしまう。

その後、食事を終え外に出た紘一に、貴也から「カバンの中に書類と間違えて紛れ込んでいた」と、紘一のサイン入り離婚届を渡された。

ちょっと嬉し顔の貴也だったが、紘一は

「その件ならご心配なく!やり直すことにしたので」

と、胸を張って宣言した。

ダイヤモンドメンタル「一ノ瀬」

そんな中、紘一に異動の話が持ち上がる。

隊長の重森から、自宅と基地が離れているため、有事の際や緊急出動に支障をきたすと懸念する上層部がいて、紘一の異動を考えているという。

しかし重森からは、優秀なメディックの紘一には「このままここにいて欲しい」と切望される。

前々から言われていたが、咲のために現在の場所を住まいに選んでいた紘一は葛藤する。

帰宅した紘一はその件を咲に言い出せず、これまでの早朝4時起きを⇢午前3:30起きに変更すると告げた。

ところが翌日、首都高で渋滞に巻き込まれた紘一は訓練に間に合わず、空士長の谷を変わりに参加させた。

しかし、代わりに参加した谷が腕の骨を折るケガをしてしまい、痛烈に責任を感じた紘一。

重森からは紘一の責任ではないとフォローしてくれたが、前々から懸念されていたこともあり、今回の件で基地の近くへの引っ越しを決意する。

帰宅後、紘一は咲に「基地に近い、水戸の実家に引っ越そう」と咲に提案する。

ところが咲は、小説家・水無月連(白洲迅)から「新境地を開くような小説を書きたい」と、チャンスを与えられたばかりで気合が入っており、二人の意見は真っ向から対立してしまう…。

翌日、咲の職場に、紘一に好意をもつ隊員・一ノ瀬(田辺桃子)がやってきた💦

一ノ瀬は咲に、紘一の異動の話や部隊の後輩がケガをしたことを話し、

自分たちは同僚の命も一般市民の命も背負っている。住む世界が違うんだから、離婚すればいい。

と、言われてしまう。

咲は自宅に戻ると「仕事のことをちゃんと話してほしかった!」と、他人の一ノ瀬から聞かされたショックを紘一にブツけた。

何かを得るには、何かを犠牲にする必要があるのか

咲は小説家・水無月連(白洲迅)から、新境地を開くような小説を書く代わりに、俺の話相手になってほしいと言われ、

さらに、いつ何時でも電話に出るようにという条件を突きつけられ、咲は夜通し水無月の話相手になっていました。

紘一がすべてを咲に話そうとしたわけではありませんが、咲は水無月との電話に夢中で、紘一の呼びかけには聞く耳を持ってもらえませんでした。

咲は編集部のメンバーに、必ず水無月の小説を出版させると言ってしまい、出版が決まれば咲の株も上がると言われます。

何としても水無月の理不尽な要求に食らいつき、編集者として徹底的なサポート体制を心がけようと気合いが入っていました。

冤罪で大好きな部署を異動させられてしまい、最初にもらったデカイ仕事を成功させ見返しやろうと頑張る咲と、話したくても聞いてもらえなかった紘一。

ここで再び、埋まりかけた溝がまた開き始めました…。

紘一は水戸の実家に引っ越し、専業主婦になって自分を支えてほしいと提案。

しかし咲は、編集の仕事を捨てることは考えられないと訴えると、紘一も「自分には今の仕事以外考えられない!」と反論。

咲は「最近では、お互いの仕事を尊重して別居する夫婦だっているし、普通のことだよ!」と説得したが、紘一はそんなの夫婦じゃないと持論を押し通す。

頑固な紘一に「考えが古いんだよ!」と怒鳴り咲だったが、その後も2人の話は平行線を辿ってしまう。

結局お互いに折れることができず、どうすればいいか分からないと悩んだ紘一は離婚を決意し、咲きに署名済みの離婚届を差し出した。

咲も受け入れるしかない状態になり、署名捺印をする。

その頃、紘一の父・正も「離婚を熱望する」薫に根負けし、離婚届に署名捺印。

さらに、咲の父・武史も美土里との離婚届に署名捺印をしていた。。

 

つづく…

【リコカツ】ドラマ 動画1話〜無料視聴《見逃し配信》ドラマ『リコカツ』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2021年の放送で、主演は北川景子。...

 

ドラマ「リコカツ」5話の感想

ドラマ「リコカツ」5話の感想です。

==

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【リコカツ】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2021 秋ドラマ 46作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!