ネタバレ・感想

アンサングシンデレラ(ドラマ)|9話 ネタバレ感想【生きてく強さ】



アンサングシンデレラ「第9話」が、2020年9月10日(木)に放送されました!

このページでは、アンサングシンデレラ「9話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

ドラマ アンサングシンデレラ「9話」ネタバレ

アンサングシンデレラ「9話」ネタバレです。

瀬野さんの診断結果は

吐血して倒れた瀬野は救急センターに運ばれ、緊急処置を受ける。

すぐに意識を取り戻した瀬野は、みどりに「お前は早く仕事に戻れ」と指示する。

〜翌朝〜

調剤室では瀬野を心配する声が飛び交う中、瀬野はいつもどおり出勤してきた。

瀬野は「逆流性食道炎だった」と明るく告げ、スタッフの皆を安心させたが、実は肺に腫瘍がある恐れがあり精密検査を受けることになっていた。

そんな中、救急センターから呼び出しが入り、若月陽菜という女性が搬送された。

みどりと瀬野は、陽菜の所持品から大量の抗不安薬のカラを見つけた、オーバードーズを疑う。

みどりが調剤薬局に連絡し陽菜の処方歴を確認すると、やはり陽菜は複数の医療機関から処方箋を受け取り、大量に薬を手に入れていたことが判明した。

みどりとくるみは陽菜の病室に服薬指導へ向かうと、陽菜はとても反抗的な態度でカラカワれてしまう。

一方、消化器内科の畑中聡から精密検査の結果が通知され、非小細胞肺がんでステージ4とい診断された。

瀬野は畑中に

正直に教えてください。あとどのくらいでしょうか?

母親も同じような診断を受けて、三ヶ月足らずで逝きました。

と尋ねると、畑中は「三ヶ月…、そうだね…」と答えた。

陽菜がオーバードーズになった背景

その後、救急の仕事を見学するため、小野塚が瀬野のもとを訪れた。

小野塚は瀬野に

「俺、救急認定薬剤師になりたいと思っています。それだけ瀬野さんに伝えたくてきました。やっぱり救急っていいですよね。さっの瀬野さんの働いているところを見てそう思いました。」

と告げると、瀬野は「誰かの役に立てるのは最高だよ。」と噛みしめるように告げた。

////

一方、陽菜の病室には、元夫・謙介が見舞いに来ていた。

謙介はみどりに

私は彼女を一人にして逃げ出してしまったようなもの。

6歳の娘の育児を、すべて妻に任せっきりになっていた。妻が育児ノイローゼになっていることにも気付いてあげれませんでした。

と話してくれた。

瀬野は販田にギリギリまで働かせて欲しいと頼みこむと、その様子をみどりは目撃してしまう。

その日の帰り、みどりは瀬野をご飯に誘い、娘娘帝でおかゆを食べていた。

みどりは瀬野に「瀬野さん、もしも自分が重い病気になって治療しても治らないって分かったらどうしますか?」と尋ねると、瀬野は

やれるとこぎりぎりまで仕事をする。

母親がそうだったから。
母親も薬剤師だったんだ。

と答えた。

////

一方、陽菜は娘・結菜の幼い頃の動画を見ており、衝動的に大量の薬を飲もうとする。

するとそのタイミングで、謙介から結菜と一緒にお見舞いに来るとLINEが届き、結菜の写真も送られてきた。

陽菜は薬を飲むのを辞め、トイレの鏡に向かって「結菜、ママだよ」と、涙を流すのだった。

そして薬をトイレに流し、もうオーバードーズはしないと決意する。




治したくても治らない

その後、みどりが謙介と結菜を連れ陽菜の病室へ行くと、そこに陽菜の姿はなかった。

すると、隣の病室から怒声が聞こえた。

みどりが駆けつけると、隣の病室にいる患者の薬を奪って飲む陽菜の姿が。

そんな陽菜の様子を目撃した結菜は「パパ、帰ろ…。」と呟き、謙介と結菜は帰ってしまった。。

その後、陽菜は心療内科に移り、心のケアを中心に治療を行っていくことに。

そしてみどりは、オーバードーズの治療について熱心に勉強を始めていた

一方、陽菜は誰もいない調剤室に忍び込み、薬を漁っていた。そこへみどりが駆けつけ、病室に戻りましょう。と優しく声をかける。

すると陽菜はみどりにハサミを向け、「早く薬だして。もうどうなったっていい。」と脅しだした。

そこに瀬野がやって来て、陽菜は瀬野に薬を出してと頼むも、みどりは

治療放棄して、楽な方を選ばないでください。

もうどうなったっていいなんて言わないでください。本当に治らない病気の人もいるんですから!

