ドラマネタバレ・感想

逃亡医F|8話 ネタバレ*感想【妙子は生きている】

ドラマ「逃亡医F」8話が、2022年3月5日(土)に放送されました!

都波教授の死にうなだれる藤木。

そんな中、難病を抱えた長谷川の妻の出産が発覚し、藤木は裏切り者に対しても手を差し伸べるのでしょうか…。

このページでは、ドラマ「逃亡医F」8話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「逃亡医F」8話 ネタバレ

ドラマ「逃亡医F」8話のネタバレです。

マメノサカ

妙子(桜庭ななみ)が頼るようメッセージを残した、都波教授(酒向芳)の死に大きな衝撃を受けた藤木(成田凌)。

筋川(和田聰宏)のアパートで妙子の遺骨と対面し、2人の死にさらなる衝撃を受けたのではと、拓郎(松岡昌宏)と美香子(森七菜)は藤木を心配する。

しかし藤木は、立ち止まっている暇はないと行動を開始する。

佐々木(安田顕)との接点となる長谷川(桐山照史)から情報を探ろうと、彼の妻・浩子(大後寿々花)に会いに行くと、浩子は子供を身ごもっていた。

実は浩子は難病に侵されていて、お腹の子を助けるために長谷川は佐々木と手を組んでいたという。

一方、都波が自分のデータについて言い遺した「マメノサカ」について調べていた美香子は、それが古書店の名前だと突き止める。

古書店で都波が取り置きしていた本から、「DDSη(イータ)」の研究データと研究日誌を手に入れた藤木たち。

カセットテープに妙子が残したデータの復元に成功し、「DDSη」のデータは完全なものになった。

研究日誌を読んでいた美香子から、「DDSη」を実際に投与された“被験者”がいた可能性を指摘され、藤木は自分が一昨年に手術を受けたことを思い出す。

妙子は生きている

その時に「DDSη」が投与されていたと仮定し、

データを完全にするためには、藤木本人の身体を検証する必要がある。

と佐々木に思い込ませることができれば、彼の陰謀を暴けるかもしれない。

そして、妙子が残していた言葉は「× 会わせて」→「◯ 合わせて」だと気付き、都波のデータを合わせれば完成という意味だった。

長谷川に会いに行くと、藤木たちは「DDSη」データを長谷川に奪われてしまう。

3人はもみ合いになるが、その最中に浩子が倒れてしまう。浩子は「腹膜偽粘液腫」という難病であることがわかった。

浩子を救えるのは佐々木たちだけだと思った長谷川は、佐々木と手を組むことに。

藤木は浩子から手術してほしいと懇願され、最初はためらうものの帝都医大へ搬送し、空いている手術室でオペを始める。

そして、手術は無事に成功した。

その頃、クラブにいた烏丸(前田敦子)は誰かと電話をしていた。それは、藤木の居場所を探すためだった。

一方、長谷川は我が子を手にすると、自分が犯した罪の深さに震える。

大学を去ろうとした藤木・拓郎・美香子の前に烏丸が現れ、むりやり車に乗せる。

そして車内で3人に向かって、烏丸は「妙子は生きている」と告げた。

 

つづく…

逃亡医F|9話 ネタバレ*感想【藤木の血液】ドラマ『逃亡医F』9話のネタバレ・感想。2022年3月12日に放送。...
逃亡医F|ドラマ 動画1話〜無料視聴 + pandora*dailymotion は?ドラマ『逃亡医F』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2022年の放送で、主演は成田凌。...

 

ドラマ「逃亡医F」8話の感想

ドラマ「逃亡医F」8話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【逃亡医F】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!