ドラマネタバレ・感想

にじいろカルテ| 7話 ネタバレ*感想【また好きになってくれる?】



ドラマ「にじいろカルテ」第7話が、2021年3月4日(木)に放送されました!

雪乃と晴信は、婚礼の日を無事に迎えることができるのか…!?

このページでは、ドラマ「にじいろカルテ」7話の

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「にじいろカルテ」7話 ネタバレ

ドラマ「にじいろカルテ」7話のネタバレです。

「にじいろカルテ」7話 あらすじ

「あと、どれくらい?どれくらいしたら、私は何もわからなくなるの――?」

まだら認知症を抱える雪乃(安達祐実)は、定期健診で突如自分の年齢を答えることができなくなる。

覚悟していた瞬間がまたやってきた、と真空(高畑充希)は姿勢を正し、晴信(眞島秀和)から託されていたノートの記録を雪乃に説明する。

症状が出始めてから何も思い出せなくなるまで約10日…その事実に、不安そうに瞳を揺らしながらも平静を装う雪乃を、真空は気分転換に「一緒に往診に行きませんか」と誘う。

朔(井浦新)、太陽(北村匠海)と共ににじいろ号に乗り込み、佐和子(水野久美)の家を訪れる真空と雪乃。そこで雪乃は、1枚の婚礼写真を見つける。実は虹ノ村には、古くから伝わる“虹ノ洞穴”の伝統的な婚礼があったが、今ではウェディングドレスが人気で隣町の結婚式場で挙げることが多いのだと語る佐和子。

雪乃もその1人だったというが、結婚式の記憶がない雪乃は顔を曇らせる。

そんな雪乃の心中を察した真空は、その夜、急遽にじいろ商店に村のみんなを召集。雪乃と晴信の結婚式を提案する。最初は戸惑う晴信だったが、愛する妻の願いを叶えたいと一念発起を決意する。

途絶えていた村の伝統行事の復活に、じじーず(泉谷しげる、モト冬樹、半海一晃)や佐和子をはじめ、当人より村人たちが大張り切り。しかし雪乃は嬉しい気持ちの一方で、認知症の症状が進行していることに不安を抱き…。

タイムリミットはあと10日。

もうすぐ僕を忘れる妻に、何を残せるだろうか。

神様、あと少しだけ、時間をください――。雪乃と晴信は、婚礼の日を迎えることができるのか…!?

ねえ、また好きになってくれる?

また好きになってくれる?

晴信(眞島秀和)と雪乃(安達祐実)の結婚式を、村に伝わる「婚礼の儀式」形式でやることになり、張り切る村の老人たち。

伝統の衣装を身にまとった新郎・晴信は、神様に仕えるため、山の神社に入り10日間すごすことになった。

また、花嫁を乗せる馬は「未婚の女性が藁をまとい馬の役目をする」という風習があり、真空が結婚式当日まで雪乃の世話を担当。

//

真空は雪乃を乗せたリヤカーを引き、神社にいる晴信のもとへ食事を届けた。

また忘れてしまったら…とナーバスな雪乃に、真空は「忘れたら、また何度も結婚式やればいい」と元気づけた。

晴信に食事を届けた雪乃は「愛してくれてありがとう」と伝えると、晴信は

こちらこそ、何度も素敵な出会いをさせてもらって最高に俺は幸せです。

ありがとう。

と感謝を伝えた。

「また好きになってくれる?」

と聞く、雪乃。

元春は「何度でも。好きがどんどん増えてるよ」と、雪乃への愛を伝えた。

そして、腰のせいで歩くのを断念していた山下のおばあちゃんも、結婚式が楽しみになったとイキイキしながら歩いて診療所までやってきた。

〜結婚式前夜🌙〜

村のみんなで結婚式の準備が進む中、不安に押しつぶされそうな雪乃を真空は動画に収めていた。

そして、無事に結婚式を終えた翌日。

真空が撮影した動画を見ていた雪乃は

あなたはとっても幸せ者だよ。大丈夫、そこがあなたの居場所。

と、画面の中の自分に言い聞かせていた。

晴信は「幸せだなあ。俺は。何度も何度も君と出会えて」と、改めて多幸感に浸っていた✨

 

つづく…

にじいろカルテ| 8話 ネタバレ*感想【霧ヶ谷氏の記憶力】ドラマ『にじいろカルテ』8話のネタバレ・感想。2021年3月11日に放送。...

 

ドラマ「にじいろカルテ」7話 感想

ドラマ「にじいろカルテ」7話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【にじいろカルテ】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2021 秋ドラマ 46作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!