ネタバレ・感想

M 愛すべき人がいて(ドラマ)|6話 ネタバレ感想【礼香YOSHIKIに】



ドラマ・M 愛すべき人がいて「第6話」が、2020年6月27日(土)に放送されました!

このページでは、M 愛すべき人がいて「6話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回の予告とあらすじ

についてご紹介します。

M 愛すべき人がいて(ドラマ)|原作・ネタバレ【あゆの夢】『M 愛すべき人がいて』原作・ネタバレ。あゆの親友・女優のメイは誰?...

M 愛すべき人がいて(ドラマ)「6話」ネタバレ

ドラマ・M 愛すべき人がいて「6話」ネタバレです。

アユ、マサん家へ

アルバムが大ヒットを記録し、大ブレイクを果たしたアユ(安斉かれん)とプロデューサーのマサ(三浦翔平)は、忙しい合間をぬって少しずつ愛を育んでいた。

そんな二人を見て、嫉妬に狂った礼香(田中みな実)。

A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)に、ホテルから出てきたアユとマサの密会写真を見せ、カリスマとプロデューサーの禁断の恋はご法度。

と、2人を叩き潰す作戦を提案する。

////

そんなことが裏で着々と進行していることも知らず、マサは自宅をリフォームしアユに一緒に暮らそうと提案した。

アユの部屋には、ドレスルームや簡単なレコーディングスペースも完備されていた。そしてアユからの提案で、自宅では「マサ」と呼び会話もタメ口にした。

仕事とプライベートのマサ2人を知ってる自分は幸せものだと、アユは歓喜した。

そしてプライベートでは、アユがマサの服をコーデ✨

分刻みのスケジュールで多忙な毎日を贈りながら、アユは朝食を振る舞ったり、マサがアユに曲作りを教えたり、2人は幸せな毎日を送っていた。

Axels解散

そんな中、流川(白濱亜嵐)プロデュースのダンスボーカルユニット「Axels」は大浜から解散を宣告させる。

ショックを受けながらもアユに大差をつけられた事実を受け止めるメンバーたち。

その夜、流川とバーで落ち合ったのを最後に、玉木理沙(久保田紗友)が自殺を図った。

責任を感じた流川は大浜に退職を申し出たが、マサは流川の辞表を破り捨て「逃げてんじゃねぇよ!」と告げ、

「メンバーが次の道に進むまできちんと責任とれ!」

と、厳しい言葉をブツケた。

////

歌番組の出演に、午前・午後でそれぞれ10社からのインタビュー・PV撮影、まさしく嬉しい悲鳴が続いていた。

自宅でマサと過ごしていたアユは、マサの成り上がりストーリーを聞きたいとお願いする。

時給430円で横浜のレコード店の売り上げを2倍にしたマサは、世界の音楽を揃えるお店に業態を変更した。

その店は売れに売れ、マサはオーナーに「1000万円、出してください!」と頭を下げ、出資してもらった。

その後、小さな横浜のレコード店は、巨大レコード会社「A VICTORY」に成長した。

Twitter

何度聞いても惚れ惚れするストーリーにうっとりするアユ。

2人の絆はどんどん強くなっていった。

流川、マサの元へ…

一命を取り留めた理沙の病室を、毎日毎日訪れていた流川。

そんな理沙に流川は「気づいたら理沙が俺にとって愛おしい存在になっていた。」と、プロポーズを申し込み受け入れてくれた✨

流川から報告を受けたマサも祝福。

そしてマサも流川に「アユと付き合っている、気づいたら仕事以上に大事な人になっていた」と、カミングアウトした。

Twitter

しかし、アユとマサの関係を大浜社長が知ったら何をしでかすか分からないと、危機感を募らせる流川。

そんな流川にマサは「もう一度、俺の右腕になってくれ」と告げ、流川も受け入れてくれた。

マサは「アユの最大のヒット曲をつくる」と告げ、勢いを止めずさらに加速していった。

アユ、スターへ

「アユ最大のヒット曲」を目的に、何度もサンプルを視聴していたマサたちはようやく曲を決定。

曲名はアユの提案で「Boys & Girls」に決まった✨

「Boys & Girls」は、当時の若者たちの心を鷲掴みにし、

  • オリコン1位
  • ミリオン突破
  • 紅白出場決定
  • レコード大賞

1999年、アユはすべての音楽タイトルを総なめにしカリスマへと駆け上がった。

綺羅天明はマサの努力を認めつつも

スターになれるのはほんの一握りの人だけ。

しかし、スターで居続けるのはさらに一握りの人だ。

と告げた。

許さない vs 許さない

どんどん人気になっていくに連れ、アユはファンの目に敏感になっていた。

「本当の自分」と「ファンの前で演じる自分」との境目で、これまで経験したことのないストレスを感じていた。

そんなアユに、マサは気分転換に海に行こうと誘った。

2人で話しているとマサは急に箱を取り出し、アユに指輪をプレゼントした。大喜びのアユは、マサとの愛はさらに深まった。

礼香の逆襲とマサがAベックスをクビになる

2人は自宅へ帰宅すると…誰もいないはずのマサの部屋に、バースデーケーキを持ち込んだ礼香が上がりこんでいた。

「ハッピーバースデートゥーミ〜♪」

Twitter

二人の関係を「許さなぁ〜い」と叫ぶ礼香に、マサは驚きながらも「アユになんかあったら、絶対許さねーぞ!」と叫ぶと、

「許さなぁ〜い vs 許さなぁ〜い」

「どっちの許さな〜いが勝つのかなぁ〜!?」

と、礼香は狂ったようにシンバルを叩きながら叫びまくる!!

