ドラマネタバレ・感想

ドラゴン桜2|最終回 ネタバレ*感想【ありがとう坊主ズ】



ドラマ「ドラゴン桜2」最終回(10話)が、2021年6月27日(日)に放送しました!

良かった、一番感動したのは坊主ズの2人でした😭

このページでは、ドラマ「ドラゴン桜2」最終回(10話)の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「ドラゴン桜2」最終回 ネタバレ

ドラマ「ドラゴン桜2」最終回(10話)のネタバレです。

あの3人がやってきた

2次試験が迫る中、桜木(阿部寛)はますます厳しい状況に追い込まれていた。

学園買収には教頭の高原(及川光博)が関わり、坂本(林遣都)と米山(佐野勇斗)も加担していた。

東大合格者が5名出なければ学園買収の話も進まず、久美子(江口のりこ)は生徒に「そんなことは関係なく努力してほしい」と告げる。

共通テストで思うような点数が取れなかった藤井(鈴鹿央士)は、桜木のアドバイスで理系から文系に「文転」していたが、自分が本当にやりたいことはロボット工学を勉強したかったという。

そのためにはやはり理系に進む必要があり、例えダメでも自分がやりたいことに挑戦すると桜木に告げた。

桜木は、敢えて厳しい道を選択するのもお前の人生だと激励し、藤井の意見を尊重した。

一方、専科から離脱した瀬戸(髙橋海人)は、ラーメンを食べに来た桜木から、志望人数を考慮すると「文科II類」の方が足切り点が低いと予想し、文科II類に提案し切り替えた。

受験を目前に控え生徒たちが不安に襲われる中、桜木が生徒たちために呼んだのは

  • 奥野一郎(中尾明慶)
  • 緒方英喜(小池徹平)
  • 小林麻紀(紗栄子)

の3人たち。

東大に入った先輩3人の経験談を、専科の生徒たちは身を乗り出して聞き入った。

そして桜木は生徒たちに「受験の2日間は、自分のことだけを考えろ」と激励し送り出した。

受験当日

楓(平手友梨奈)は、両親が自分を応援してくれていると知り、前向きになって受験に臨んだ。

そして、健太(細田佳央太)はいつもの落ち着きがない動きが周りの受験生から不快に思われてしまい、受験中に落ちた消しゴムを蹴られたり、後ろから椅子を蹴られるなど嫌がらせを受けてしまう。

試験を終えた、昼休憩。

芝生の虫に夢中になっていた健太に、嫌がらせの受験生たち2人が絡んできた。その様子を見た藤井は、

「自分のことだけ考えろ」

と言われた桜木の言葉を思い出し一旦引き下がったが、やられている健太の元へ再び向かい健太をかばう。

しかし藤井は突き飛ばされた弾みで右手首を負傷してしまう。

藤井は試験官に健太が嫌がらせを受けたと伝え、何かあったらきちんと注意してほしいと訴えてくれたお陰で、健太はまた嫌がらせを受けたが試験官から注意を受け、さらにその場に張り付いていたため無事に試験に臨めた。

ところが藤井は、健太を助けたときに負傷した右手首のせいで、午後からの試験に集中できなくなってしまう。

東大2次試験の結果を待っているのは学園の関係者でけではなかった。

カッコいいよ、坊主ズ!

一方、学園買収を進めていた、前理事長・恭二郎(木場勝己)、イエーガーコーポレーションの松原(市川右團次)と梶谷(入江甚儀)、岸本弁護士(早霧せいな)、坂本智之(林遣都)、米山圭太(佐野勇斗)たち。

プロジェクトはIR関係のため、近隣住民の賛成が取り切れておらず、岸本は住民の秘密をさぐるよう坂本たちに依頼。

そんなことをすれば弁護士免許はく奪になると言う坂本に、自分では手を下さないから大丈夫よと岸本は答えていた。

//

そして、結果発表の日。

藤井は結果を見ると、足早に会場を去っていった。そして合格したのは、

小杉・健太・天野・岩崎

の4人だった。

健太はすぐに小杉に受かったことを伝えると、受験時に嫌がらせをした2人組が健太のもとへやってくる。

小杉が必死で止めようとするも振り切られ、健太は大学内の人気のない場所へと連れていかれてしまう。

2人は東大を落ちていたようで、受かった健太に腹いせで暴行しようとするも、そこへ坊主’sの2人がやってきた!

