ネタバレ・感想

恋はつづくよどこまでも|9話 ネタバレ感想【七瀬の好きなトコ9選】3/10



2020年3月10日(火)に、火10ドラマ・恋はつづくよどこまでも「第9話」が放送。

今回は、七瀬が意識を取り戻し「涙を流した天堂先生」に、観てるコッチも涙を堪えることが出来ませんでした😢

コチラの記事では、恋はつづくよどこまでも「9話」の

・ネタバレ
・感想
・天堂が涙で語った七瀬が好きなトコ9選
・次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

9話ゲスト恋はつづくよどこまでも|七瀬の兄ちゃん役の俳優は誰?上川周作【くせが強い】 

 

恋はつづくよどこまでも「9話」ネタバレ 3/10

鹿児島の診療所に転職していた七瀬を、天堂がバックハグで迎えにきた。

その後、七瀬は天堂を家族に紹介するため2人で実家へ行くことに。

七瀬の実家に天堂が来た

佐倉家は七瀬が天堂を連れてきたことに「結婚か!めでたい!」と大盛りあがり✨

結婚については否定するものの、七瀬は「この人は私の運命なの!大事な人なの!」と家族に伝えると七瀬の兄が天堂に

「七瀬のどこが好きなのか?」

と、鹿児島弁で問いかけてきた!

すると天堂が答える前に近所の人が天堂見たさに次から次へと来てしまい、七瀬は天堂の答えを聞けなかった…。

そういえば!という表情になった七瀬は「天堂先生から好きって言ってもらったこと、ないかも…」と急に不安な表情に変わる。

その頃、流子は小早川と病院のロビーで会っていた。

流子は「この間のことなんだけど、ごめんなさい。やっぱり甘えられない。」と言うと、小早川は微笑みながら「そうか」と対応する。

そこへ現れた仁志くん。流子は「この間話した年下の彼」と紹介し、小早川は「え、仁志くんが!?」と驚いた💦

その夜、七瀬と天堂は銭湯から歩いて帰っていた。

天堂は寒がる七瀬の手を繋ぎ自分のボケットに入ると、

東京帰るぞー。

小石川先生がお前のことをかけあってくれてる。ナースステーションの皆も戻って来いって言ってる。人手不足だからいないよりはいい。

それを聞いた七瀬は「素直じゃないですね。」と嬉しそうに笑った✨

帰り道、七瀬の転職していた診療所の電気がまだついていることに気付き、二人は様子を見に向かった。

すると、倒れていた院長を発見!

