ネタバレ・感想

麒麟がくる|11話 ネタバレ感想【足利義輝の涙】3/29



NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、2020年3月29日(日)に第11話が放送されました。

今回は、麒麟がくる「第11話」

・あらすじ
・ネタバレ
・感想
・次回のあらすじ

をまとめさせて頂きました。

麒麟がくる|12話 ネタバレ感想【煕子、私の嫁になりませぬか?】4/5大河ドラマ「麒麟がくる」12話のネタバレと感想。2020年4月5日放送。煕子、私の嫁になりませぬか?...

 

麒麟がくる「第11話」あらすじ

麒麟がくる「第11話」のあらすじです。

第11話:将軍の涙

再び今川が尾張に攻め入り、次々と織田方の南部の領地を制圧していく。ついに非力ぶりを露呈した信秀(高橋克典)は、道三(本木雅弘)に援軍を頼むが、高政(伊藤英明)や稲葉(村田雄浩)らが尾張との和議を独断で決めた道三を糾弾しており、美濃は一枚岩ではなかった。

兵が出せない由を尾張に伝えにいく光秀(長谷川博己)。

このままでは人質同然の帰蝶(川口春奈)が犠牲になってしまうことを恐れていると、ふと信長(染谷将太)が、かつて京の将軍家の取りなしで美濃の内紛が収まった話を思い出す。

光秀は道三に将軍家への取りなしを依頼しに戻るも、金がかかると難色を示される。そこで、高政の取りなしで守護の土岐頼芸(尾美としのり)のもとを訪ねるが、道三をよく思わない頼芸はその願いを突っぱねる。

麒麟がくる「第11話」ネタバレ

天文18年11月(1549年)

尾張の織田信秀方に、人質として置かれていた三河の松平竹千代は、駿河の今川義元のもとへ送られることになった。

今川方に捕らわれていた、信秀の息子・織田信広との人質交換のため、尾張の笠寺へ両軍が集結していた。

この人質交換は、一進一退を続けていた東海の覇権争いに大きく影響するのであった。

今川軍の戦支度

尾張の末盛城では、無事にかすり傷ひとつない状態で信広を引き取ったと、信秀に報告された。

信秀は、

「我が子と思えがこそ助けはしたが、城を失うた主ならば、せめて満身創痍で帰ってくるべきものを!不甲斐ない!」

と、怒りを露わに弓を引こうとするが、左肩の古傷が原因で弓が引けなかった。

信広はあのザマで、信長は何を考えているのか分からず、信勝はまだ若い。

子供たちが頼りにならず、自分自身がこの有り様では、今川にいつ戦を攻められても勝ち目がないと嘆き、今川から目を離すな!

と、指示した。

////

一方、今川義元の城へ到着していた竹千代。

竹千代は「私は、いつ三河に返して頂けるのでしょうか?」と訪ねたところ、太原雪斎より

「まもなく我らは、三河を独す悪しき織田勢を完膚なきまでに叩きのめす所存。それまでのご辛抱じゃ。」

そして今川義元は、

「雪斎、年が明けたら戦支度じゃ。三河を救うための戦ぞ!」

と、啖呵を切った。

今川軍の侵攻に美濃は?

天文19年 夏(1550年)

