ドラマネタバレ・感想

にじいろカルテ| 8話 ネタバレ*感想【霧ヶ谷氏の記憶力】



ドラマ「にじいろカルテ」第8話が、2021年3月11日(木)に放送されました!

少しずつ、3人の距離が狂い始めます。

このページでは、ドラマ「にじいろカルテ」8話の

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「にじいろカルテ」8話 ネタバレ

ドラマ「にじいろカルテ」8話のネタバレです。

タケシ?

夜中、トイレに向かった太陽(北村匠海)。

トイレから出ると、リビングから物音が聞こえる。見ると真空(高畑充希)と朔(井浦新)が2人でいて恋仲だとで思った太陽。

あまりの衝撃に声を出せず、思わず診療所を飛び出してしまう!

パジャマのまま朝靄の山奥を1人で歩き続ける太陽は、真空と朔を思い出しながら、過去のいまわしい記憶がよみがえる。

ベンチに座った太陽は何もかも忘れるべく、イヤホンで大音量の音楽を聴いているうちに、眠りに落ちてしまうzzz。

そしてしばらくして目覚めると、ベンチの隣には身体が冷たくなり心肺停止になった見知らぬ男性が!

現場に駆け付ける真空と朔は、応急処置も空しく死亡が確認された。

連絡をもらった霧ケ谷(光石研)も立ち合い、診療所では警察が太陽に事情聴取を行う。

亡くなった身元不明の男性は「自分の失踪した夫では…?」と、勘繰る嵐(水野美紀)に加え、雪乃(安達祐実)や氷月(西田尚美)もやって来る。

一方、霧ケ谷は“身元不明の男”の腕にあったアザに、自らの過去を思い出し、同級生のタケシかもしれないと思っていた。

タケシは東京から来た転校生で、先生に言われ霧ケ谷は仕方なく仲良くしていた。

そしてタケシが別の場所へ転校する際、「ありがとう。友達は霧ヶ谷君だけだった。大好きだった」と言われたという。

自分に会いにタケシが戻って来たと思ったのだが、亡くなった男性はタケシではなかった。

そんな中、太陽は「自分がもう少し早く気づいていれば、彼を救えたのではないか」と自らを責め、ひとり涙していた。

ホントは5月5日

ところが、なぜか村の人たちから冷たい態度をされ不思議に思う太陽。

診療所に戻ると、またしても朔と真空が慌てた様子で見られてしまい、太陽はモヤモヤとして気持ちのまま診療所を出る。。

しかし、やはりきちんと話そうと診療所に戻った太陽。

診療所にはなぜか大勢の村人たちが集まっていたが、太陽が戻ってきたのを見るなり、慌てて隠れてしまう💦

村の人たちに気付かぬまま、太陽は昔話を始めた。

🌟 小学生の頃。

仲良し3人組だと思っていたのに、誕生日会に呼んだら二人とも来てくれなかったこと。。

🌟 中学の時。

仲良し3人組だった、自分以外の2人と同じ高校に行こうとしたら拒絶されたこと。。

🌟 高校の頃。

男子と女子と自分で仲良し3人組だと思っていたら、二人が付き合っていたこと。。

そして、真空と朔に「お願いします。一緒にいてください」と頭を下げる。

すると真空は怒り

お願いしますだなんて、頭下げる仲じゃない。

絶対に一緒にいたいと思うような仲だよ。

といい、太陽を抱きしめた。

そして朔も「絶対離してやらないからな!」と言って、太陽を抱きしめた。

実は太陽の誕生日にサプライズを考えていた村人は、太陽が全くピンときていないことを疑問に思い始めた。

実は太陽の誕生日は3月3日ではなく、5月5日だった…。

履歴書に書かれていた数字を、霧ケ谷が勘違いしていたことが原因。。

しかしパーティは盛大に行われ、太陽は村のみんなの温かさに包まれた✨✨

 

つづく…

にじいろカルテ|最終回 ネタバレ*感想【雨のあとの虹】ドラマ『にじいろカルテ』最終回(9話)のネタバレ・感想。2021年3月18日に放送。...

 

ドラマ「にじいろカルテ」8話 感想

ドラマ「にじいろカルテ」8話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【にじいろカルテ】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2021 秋ドラマ 46作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!