ネタバレ・感想

スーツ2『1話』感想・ネタバレ【お帰り鈴木先生】



2020年4月13日(月)に、SUITS/スーツ2「第1話」が放送されました。

いよいよ大輔がボストンから帰国し、パートナーの上杉もカンバックするとのことで、シーズン2にも期待です!

このページでは、SUITS/スーツ2「1話」の

  • ネタバレ
  • 次回の予告とあらすじ
  • 感想

についてご紹介します。

関連記事【スーツ2】キャスト・各話のネタバレはコチラ

SUITS/スーツ2「1話」ネタバレ・あらすじ

SUITS/スーツ2「1話」あらすじ・ネタバレです。

✅1話あらすじはコチラ

敏腕として知られる『幸村・上杉法律事務所』のパートナー弁護士・甲斐正午(織田裕二)は、代表の幸村チカ(鈴木保奈美)にも相談せず、ボストンにいたアソシエイトの鈴木大輔(中島裕翔)を突然呼び戻す。

パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)とも再会を果たした大輔は、さっそく彼女を食事に誘った。だがそこに、甲斐のライバルでもある蟹江貢(小手伸也)が現れ……。

甲斐は復帰のリハビリだと言って、大輔にある案件を任せる。それは、小説のアイデアを盗用されたと元契約社員の女性から訴えられた大手出版社の案件だった。

同じ日、甲斐は、クライアントのひとつで、ロケットや航空機の技術開発をしている『フューチャースカイ』の社長・三津谷聡(反町隆史)から呼び出される。

そこで三津谷は、新開発した無人航空機制御システムの売却をしたい、と甲斐に告げる。

全米最大の宇宙ロケット開発会社との業務提携を進めようとしている三津谷は、宇宙事業に一本化する方針を固め、新システムの売却益もそこにつぎ込む予定だという。

三津谷は、今後も顧問料を払い続けるかどうかのテストだ、といって最低売却価格を100億円に設定する。

大輔は、出版社を訴えた吉野麻帆がアルバイトをしている書店を訪れる。そこで事情を聞いた大輔は、麻帆に同情してしまい、和解交渉を進めようとする。

そんな折、思わぬ出来事が起きる。事務所の共同代表でもある上杉一志(吉田鋼太郎)の妻が病死したのだ。

かつて甲斐とチカは「上杉の弱み」を握り、事実上、彼を事務所から追い出していた。

復帰への意欲をのぞかせる上杉。それは、幸村・上杉法律事務所を揺るがす、新たな闘いの始まりだった――。

引用:公式サイト

 

