ドラマネタバレ・感想

元彼の遺言状|7話 ネタバレ*感想【僕は篠田じゃない…】

ドラマ「元彼の遺言状」7話が、2022年5月23日(月)に放送されています!

とある冤罪訴訟から、大企業との契約にこぎつけるかもと大喜びの麗子。

このページでは、ドラマ「元彼の遺言状」7話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

関連ドラマ「元彼の遺言状」を動画で全話⇢無料視聴したい方はコチラ »

 

ドラマ「元彼の遺言状」7話 ネタバレ

ドラマ「元彼の遺言状」7話のネタバレです。

毒入りシチュー

麗子(綾瀬はるか)は、ある事情により元上司の津々井(浅野和之)から、大手食品会社・ヒグマ食品の案件を引き継いだ。

とある事情とは、痴漢で訴えられた津々井が警察に捕まってしまったこと。

津々井は絶対にやっていないと訴えるが、自分の事務所の人間にはたとえ冤罪でもバレたくないと麗子に依頼していた。

大ハシャギの麗子のもとに、ホストの黒丑(望月望)から、自分の太客・山谷典子(高田聖子)が抱える遺産トラブルを解決してほしいと連絡が入った。

典子によると、自分の父親は財産目当てで近づいてきた後妻の女に毒を盛られたと主張し、後妻の取り分をなしにしたいという。

麗子は、死因の特定は警察の仕事だと告げ、一旦事務所に戻った。

ヒグマ食品は1兆円を超える大規模なM&Aを控えていおり、麗子はこの多額の案件に関われると大喜び。

ヒグマ食品の総務部長・武藤(谷川昭一朗)と商品開発部の木村(川島潤哉)は、麗子に1枚の紙を見せる。

それは、

5月23日、社員食堂の毒入りシチューで死人が出る。

という脅迫状だった。

麗子は一般開放もしているため、人気だと話す社員食堂の責任者・小野香澄(西山繭子)を紹介された。

香澄は、自分の仕事に大きなプライドをもつ責任者だった。

一方、津々井は逃亡の恐れがないと釈放され、暮らしの法律事務所にやってきて、麗子・篠田と3人で脅迫文について推理をはじめる。

するとそこへ、新たな脅迫状が届いたと連絡が入った。

総務部長の武藤は、その日は社員食堂を閉めるべきか相談すると、麗子は総務部長に社員食堂で働く従業員たちの出勤表を依頼した。

そこへ典子がやってきて、後妻が亡くなってしまったが、父親の実印がなくなっていると訴える。

津々井は「除籍謄本」を持っていけば手続き出来るとアドバイス。

実は後妻、実印を飲み込んだショックで亡くなっており、黒丑からの依頼は解決した。

5月23日

後日、津々井を訴えていた人物は、過去に津々井が関わった訴訟案件の関係者だった。

不当解雇されたと訴えた平井茜(三戸なつめ)たちに、次の就職先の紹介を条件に会社側にを弁護していた。

津々井は労働者を納得させたと思っていたが、実は会社は何もしておらず、津々井を恨んだ茜は痴漢の罪を着せようと訴えていた。

実情がわかった津々井は茜を告訴せず、会社側にきちんと話をすると約束し示談となった。

//

そして、脅迫文に記載された期日「5月23日」がやってきた。

結局、そのまま社員食堂はオープンし、黒丑がシチューを食べたが毒は入っていなかった。

麗子が前回来たときにシチューを作った、徳丸という従業員が無断欠勤していたが、5月23日は徳丸の母の三回忌で法事だった。

無断欠勤しなくても、社員食堂が閉まっていれば法事に行けると考えた徳丸は脅迫状を書き、他の従業員たちが徳丸に協力していた。

社員食堂を土日も開放し評判はよかったが、従業員たちに過剰な労働を強いており、基本的な休みも与えていなかった。

香澄は従業員を訴えると息巻いたが、津々井は従業員に労働実態をヒアリングすると告げ、勤務表の改ざんが発覚!

香澄は、何も言えなくなった。

//

事務所に帰ってきた麗子と篠田。

篠田は、いろいろな名前で作られた身分証を麗子に見せると、

「僕は、篠田敬太郎じゃない。僕は…殺人犯なんだ」

と、打ち明けた…。

 

つづく…

関連ドラマ「元彼の遺言状」を動画で全話⇢無料視聴したい方はコチラ »

元彼の遺言状|8話 ネタバレ*感想【本名は田中守】ドラマ『元彼の遺言状』8話のネタバレ・感想。2022年5月30日に放送。...

 

ドラマ「元彼の遺言状」7話の感想

ドラマ「元彼の遺言状」7話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【元彼の遺言状】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!