と泣き出した。

そして瀬野も

治らない病気を抱えている患者は大勢います。

私もその一人です。

私はがんを患っていて余命三ヶ月です。私は死にます。でもあなたは治ります。あなたはもう一度再出発することができます。

だからこれからは、この葵に全てを任せてはくれませんか?

彼女は不器用で手が抜けないんですよ。今もあなたのことをずっと考えています。どうやったら無理なく薬を減らせるか。

葵は最後の最後まであなたにとことん付き合います。

私が保証します。

だから陽菜さん、もう一度薬に向き合ってくれませんか?

と訴えた。

みどりは結菜から預かっていた手紙を、陽菜に渡した。

陽菜は「分かってる、このままじゃいけないことぐらい。だけど、どうしようもないんだって。どうしようもないのよ私は」と泣きじゃくる。

そんな陽菜にみどりは「ゆっくり少しずつやっていきましょう。」と優しく語りかけ、陽菜を抱きしめた。

瀬野の延命に向け動き出す薬剤部

その後、陽菜は落ち着き眠りについた。

みどりは瀬野に

私は薬剤師です。

だから、患者さんが決めたことを尊重したいと思います。私は医者ではありませんし、無責任に瀬野さんに今すぐ治療を進めることはできません。

だけど、今までずっと育ててもらった大事な先輩には、今すぐ治療を受けて欲しいです。

瀬野さんは自分は治らないって言うけど何か方法があるかもしれません。私にそれを探させてもらえませんか。

なんとしても生きることにしがみついて欲しいんです!

と、泣きながら訴える。

瀬野は自分の病状についてみどりに説明し、

お前ならこの患者をどうする?

次の課題だよ。最後かもしれないけどな。

俺の治療と薬のことは、薬剤師の葵みどりに全て任せる。

と告げ、みどりは力強く「はい!」とうなずいた。

その後、陽菜は退院の日を迎え、結菜と笑顔で抱きしめあった。

////

一方、販田は七尾副部長に瀬野の病状を相談し、

適合条件に合致する治験薬を探して欲しいの。

あなたが頼りです、七尾副部長。

と告げ、去っていく。

一人部屋に残された七尾は、笑っていた。

 

つづく…

https://dramarcs.com/unsung20as/

ドラマ アンサングシンデレラ「9話」感想

アンサングシンデレラ「9話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

 

Twitter

Twitter

Twitter

ドラマ アンサングシンデレラ 次回のあらすじ

「アンサングシンデレラ」次回のあらすじです。

葵みどり(石原さとみ)は瀬野章吾(田中圭)の担当薬剤師となる。

瀬野の担当医師は消化器内科の畑中聡(長谷川朝晴)だ。瀬野の重複がんで問題となるのは、標準治療が確立されていない副腎がん。効果が期待できる既存薬の投与が始まるが、数週間後も改善しなかった。

みどりは副腎がんを調べるが有効な手立てが見つからない。

そんなみどりに、七尾拓(池田鉄洋)が海外に副腎がんへの有効性が認められる薬があると教える。しかし、治験薬を萬津総合病院で使用するには問題が多い。

七尾は治験薬の承認を得るための3つの関門を伝える。畑中に治験責任医師になってもらうこと、病院内の治験審査委員会の承認を得ること、何より瀬野の同意を取得すること。その全てをみどりの責任でクリアすることを条件とした。

そんな時、瀬野は救急搬送される患者を見かけて後を追う。

患者は心筋梗塞で倒れた丸岡はじめ(近藤公園)。瀬野は付き添って来た妻の彩乃(宮澤佐江)に丸岡の常用薬を医師か看護師に伝えるようアドバイス。彩乃がすぐに看護師に教えたため丸岡は難を逃れた。そして、丸岡は瀬野の隣のベッドに入院する。

みどりは瀬野への治験薬投与について薬剤部の仲間に話す。

相原くるみ(西野七瀬)は希望を抱くが、刈谷奈緒子(桜井ユキ)たちは承認へのハードルの高さに難色を示す。それでも治験の実現を目指したいと言うみどりに、刈谷は他の患者へ迷惑をかけるようなことは許さないと釘をさした。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事アンサング・シンデレラ|関連記事はコチラ

https://dramarcs.com/unsung-fod/

関連記事
error: Content is protected !!