すぐに院長の処置を対応し事なきを得たが、院長から「末期がん」と告げられる。

死ぬことを恐れていないと発言する院長に、七瀬は「諦めないでください。」と訴えるが、諦めたわけじゃなくて受け入れたんだ。と微笑む院長。

そして院長から

「佐倉さん、帰るべき場所があるなら帰りなさい。あなたが今学ぶべき場所はここじゃない。」

と、七瀬の復帰を後押ししてくれた。

七瀬が日浦総合病院に復帰

天堂と七瀬が実家に帰ると、ふとんが1つだけ用意しており、そこには枕が2つ並べられていた💕母の粋な計らいである。

七瀬は自分の素直な気持ちを打ち明け、天堂は七瀬にキスをしようとしたが天堂は「うん?なんかさっきから気配を感じる。」と周囲を見渡す。

七瀬がふすまの方を見ると、ふすまの隙間から家族全員が2人をのぞき見していた💦七瀬が怒ると、家族たちは戻っていった。

七瀬だけ布団に寝せて、自分は畳で寝ようとする天堂。すると、七瀬は天堂の背中にくっつき「ここがいいです。」と眠りについた。

〜上京✈〜

東京へ戻り、七瀬は翌日から日浦総合病院へ復帰することになった。そして、循環器内科の皆も暖かく迎えてくれた。

循環器内科のスタッフたちは、七瀬と天堂はとっくに一線を越えたと勘違いしていたが、七瀬は心の中で「まだ何もない…」と落ち込んだ。

////

仁志くんは流子と会っていた。

「僕は持ち家もないし貯金もすっからかんです。でも流子さんが好きです。それだけじゃだめですか。」

と伝えると、流子からは

「そういってもらえるのはすごく嬉しいけど、言葉だけじゃどうにもならない。現実は乗り越えられない。」

と本音を言われてしまった。

〜翌日〜

みおりは天堂に「やっぱり私、まだ先生のこと好きです。」と告白したが、天堂はからは

あなたが見ているのは僕ではなく、僕と一緒にいたお姉さんの方なのではないでしょうか。早く自由になった方がいい。

と告げ、その場を去った。

七瀬が倒れてしまう

七瀬は沼津(昴生)に「友達の話なんですけど、付き合ってまだ何もないって何ででしょうか?」と相談していた。

沼津は「色気がないか、すごく大事に思ってるかのどちらかじゃないか?」と返答され、七瀬は「自分には色気がないんだ…」と思い込む。

病院内で遭った天堂に七瀬は「今夜クリームパーティーしましょう!もしかしたらデザートもあるかも(*´艸`*)」と恥ずかしそうに去っていった。

天堂がナースステーションへ向かっていると、看護師たちが「魔王、意外と草食系なんじゃない!?」と盛り上がる会話を聞いてしまう。。

〜その夜🌙〜

天堂が七瀬の部屋を訪れると、大人っぽい黒のワンピ―スを着た七瀬が出迎えた💕そして、部屋も薄暗くムード満載✨

一緒に食事をしながら七瀬は天堂に話しかけるが、天堂は何も答えず黙々と食べる。そんな天堂に、七瀬はそれなりにアピールするがどれも天堂には効かない…。

すると天堂から「へたくそ。魂胆が見え見えなんだよ。」と言われ、七瀬は「やっぱり私って色気ないんでしょうか…」と落ち込む。

そんな七瀬に天堂は「お前、俺がどんだけ我慢してると思ってんだ?」と言うと、七瀬をベッドに押し倒す!!(*´艸`*)

そして天堂は「今夜は眠れると思うなよ?」と囁きながらキスを繰り返していると、急に酔っぱらった流子と沙世子が七瀬の家に乱入してきた💦

天堂と七瀬は慌てて離れた。。

あと少しだったのに(●`ε´●)by 管理人

〜翌朝☀〜

七瀬と天堂は一緒に出勤していた。

横断歩道で信号待ちしていると、クルマが猛スピードで横断歩道に突っ込んできた!七瀬と天堂は慌てて子供を突き飛ばした!

間一髪、子供たちが轢かれずに済んだが、他の通行人たちが巻き込まれてしまう。

さらに、七瀬も傷を負い頭から血が流れていたが、七瀬と天堂は負傷している他の人たちの応急処置をはじめる。

天堂は七瀬に「お前はもう休んでろと!」伝える。

しかし七瀬は「私は看護師です。先生が育ててくださった看護師です。大丈夫です。どこにも行きません。だから皆を助けましょう。」

と、引き続き救護をはじめる。

負傷者全員を無事に救急車へ搬送したタイミングで、七瀬は「良かった…」と呟いたあと、そのまま後ろに倒れそうになる。

なんとか天堂が抱き抱えたが、七瀬は気を失い何度呼びかけても七瀬は答えない。七瀬もすぐに病院へ搬送された。

手術後も七瀬の意識は戻らない。。

担当した医師から「もし他にも脳に損傷があった場合、このまま意識が戻らない可能性があります。」と、天堂は告げられてしまう。

お久しぶりです、先生

その夜、天堂は七瀬の側に付きっきりでいた。

酒井さんは眠り続ける七瀬の姿を見て、堪えきれず涙を流す。そして、酒井さんはその場にいた来生先生に、

「天堂先生は、すごいですね。全然取り乱したりしない。私は、私は、だめ。」

と泣きじゃくる酒井さんに、来生先生は「大丈夫、佐倉ちゃんなら大丈夫。」と酒井さんをいつもどおり優しく励ましてくれた。

天堂は一睡もせず七瀬に付き添いながらも、日々の仕事は完璧にこなしていた。

その姿を見つめていた、みのり。小石川は「無力だね。今まで培ってきた経験、知識、何の役にも立たない。」と話した。

〜翌朝☀〜

なかなか目を覚まさない七瀬に「いつまで寝てんだ。」と話しかける天堂。

すると七瀬の指がピクっと動き、うっすらと目を覚ました!

天堂は慌てて「佐倉、分かるか?」と声をかけると、七瀬は「先生?私、事故にあって…」と話しだした!