Twitter

ところはその後、なんかお祝いって空気じゃないわねぇ〜と言い出し、再び

「ハッピーバースデートゥーミ〜♪」

と歌いながら、礼香はその場から去っていった。

////

後日、A-VICTORYの会議室にて。

大浜社長は出席者の前で、2000年のアユの売り上げが、A-VICTORYの売上全体の50%になったと発表した。

ところが歓喜するスタッフたちを前に、大浜はいきなりスクリーンの画面を切り替え、アユとマサのツーショットを写真を映し出した。

大浜から「アユとつきあっているのか?」と聞かれ、マサが認めると

この写真が世の中にでたら売り上げに響くよね?

マサ専務、君を解雇します。

しょうがないよね?

と告げられ、マサは窮地に追い込まれた…。

 

つづく…

M 愛すべき人がいて(ドラマ)|最終回 ネタバレ・結末と感想【appears の涙】ドラマ・M 愛すべき人がいて「最終回(7話)」ネタバレ・結末と感想。2020年7月4日放送。...

M 愛すべき人がいて(ドラマ)「6話」感想

ドラマ・M 愛すべき人がいて「6話」の感想です。

Twitter

デコ伝票のくだりはコチラです😌

Twitter

Twitter

アユとマサがメインのはずなのに、礼香の愛憎劇にしか見えない…。

礼香のキャラが強すぎて礼香が出てこないシーンに緊張感がなく、退屈に感じてしまうのですがそれが”敢えて”の演出なのか気になりました。

礼香みたいなヤバい女を勘違いさせて自分本意で振って、自分達だけ仕事もプライベートも上手くいくと思ってるマサの現実逃避感にはドン引きです💦

マサと思いが通じあったことでアユは頑張れているのかもしれないけど、それが礼香の言う通り大問題という弱点になることが理解できていないマサが遣り手という設定には無理があると感じました。

マサとアユが愛せないキャラなので礼香が主役ならいいのにと思っていたら、スピンオフドラマの告知があったのでやっぱり求められているのは礼香じゃん!と笑ってしまいました。

原作が話題になった時は、芸能界の裏側を暴露という感じで興味をひかれました。

一方で、ドラマ化するにはモデルがいるものだからどうしてもそのイメージに引っ張られてしまうだろうし、どうするのだろうと思っていたが、この手があったかという感じ。

この世界観、手法は、韓国ドラマにもない日本独自のものではないだと思います。

過剰な演技はウケますが、でももしかしたら、芸能界って実はこのぐらい異常な世界なのかもしれないなと、のぞき見したよう気分になれました。

【L 礼香の真実】動画の無料視聴|pandora・dailymotion の配信は?スピンオフドラマ『L 礼香の真実』動画配信を全話無料で視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?Abemaプレミアムがオススメ。...

M 愛すべき人がいて(ドラマ) 次回のあらすじ

「M 愛すべき人がいて」次回のあらすじです。

A VICTORY社長の大浜(高嶋政伸)は会議の場で、ホテルから出てくるアユ(安斉かれん)とマサ(三浦翔平)の写真が週刊誌に載るのを事前に防いだと発言。

本来ならマサは即解雇だが、その代わりに新しい巨大フェスの開発、映画事業の開発、新人の発掘と売出しという3つのビッグプロジェクトを成功させるよう指示する。

マサはアユのことを会社全体で守ることを条件に、このプロジェクトを引き受けることを決意する。

一緒に仕事ができなくなるのではないかと不安になるアユ…。

マサは「俺はお前でお前は俺だ」とアユを抱きしめ、これまでに教えた曲作りの知識を生かして、自分がいなくても周りにどんどん意見を言うようアドバイスする。

いざプロジェクトが始動すると、分刻みのスケジュールに、連日の接待…と、マサは酒を飲んで朝帰りする日々が続く。

一方アユは、マサの右腕として復活した流川翔(白濱亜嵐)のサポートで、どんどん新しいことにチャレンジし、次々とヒットを飛ばしていく。すれ違う日々の中でも、お互いを信じ、思い合う2人だが…。

久しぶりに時間が作れそうなマサとランチデートの約束をし、ウキウキするアユ。しかし、そのデートは叶わず…、謝るマサにアユは涙ながらにこれまで我慢してきた不安やいら立ちをぶつけてしまう。“仕事”のために、少しずつ引き離されていく2人――。

そんなある日、礼香(田中みな実)の「アユはマサがいない方がいい歌を作る」というセリフが胸に突き刺さったマサは、ある決意を固めて…。

自分の気持ちを押し殺し、悲しいシナリオを描き始めるマサ。

そして、そんなマサの行動を目の当たりにしたアユが、ショックのあまり姿を消してしまい…?

その後、恩師の天馬まゆみ(水野美紀)、マサが見守る中、アユはステージへ――。

さらに、アユもまたマサに最後のラブレターを送ろうと決意していて…?

アユとマサ、2人が下す決断は…? 

そして神に選ばれた歌姫・アユの運命は――?

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

 

関連記事【M 愛すべき人がいて】キャスト・各話のネタバレ

関連記事【L 礼香の真実】1話〜最新話はコチラ ※2週間無料お試しあり

関連記事
error: Content is protected !!