鈴木先生(中島裕翔)ボストンから帰国

ニュースで、東京地検特捜部が大手法律事務所へ強制捜査に入ると報道されていた。

弁護士・甲斐正午(織田裕二)は、Bradbury(ブラッドバリー)のリーダー・ミズナ(加藤ミリヤ)の担当弁護士として契約に同行。

ミズナは全米進出を目前に控え、アメリカ大手の『アトランティス・ミュージック・グループ』と専属マネージメント契約を結ぼうとしていた。

ところが、利益の配分が当初の条件と異なっていたことが判明。

アトランティス側は、ミズナの弟の「振り込め詐欺疑惑」を報じる記事が週刊誌から出ると、半ば脅しの姿勢を取ってきた。

今回の条件に応じれば、週刊誌に出ないようにすると言われ、甲斐の指示もありミズナは渋々サインに応じた。

その後の全米進出の記者会見が行われた。

すると甲斐は、会見場で契約の白紙撤回を発表。ミズナが脅された証拠映像や脅し契約マニュアルを読み上げた。

アトランティスは自分たちが有利な利益配分になるよう、これまで何度も同じ方法で交渉を続けていた。

すぐにサインを確認したが、ミズナは「Have a good life」とサインしていた。甲斐は「脅しに屈しない」と告げ、ミズナと共に会場を後にした。

その頃、アトランティス側の弁護士・岡部(正名僕蔵)が所属する、大手法律事務所「クリスタルファーム」へ特捜部の強制捜査が入る。

弱みに付け込んだ交渉に加担してきた岡部は、御用となった。

////

甲斐は、代表の幸村チカ(鈴木保奈美)に相談もせず、ボストンにいたアソシエイトの鈴木大輔(中島裕翔)を突然呼び戻した。

大輔の初仕事は、リハビリとして最適だという盗作問題。

ベストセラー作家の最新作に、自分のアイデアを盗まれたと『柊出版』を相手に訴えを起こそうとしている案件だった。

大輔は、パラリーガルの聖澤真琴(新木優子)とも再会。

そこへ、蟹江貢(小手伸也)が現れ邪魔をされたが、聖澤さんとちゃんと話しがしたい!と彼女を食事に誘った。

////

甲斐はクライアント・三津谷聡(反町隆史)CEOを務める、ロケットや航空機の技術開発会社『フューチャースカイ』へ出向いた。

三津谷は、新開発した無人航空機制御システムの売却を急いでいた。

全米最大の宇宙ロケット開発会社「ザッカード社」との業務提携を進めるため、宇宙事業に一本化し、新システムの売却益をつぎ込む考えだ。

三津谷は、価格とスピードを重視したい、今後も顧問料を払い続けるかテストしたいという。最低売却価格は100億円に設定された。

その後、大手航空会社『新日空』の重役:竜崎慎吾(野間口徹)に売却を持ち掛けたが、100億でなく70億円と言われてしまう。

竜崎は、ライバルの航空会社名を出し競合入札をしようとしていた。

また国際航空は80億円を提示。その他にも、最高85億円の会社まで出たが、なかなか100億円には届かない。

麻帆(玉城ティナ)が盗作を訴える

大輔は、出版社を訴えた吉野麻帆(玉城ティナ)が働く書店を訪れた。

そこで大輔は「今ならなかったことにできます。」と伝えたが、真帆は退く姿勢を見せようとはしない。

真帆は以前、ベストセラー作家・桜小路 都(友近)の編集者:宮原啓子(西尾まり)に、自分のアイデアメモを見せたという。

すると大輔は、麻帆に同情の余地があると判断し、和解交渉を進めることにした。

大輔はその後、編集者の宮原のもとを訪れ、和解金の交渉を設けることになった。

////

そんな中、幸村・上杉法律事務所の共同代表・上杉一志(吉田鋼太郎)の妻が病死したの知らせが入った。

上杉は妻の看病でシーズン1を休職していたが、甲斐とチカは過去に上杉の弱みを握り、上杉を事務所から追放していた。

上杉の件をチカから聞いた甲斐は「ナンバー2では満足しないはず、戻ってくる」と警戒していた。

聖澤とディナーをしていた、大輔。

弁護士は目指さないの?と聞くと、聖澤はロースクールの試験を受けないと言う。試験恐怖症でひどくなり「今が充実しているしこのままでいい」と言う。

しかし、去年の試験の前日にボストンから電話があり「嬉しかったです。勇気づけられました。」と話してくれた。

その帰り道、大輔は思い切って聖澤に告白したが、考えさせてくださいという回答だった。。

上杉の復帰フラグ確定か?

上杉の妻の葬儀が行われ、チカや甲斐たち事務所の面々が出席。

久々に再会した上杉は、甲斐やチカに参席してくれたことに感謝を告げ、

「私は変わった、娘とも家族になれた。君たちがくれた時間に感謝しているよ」

とお礼を述べた。

そのころ、幸村・上杉法律事務所ではアイデア盗作の和解交渉が行われていたが、麻帆は応じようとしない。

原案者の名を出して欲しいと訴え、交渉は決裂した。

///

甲斐は、上杉の自宅を訪問したところ、玄関先で上杉の娘・夏美(森七菜)と出会った。

その後、上杉と話していた甲斐は、娘をネタにして

あなたが事務所を去らなければ、例の件を奥さんに話す必要があった。

あなたが戻るというなら、娘さんに例の件を話さなくてはいけない。戻らない方がいい!そうすれば誰も傷つかない。

と、復帰しないよう説得した。

////

大輔は出版社の顧問として桜小路(友近)の自宅を訪問。

ファンを装い「構想メモ見せてもらえないですか?」と投げかけた。

パソコンのパスワードを記憶した大輔は、桜小路がお茶を用意している間に、盗作疑惑本「桜の枝」の構想メモを発見した。

////

上杉が事務所を訪れていた。

戻る気はないと言っていたが、甲斐からの挑発で法廷に立っていたころのヤル気がみなぎったと語る上杉。

チカは、上杉が復帰したら弱みを狙ってくる、と無資格の弁護士・大輔を辞めさせるよう甲斐に指示する。

甲斐は渋々「これ以上、君のセコンドにつくつもりはない」と大輔に告げた。

大輔は蟹江のアシスタントに着任させる。甲斐はチカに「今、大輔を辞めさせたら蟹江は不審がるのでは?」と大輔を辞めさない作戦に出た。

////

新日空の竜崎は、またしても70億円を提示し曲げようとしない。

その後、三津谷の会社『フューチャースカイ』は、フェイクュースが報じられ評判がガタ落ちに。新システム売却の評価額も50億円まで下がってしまった。

すると三津谷は、50億円で新日空に売却すると言い出した。

甲斐は「フェイクなら対抗できるのに」と、三津屋を怪しんだ。

////

盗作問題に息づまった大輔は、聖澤の力を借りた。

すると、イギリス・ロシア・日本の小説に麻帆のアイデアがあったことを突き止め、麻帆に証拠を提示した。

真帆は盗作を否定したが、大輔は

本当は何が望みなんですか?

