ドラマネタバレ・感想

DCU|5話 ネタバレ*感想【W流星:中林先輩との友情】

ドラマ「DCU」5話が、2022年2月20日(日)に放送されています!

新名と瀬能の極秘捜査に、公安やマトリの邪魔が入ります😣

このページでは、ドラマ「DCU」5話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「DCU」5話 ネタバレ

ドラマ「DCU」5話のネタバレです。

中林先輩の細工

瀬能(横浜流星)は、15年前の事件を再び調べ始めていた。

当時の関係者で生きているのは、瀬能と新名(阿部寛)だけ。

西野(高橋光臣)は、新名が嘘をついていると思っている以上、瀬能が記憶を取り戻すしかないという。

新名は真子(市川実日子)との結婚披露パーティを終えたが、その直後に知った成合(吉川晃司)の生存のことが頭から離れない。

そんな折、国土交通省副大臣の長男・木下裕司(三浦獠太)が海上で行方不明になり、DCUに捜索命令が出された。

隊長に復帰した新名が新しい方針で捜索すると、間もなく裕司のものとみられるゴムボートが発見。しかし、彼の姿はなかった。

裕司の行方を捜す中、瀬能は学生時代の先輩・中林(藤井流星/ジャニーズWEST)と再会する。

聞き込みに入った、サーフショップのオーナー・中林との再会を喜ぶ瀬能だったが、顧客名簿提出を求められた際に、中林が細工したことを新名は見抜いていた。

中林は提出を求めた顧客名簿から、一人の名刺をはずしていた。

新名&瀬能の作戦失敗

捜査が続く中、実は裕司が誘拐されていたという情報が入る。

副大臣秘書の日村(栁俊太郎)によれば、身代金は2億円。さらに、裕司が薬に手を出していたことも判明した。

DCUは極秘捜査に乗り出すが、厚生労働省麻薬取締部・マトリと公安からの要請で、捜査中止命令が下されてしまう。

しかし、新名は極秘捜査を続ける。

裕司は危険ドラックを手に入れるため、海上に出ていたところを狙われていた。

再度、中林の元に向かった瀬能は、記念の時計が壊れていたため修理を依頼し、併せて顧客名簿を隠したことを指摘する。

すると中林は、1枚の名刺を差し出した。立花という常連客だ。

立花は薬の仲買人で、立花を追いかけるも逃してしまう。さらにその現場をマトリに見つかり、捜査の中止を受ける。

一方、神田(趣里)は、秘密裏に裕司の監禁現場を映した脅迫動画を解析しており、動画から聞こえる汽笛の音が気になっていた。

新名は瀬能を秘書として、身代金の引き渡しに向かう。

新名が海から船にあがり、瀬能が金を持って船に入ったところ裕司は見つからず、二人は誘拐犯たちに捕まってしまう。

そして、倉庫のような場所へ連れていかれるとそこに裕司がいた。

成合のあとを追う、新名

裕司が瀬能のことを秘書ではないと言ってしまい形勢不利になるも、瀬能は主犯と思われる男を取り押さえた。

しかし、瀬能の前に捕まった新名が状態で連れてこられ、男を手放すしかない状況のなか、そこへ中林が現れる。

実は中林は黒幕で、瀬能の時計に盗聴器を仕掛けて動向を探っていた。

金を奪い、新名と瀬能を殺して逃げようと企んでいたところにマトリと公安がやってきた。

新名は盗聴されていることに気付き、秘書を通じてマトリ&公安と手を組んでいた。そして、事件は無事に解決した。

新名の過去を調べる瀬能に、西野(高橋光臣)は新名はそれほどのワルではないかもと言い出す。

それは、西野が新名から今までのいきさつを聞いたからだ。

瀬能の父はテトリストの可能性があり、成合が仲間だった可能性もあること、そして成合が生きていることも新名から教えてもらっていた。

そして、新名の情報を上げるよう言われていた早川守(春風亭昇太)にも、新名の情報を報告しないと告げていた。

新名は成合が去った跡をみつけ、慌てて追いかけるがそこにはもう誰もいなかった。

 

つづく…

DCU|6話 ネタバレ*感想【鍵と記憶】ドラマ『DCU』6話のネタバレ・感想。2022年2月27日に放送。...
DCU|ドラマ 動画1話〜無料視聴【見逃し配信】ドラマ『DCU』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2022年の放送で、主演は阿部寛。...

 

ドラマ「DCU」5話の感想

ドラマ「DCU」5話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【DCU】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!