ドラマネタバレ・感想

TOKYO MER|8話 ネタバレ*感想【空白の1年】



ドラマ「TOKYO MER」8話が、2021年8月22日(日)に放送されました。

喜多見チーフの空白の1年が、明らかになります。

このページでは、ドラマ「TOKYO MER」8話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「TOKYO MER」8話 ネタバレ

ドラマ「TOKYO MER」8話のネタバレです。

あなたの命令には従わない

TOKYO MER「TO1」をいつも洗車するのは、チーフの喜多見(鈴木亮平)だ。

妹の涼香(佐藤栞里)が軽く質問すると、他のメンバーは別の仕事を兼任しているので、専任の自分がやるのだという。

しかし涼香は、兄の空白の1年について心配をしていた。喜多見は公安に呼び出され、テロリストとの関係を詰問される。

喜多見は関係ないというものの、公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)は、先週の第7話終盤でエリオット・椿(城田優)から届いたメールの内容を把握しており、喜多見のことを疑っていた。

そして、涼香は喜多見の元妻である高輪(仲里依紗)に不安を打ち明ける。

その頃、八王子の病院で豪雨による停電が発生し、全ての医療機器が停止するという事態が発生!

多くの患者が死に直面するパニック状態になっているため、TOKYO MER に出動要請が入った。

現場へ向かう途中、喜多見たちMERメンバーは”空白の1年”の秘密を知ってしまった音羽尚(賀来賢人)と激しく反発する。

そして音羽は、

「そんな人に命を預けることはできない、命令には従わない」

と宣言し、MERメンバーの信頼関係に亀裂が生じてしまう…。

手術中に停電!

その後、現着すると非常電源のお陰でなんとか患者の命は繋がっていた。しかし、非常電源も残りわずかで時間は限られていた。

そこでERカーのバッテリーから電源を確保するも、すべての医療機器の電力を補うため、この状態がずっと続くわけでない。

そんな中、新たな土砂崩れが発生し、病院へ向かっていたレスキュー隊や数台の救急車が足止めを食らってしまう。この暴風雨の中では、ドクターヘリも飛ばせない。

そこで工学技士の徳丸(佐野勇斗)が、もともと病院の外に設置されている電源装置を復旧しようとするも、新たな土砂崩れの危険があり撤退命令が下る。

その頃、虫垂炎で手術中だった少女が開腹直後に停電となり、虫垂破裂で汎発性腹膜炎を発症!敗血症性ショックの誘発で命の危機に瀕するため、至急ERカーへ移動し緊急手術を行うことになった。

そこへ、さらなる災害発生の危険があるため、病院にいる患者たちをより上の階へ移すよう指令が入る。

すでに音羽が対応しており、手術を終え一命を取り留めた少女と共に上階へ移すが、ここですべての電源が途絶えてしまった。

喜多見の空白の1年

喜多見は居ても経ってもいられず、患者を救うため1人で屋外の電源装置の復旧へ向かった。そして、作業をしながら空白の1年についてメンバーに話し始める。

海外で医療活動をしていた時、銃撃を受けた日系人・エリオット椿という国際テロ組織「LP9」のメンバーが運び込まれた。

しばらくして政府の人間が椿を探しに来たが、患者である椿を守るため「ここには居ません」と嘘をついた。

その翌日、椿は病院を去った。

俺はテロリストを匿って逃した罪で逮捕され、刑務所に投獄された。

妹の涼香や元妻、そして赤塚知事の助けを受けて、どうにか1年後に出所しMERに来ました。

だから今でも、テロ組織と繋がってるじゃないかって疑われている。

MERのために隠していたと言いたいが、自分の過去がバレたら誰もついてきてくれないから、みんなに黙っていた。

ほんとに、すいませんでした。

そして喜多見は、発電機の復旧作業に成功し、病院内に電気が戻ったことで患者たちもなんとか助かった。

戻ってこいよぉぉ!

ところが今度は、喜多見と連絡が取れなくなってしまう。

さらなる災害の恐れがあるため、都庁の指令室からは外に出るな!と指示されるも、音羽は

「待ってるだけじゃ助けられない命がある」

と告げ、メンバーのみんなで喜多見のもとへ急ぐ!

喜多見は復旧を終えたあとバランスを崩して倒れ、むき出しになった太い電源コードに接触し感電していた。

音羽が懸命な心臓マッサージを施すも、喜多見は反応がなく心拍数は下がっていく。

みんなの静止を振り切り、音羽は必死の心臓マッサージを繰り返しながら

ふざんけんな!ふざけんなよ!散々無茶して、これで終わりかよ!

ふざけんなよ!戻ってこいよぉぉ!

すると、なんとか喜多見の心拍が再開した!

音羽はメンバーに、喜多見の過去を厚労省に伝えると話す。すると涼香は音羽に、事実だから話していいと告げる。

涼香は以前、「俺の過去がバレたら、音羽先生の味方になってやってくれ」と、喜多見から言われていたという。

音羽は大きな視点で医療を見ているので、理解者が居たほうがMERにとってもいいという喜多見の考えだった。

その言葉を聞き、音羽は厚生労働大臣・白金眞理子(渡辺真紀子)に喜多見の空白の一年を

重症型のデング熱に感染し、治療のため現地の病院に1年間入院していた。

と、嘘の報告を提出した。

そのころ、高輪の診察を受けていた赤塚都知事(石田ゆり子)は、急に胸を押さえその場に倒れ込んでしまった…。

 

つづく…

TOKYO MER|9話 ネタバレ*感想(音羽先生はチョコが好き)ドラマ『TOKYO MER』9話のネタバレ・感想。2021年8月29日に放送。...
TOKYO MER|ドラマ 動画の無料視聴*ディレクターズカットありドラマ『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2021年の放送で、主演は鈴木亮平。...

 

ドラマ「TOKYO MER」8話の感想

ドラマ「TOKYO MER」8話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【TOKYO MER】各話のネタバレはコチラ

2021 秋ドラマ 15作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!