天堂は「そうだ、三日間意識がなかった。」と伝えると、七瀬は事故にあった人たちや患者さんたちの心配をしはじめる。

みんな無事だと聞き、七瀬は「そっか、よかった。先生、お久しぶりです。」と笑った。

天堂の涙、溢れ出す七瀬への想い

七瀬の意識が戻ったことにホッとしたのか、七瀬に背を向け、天堂は感情むき出しで涙を流しながら

  • 何事にも、一生懸命なところ。
  • どんなに怒られてもめげないころ。
  • 患者さんをよく見ているところ。
  • 人を信じすぎるところ。
  • ご両親に愛されて育ったところ。
  • 自分で色気がないと思ってるところ。
  • 酔っぱらうと変な歌うとこる。
  • ソフトクリームうまく食べられないところ。
  • 笑った顔が、誰よりもかわいい。

こんなことで良ければいくらでも言ってやるよ。好きだ。お前が、好きだ。だから、もう二度と俺の側を離れるな。

と、七瀬への想いを話した。

七瀬は「はい。」と微笑み、そして

「先生、いくらでも言ってくれるんですよね?もっとたくさん言ってください💕」

とお願いしたがもう出し尽くしたと言われる。。

つづけて七瀬は「先生、お腹が空きました。」と伝えると「ばか。」と返されたが、天堂はとても優しい表情をしていた。

大号泣(´;ω;`) by管理人

 

つづく…

恋はつづくよどこまでも「9話」感想

恋はつづくよどこまでも「9話」の感想です。

寒がっていた七瀬の手を、さりなげなく自分のポッケに入れる天堂(佐藤健)にドラマ序盤からキュンキュンです(*´艸`*)💕

キス寸止めされた七瀬!顔がすんごく近かくてまたしてもキュン死(*´艸`*)

こんな一部始終を、自分の家族全員に覗き見されてたなんて…💦

天堂(佐藤健)と未だに何もないことを焦った七瀬は、勝負ランジェリーを身にまとい天堂誘惑ぅぅ!!

そして天堂は「俺がどんだけ我慢してると思ってんだ。」と、ベッドに押し倒した七瀬にキスぅぅううう(*´艸`*)💕

天堂が語る七瀬の好きなトコ9選【動画あり】

天堂が涙ながらに語った、七瀬が好きなところ。

  • 何事にも、一生懸命なところ。
  • どんなに怒られてもめげないころ。
  • 患者さんをよく見ているところ。
  • 人を信じすぎるところ。
  • ご両親に愛されて育ったところ。
  • 自分で色気がないと思ってるところ。
  • 酔っぱらうと変な歌うとこる。
  • ソフトクリームうまく食べられないところ。
  • 笑った顔が、誰よりもかわいい。

好きだ!俺のそばを離れるな!と、初めて言ったくれた天堂の本音に、キュンキュンしていた我が家は家族全員大号泣でしたぁぁ(´;ω;`)

もしかたら、またみのりさんの時と同じことになるかもしれない。

色んな不安がよぎった中での七瀬復活に、天堂は本当に本当にホッとして、こらえていた感情が溢れ出し涙が出てしまったんだと思いました。

そして、本当に七瀬のことが好きなんだと感じ、次から次へと七瀬への想いが出てしまったんですね(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

恋つづ 次回の予告・あらすじ

出勤の準備をする佐倉七瀬(上白石萌音)と天堂浬(佐藤健)の前に突然、着物姿の流子(香里奈)と仁志琉星(渡邊圭祐)が現れる。

なんと仁志は、流子をお見合いの席から連れ去ってきたというのだ。

詳しい理由を聞いた七瀬は、天堂も避けるほどの“ドS”な父・万里(村上弘明)を説得するべく、流子と共に天堂の実家へ向かうことに。

一方で、より看護師として成長したいと考えていた七瀬は、流子や若林みおり(蓮佛美沙子)をはじめ、身近な人たちの向上心に触発され始めていた。

七瀬は、看護師長の茉莉子(平岩紙)から看護留学を勧められるが、天堂と離れたくない気持ちから踏み切れずにいて…。

引用:公式サイト

 

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事恋はつづくよどこまでも|ネタバレ・キャストはコチラ 

 

関連記事
error: Content is protected !!