本当は小説家としてデビューしたいのではないですか?なら書けばいい。これは出版するという同意書です。

しかし、商業レベルに達していることが条件です。

苦しくても書くしかない、それ以外ないんです。

麻帆は「分かったわよ、書いてやるわよ」と、同意書にサインをした。

甲斐と契約するための「3つの条件」

甲斐は、大輔と三津谷のもとへ向かった。

三津谷はなぜ売却を急いでいたのか?

開発したシステムに搭載された「アルティメット・デュアル・クローラー」が、アメリカのザッカード社により、すでに特許を取得されていた。

ザッカード社と提携すれば後々知られてしまう。

これが理由だった。

甲斐は三津谷に、自分にも顧問先を選ぶ権利があると言い「あなたは不合格だ。」と告げ、その場を去ろうとした。

その去り際、甲斐は二社間の特許を共有する「クロスライセンス契約」を提案した。

ザッカード社もフューチャースカイの特許に興味を示していると、2年前に声明を発表したことを甲斐は知っていた。

三津谷は甲斐に、顧問契約の継続を依頼してきた。すると甲斐は

①:かくし事をしない
②:私のやり方に口出ししない
③:良心価格の見直し

この3つを条件に握手を交わした。

甲斐と大輔が勝利の喜びを分かち合っていた頃、上杉が事務所に復帰していた…。

 

つづく…

スーツ2『2話』ネタバレ・感想【看護師の現実】月9ドラマ『SUITS/スーツ2』2話のネタバレと感想。2020年4月20日放送。...

SUITS/スーツ2「1話」感想

SUITS/スーツ2「1話」の感想です。

初回からいきなり「ドラマスーツ」と「鈴木先生」がトレンド入りしました✨

Twitter

Twitter

そして事務所で働く女性陣、チカ・聖澤さん・アンちゃんの衣装がとても素敵だという声が非常に多く見られました😊

仕事にならないですね。あのファッションだと。。

Twitter

全話配信スーツ2|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】

 

SUITS/スーツ2 次回のあらすじ

SUITS/スーツ2「2話」のあらすじです。

甲斐(織田裕二)とチカ(鈴木保奈美)によって、『幸村・上杉法律事務所』から事実上追い出されていた共同代表の上杉(吉田鋼太郎)が復帰した。

上杉は、全スタッフの前で、節操がなく強欲だったかつての行いを詫びると、妻の死をきっかけに人を思いやることの大切さを学んだとアピールし、あっという間に彼らの心を掴む。

チカは、上杉に弱みを握られる前に大輔(中島裕翔)を解雇するよう甲斐に命じた。しかし甲斐は、大輔を辞めさせるなら自分もクビにして欲しいと返す。甲斐が辞めれば、上杉は必ずその理由を探り、無資格の弁護士を雇っていたことでチカを責めるはずだと言うのだ。

あくる朝、チカたちが事務所にやってくると、内装工事が行われていた。上杉の指示だった。その陣頭指揮をとっていたのは蟹江(小手伸也)だ。蟹江は、上杉から事務所の全案件をまとめた資料も作るよう指示されていた。蟹江からその許可を求められたチカはOKするが……。

そんな中、甲斐は、難航している東京国際記念病院と看護師組合の労使交渉をまとめるよう、チカに命じられる。東京国際記念病院は、もともと上杉が獲得したクライアントでもあった。だがチカは、重要な案件は上杉に任せない心づもりでいたのだ。

東京国際記念病院では、待遇に不満を持つ看護師たちが組合を結成し、賃上げを要求していた。それが受け入れられない場合は、内閣官房長官の心臓バイパス手術が行われる日にあわせて一部業務のストライキを行うと宣言していた。

甲斐は、大輔とともに組合をまとめる看護師長の安田佐緒里(黒木瞳)に会いに行く。かつて被災地のボランティアをまとめた手腕でも知られる佐緒里は、弁護士もつけずにたったひとりで交渉の席につく。

そこで甲斐たちは、平均5%の給与アップを提示した。

しかし佐緒里はそれを拒否し、病院側が50億円もの投資をしてAIオペシステムの導入を進めていることを理由に、15%もの賃金アップを要求。

「私たちの仕事を舐めないで」佐緒里は、甲斐たちにそう言い放ち……。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

 

関連記事【スーツ2】キャスト・各話のネタバレはコチラ

全話配信スーツ2|1話〜最新話まで全話見る【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!