ネタバレ・感想

絶対零度4(2020)|8話の感想ネタバレ【北見を操る人物は?】2/24



2020年2月24日(月)に、月9ドラマ「絶対零度4」第8話が放送されました。

コチラの記事では、絶対零度「8話」の

・ネタバレ
・感想
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

絶対零度「8話」ネタバレ 2/24

かつてミハンには、法で裁くことのできない犯罪者を闇に葬っていた田村薫巡査部長(平田満)という捜査員がいた。

公安部部長の曽根崎(浜田学)の話によると、その仕置人としての役割が何者かに引き継がれていると言い切る。

実際、ミハンが探知した3人の危険人物は相次いで失踪していたことがわかり、ミハンメンバーの中に連続失踪事件に関わっている人物がいると曽根崎は話す。

そこで、香坂(水野美紀)はこの失踪事件の真相を突き止めるべく動きだす。

井沢(沢村一樹)は、一連の失踪事件と元警察庁次長の町田殺しが繋がっていると考え、歩容認証システムを使って犯人を割り出す。

ミハンのデータが全削除

早速、捜査を進めるものの、何者かによっていつの間にか全てのデータが削除されていた。ミハンのデータは外部からアクセスできないハズ…。

そこで、ミハンルームへ侵入した人物を調べたところ、見張り番の吉岡の元へ北見(上杉柊平)が来ていたことが判明。

吉岡がトイレに行った隙に、北見が全てのデータを削除していた。。

しかし井沢は、犯人は北見ではなく、犯人をかばおうとしていると言う。そんな中、ミハンシステムが北見を危険人物として割り出す。

北見が出入りしていた施設を突き止めたミハンメンバー。

捜査を進めていくと全てペーパーカンパニーで、実態のない会社を通じ「トキサミシン」という化学物質を購入していたことが判明。

トキサミシンを大量に使用することで、軍用の爆弾を制作できる。北見は、東京サミットを狙ってテロを起こそうとしていた。

北見のバックは誰?

雨の中、ずぶ濡れになった北見が、加賀美の元にやってきた。加賀美の後ろから近付いた北見は、加賀美に拳銃を向ける。

加賀美は26年前、映画館で起きた無差別殺人事件について話し出す。自分がその現場にいたと言い、そこで罪を犯したと話す。

そこへ香坂たちが到着。

北見を取り押さえたあと、加賀美が開いていたパソコンには笑顔の男の子の画像があった。その画像を見て驚く香坂。

北見を取り調べた井沢は「背後にいる人間は誰なのか?」と尋ねるが、北見は黙秘。

北見が出入りしていた倉庫を捜索した井沢たちは、そこで爆弾を作った形跡を発見する。爆弾自体は既にどこかに持ち出されていると考えられた。

香坂の端末にテロに関わるデータが残されていることに気づいた井沢。香坂もそのテロに関わっていると話す…。

つづく

絶対零度「8話」感想

絶対零度「8話」の感想です。

香坂さんの自殺説がネット上では浮上しています。

仰るとおり、小田切のストーカーとテロとの関連性が謎です。。なぜ、篠田さんを殺害する必要があったのか…。

絶対零度「9話」予告・あらすじ

井沢は、香坂の過去――26年前に映画館で神経ガスを撒いて多くの死傷者を出した男が香坂の父親であること、事件の数年前に両親が離婚し、香坂は法務省の官僚と再婚した母親に引き取られたことを山内たちに打ち明ける。

実は香坂には弟がいたが、父親の凶行に巻き込まれていた。その際、香坂の弟は奇跡的に一命をとりとめたものの、激しいバッシングに絶望し自殺していた。

弟への贖罪と、殺人者の娘という十字架を背負って生きてきた香坂がテロを起こすはずがない。しかし、なぜ香坂はミハンを頼らず、一人で行ってしまったのか――!?

そのとき加賀美(柄本明)は、香坂がミハンで何かを調べていた形跡を見つける。そこには、海外の紛争地帯を渡り歩いてきた元傭兵の里谷隆一(高岩成二)らテロ実行部隊と思われる男たちの情報があった。

一方、警視庁には、副総監の指揮の下、緊急特別捜査本部が設置される。捜査員たちは、テロリストの潜伏先候補を徹底的に調べていた。

そんな中、井沢は、里谷が公安のトップしかその存在を知らない「マルトク」と呼ばれる協力者であったことを掴み、曽根崎(浜田学)のもとへと向かう……。

引用:公式サイト

絶対零度4(2020)|9話の感想ネタバレ【香坂、最初で最期のキス】3/2絶対零度「9話」ネタバレ感想と次回の予告あらすじ。2020年3月2日放送。...

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事絶対零度4|ネタバレ・キャストはコチラ 

 

関連記事
error: Content is protected !!