ドラマネタバレ・感想

パンドラの果実|5話 ネタバレ*感想《最上の過去》

ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」5話が、2022年5月21日(土)に放送されています。

5話終盤では、小比類巻がある人物を目撃し…

このページでは、ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」5話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

関連【パンドラの果実】動画を全話⇢無料視聴はコチラ »

 

ドラマ「パンドラの果実」5話 ネタバレ

ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」5話のネタバレです。

全てを捨て去ったはず、だった…

小比類巻たち科学犯罪対策室は、女性の変死事件を捜査していた。

街中で突然倒れ失くなった女性は、倒れたとたん急速に老いてゆき、あっという間に老人の姿になっていた。

その女性は、最上(岸井ゆきの)の先輩の科学者・速水(栗山千明)だった。

平静を装う最上だったが、変わり果てた速水の姿を見て動揺する。

速水は元ウイルス研究者で、最上のかつての共同研究者だった。最上と速水は3年前に研究を中止して以来、会っていなかった。

そんな速水から、突然呼び出された最上。

柴山(三津谷葉子)からの報告で、速水は未知のウイルスに感染していたと判明。

最上と速水が共同研究していたウイルス「プロメテウス」は、

人間に火を与え、光をもたらしたとされる

ギリシャ神話の神から名付けられた。

そのウイルスを4年前に発見したことが原因で、最上は科学界から姿を消していた。

プロメテウスウイルスには老化を止める作用があったが、

  • 常温だと半日で感染力がなくなる。
  • 激しい振動を与えると一気に活性化し、気化する。

という性質があった。

やっとの思いで猿への感染に成功したが、その瞬間から猿は共食いを始めてしまう。

活性化したウイルスが莫大なエネルギーを必要とし、他の猿を単なる「獲物」と認識してしまい、そこに元の猿の姿はなかった。

最上はその現象を恐れ、研究資料をすべて焼却して封印したという。

速水は戸惑っていたが、最上はすべてを捨て去ったつもりだった。

亜美によく似た女性

そんな中、速水と同様に急激な老化で失くなった、河合(松本実)という男性の遺体が発見された。

少年・翔(中村朗仁)とマコト(宇賀山大成)に手品を見せていると、急に老化して倒れたという。

その河合は2日前、速水の研究所で停電が発生。

別の場所に運ぼうとしていた矢先に、河合は早見から保冷ケースをひったくりしていた。

河合は速水の運んでいるものが「麻薬」の一種だと思っていたが、実際の中身はプロメテウスウイルス。

一報、河合の部屋にはウイルスを運ぶチューブが破損し、ウイルスが飛散していた。しかし、チューブはあと1本ある。

監視カメラの映像から、河合が手品を見せていた少年のバックに挟まれていた!もしも破裂すれば、また悲劇が起きてしまう。

急いで少年を追いかけると、なんとかチューブを回収し二次被害を防いだ。

実は速水、最上が処分したはずのウイルス研究をずっと一人で続けていた。

そして、外部から大量のエネルギーを必要としない仕組みを作ったものの、今度はエネルギーを内部から調達する仕組みに変わっていた。

ウイルスに感染した速水も河合も、自分自身から多大なエネルギーを調達したことで、一気に老化が進行し亡くっていた。

しかし、

チューブは本当に、その2本だけだったのか?

と、いう疑問視する小比類巻。

//

その頃、何者かがチューブを冷凍保存していた…。

一方、街にいた小比類巻は、亜美(本仮屋ユイカ)とよく似た女性を見かけ驚愕する…。

 

つづく…

関連【パンドラの果実】動画を全話⇢無料視聴はコチラ »

パンドラの果実|6話 ネタバレ*感想《土間の間の幸子さん》ドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』6話のネタバレ・感想。2022年5月28日に放送。...

 

ドラマ「パンドラの果実」5話の感想

ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」5話の感想です。

==

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【パンドラの果実】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!