坊主’sに追い込まれた2人はビビってしまい、その場から逃げていった。

一方、瀬戸は早々に結果を知り、来年の受験ために東大を見て廻っていたと皆の前にやってくる。

自分の受験番号は桁すら違ってたと笑顔で誤魔化す瀬戸に、楓は瀬戸が「文科Ⅱ類」を受けたのに、文科Ⅲ類の結果を見たと気づく。

そして慌ててみんなで「文科II類」の発表を見に行くと、見事!瀬戸の受験番号を見つけ、専科の生徒たちは歓喜した✨

自分を誇りに思う

学校へ戻った専科の生徒たち。

遅れて到着した藤井は、

  • 不合格だったこと。
  • 両親に土下座して来年も東大を受験させてもらえるようお願いし、許しを得たこと。

をみんなの前で報告した。

そして早瀬(南沙良)も不合格だったが、コッソリ受けて合格していた、私大へ進学することにした。

すると桜木は、藤井が試験の日に負傷していたことを健太から聞かされ知っていた。

「あれほど自分のことだけに集中しろと言ったろ!」

と言われたが、藤井は健太のことを思って助けに向かった自分を誇りに思うと言い、そんな自分に興奮して試験にうまく集中出来なかったと告げた。

桜木は「来年は確実に大丈夫だ!」と、藤井を激励した。

自分の信じる道を行け!

東大合格者が5人となったことで久美子を理事長の座から引きずりおろし、プロジェクトを進められると思っていた、龍野・岸本・高原教頭(及川光博)。

ところが坂本と米山が寸前で裏切る。実は桜木の味方だった。

坂本と米山は岸本の発言を録音しており、米山が自殺未遂に追い込まれたのは桜木のせいではなく、岸本が桜木のフリをして米山に嫌がらせメールを送り付けたせいだった。

米山は岸本に対し徹底的に復讐しようとしたが、

復讐ってのは、何も生まれない。

お前は岸本と同じ人間になってほしくない。

と、桜木が止めた。

桜木の言葉に坂本も同意し、岸本がまた何かやらかせば、撮影した動画をマスコミにリークするといい米山を説得した。

それでも買収は続けるという前理事長・恭二郎(木場勝己)に、イエーガーコーポレーションの松原(市川右團次)が反対し、プロジェクトは中断されることになった。

買収を免れ、久美子は学園再建に尽くすと決意した。

その後、昔の教え子の一人・矢島勇介(山下智久)から桜木と水野にメールが届いた。

矢島もまた米山たちの後方支援を行い、桜木たちを助けていた。そして、職員室には偏差値32の高校から東大合格者が5人も出たことで問い合わせが殺到していた。

そこへ、香坂よしの(新垣結衣)が現れ、自社のシステムを使って「よしの」も桜木たちを応援していた。

そして専科の最終日。

桜木は9人の生徒たちに声をかける。そして、水野に礼を言い、みんなに向って

自分を信じて、真っすぐ突き進め!

人生を切り開け、常識を変えろ!

いいか、自分の信じる道を行け!

と激励し、桜木も龍海学園を卒業した。

 

おわり…

【ドラゴン桜2+シーズン1】ドラマ 動画を無料視聴《見逃し配信》ドラマ『ドラゴン桜2(2021)+シーズン1(2005)』見逃し動画配信を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2005年と2021年の放送で、主演は阿部寛。...

 

ドラマ「ドラゴン桜2」最終回の感想

ドラマ「ドラゴン桜2」最終回(10話)の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【ドラゴン桜2】キャスト・ネタバレはコチラ

【ドラゴン桜2+シーズン1】ドラマ 動画を無料視聴《見逃し配信》ドラマ『ドラゴン桜2(2021)+シーズン1(2005)』見逃し動画配信を1話〜最新話まで無料視聴する方法。2005年と2021年の放送で、主演は阿部寛。...

 

2021 秋ドラマ 46作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!