今川義元は、尾張の知多半島に攻め寄せ次々と制圧。これにより、織田秀信の非力ぶりが明らかとなった。

信長と帰蝶の婚姻による「織田・斎藤の盟約」は、迫りくる今川義元の脅威に今にも崩れようとしていた。

〜美濃・稲葉山城〜

今川勢が知多に攻め込み、熱田まであとわずか。もはや、信秀には押し返す力が無いと道三に訴える高政。

ところが、道三は冷静に「まぁ、様子を見る他あるまい。」と答える。

家臣の良通は「盟約を結んだ以上、織田から頼まれれば共に今川と戦わねばならない。そのおつもりがあるのかどうか?」と道三に尋ねた。

道三は「そのつもりだが戦は1人では出来ん。各方は今川と戦う覚悟はあるのか?」と訪ねたが、田の世話に忙しく誰も動かないと良通は言う。

織田のためには誰も動かない、しかし美濃のためであれば!と良通が威勢よく声を上げると、急に笑いはじめる道三…。

「皆、さっさと村へ戻って稲刈りでもせぇ。」

と言い残し、光安と共にその場をあとにした。。

////

光安は道三から「織田がこれほどもまでに無力とはのう。」と言われ、織田の家老・平手政秀から「援軍をよこせ」と言われていたと告げる。

光安は「米は送るが、兵は送れぬ。」と言うしかないと答え、使いを出して伝えさせることになった。

使いの者は「十兵衛」と道三に決められてしまい💦平手は信長のご利益で、十兵衛は信長を知っているので丁度いい。という理由。

そして道三は「平手がその返答で不満なら、盟約を破棄して今川に乗り換えるまでじゃ。」と言い出した…。

振り回される、十兵衛

もの凄く納得いかない表情の十兵衛が、尾張の那古野城へ到着。

信長に十兵衛の到着が知らされたが、信長は皆と相撲をして盛り上がっており「あとで参る」と言い残し戻っていった💦

那古野城の一室で、利政から告げられた内容を平手政秀に伝えると、側にいた帰蝶をちらりと見ながら不服そうに部屋から出て行った。

帰蝶は「父上が裏切れば、私は磔(はりつけ)じゃ」と、不安げな様子。

十兵衛も、どうしたら良いかと考えていたところに信長が現れた。信長は、今回の戦では兵が集まらないだろうと考えていた。

そこで信長は「今川義元に和議を結ぶ様、持ちかけるしかないのではないか。」と考え、そうなると仲介役が必要だと話す。

以前、美濃で土岐頼芸と土岐頼純が争った時、京の将軍家が執り成してくれた事を十兵衛が話した。

すると帰蝶は「以前、将軍の側近と十兵衛が親しくなったと聞いたが、その者を頼ってみてはどうか?」と十兵衛に提案する。

信長と帰蝶から頼まれた十兵衛は、引き受けるしかなかった。。

麒麟がくる道は遠い

稲葉山城へ戻った十兵衛は、利政に帰蝶と信長からの依頼を報告した。

しかし利政からは「金がかかる。自分はびた一文出さない。」と反対された十兵衛は、直接、頼芸に頼みに行くしかないと思い、高政に頼芸との面会を頼む事にした。

利政が原因なのに、頼芸に頼みに行かなければいけない。という事態に難色を示す高政だったが、

「高政の頼みは何でも聞く」

という条件を飲んだ十兵衛は、頼芸に会えることになった。

頼芸と面会した十兵衛は、織田と今川の戦について、将軍家に和議のとりなしをお願いして欲しいと頼んだ。

しかし頼芸は、

「利政が私を美濃から追い出し、自分が守護の座につこうとしていると聞いている。そんな利政の為に金を出す必要があるのか?」

と、高政に訴える。

「もしそんな事があれば、利政を討ってでも頼芸を守る。」

と、言う高政の返答を聞いて、頼芸は将軍への文と金を用意した。京では当主の細川晴元に不満を持っていた家臣の三好長慶が、下剋上を果たしていた。

将軍・足利義輝も巻き込まれ、都落ちし側近たちと共に近江へ逃げ込んでいた。

そこで十兵衛は、義輝に会うべく近江へ向かったが、途中の宿で「入り口を固めている三好軍に追い返されるだろう」と耳にし、困り果てていた。

するとその宿で、十兵衛の前に一人の男が現れた。その男は細川藤孝だった。十兵衛は、藤孝に「なんとか義輝に会うことは出来ないか?」と相談した。

そこで藤孝は、まずは朽木へ案内すると言う。義輝は朽木に隠れていた。

朽木へ着いた十兵衛は、義輝と面会する事が出来た。義輝は、以前十兵衛が自分に訴えた言葉を思い出しながら、その言葉を繰り返した。

そして、その十兵衛の言葉で救われてきた。と言った。

さらに義輝は

「穏やかな世を作れる者だけが連れてこられるという麒麟という不思議な生き物がいる。」

「それを自分は、まだ連れてくる事が出来ぬ。無念じゃ。」

と十兵衛に語り、涙をこぼした。

こうして義輝は、今川・織田の両者に和議を命じる為の遣いを出すと言い、仲立ちを了承ししてくれた。

そして最後に、義輝はこう呟いた。

「麒麟が来る道は遠いのぅ。」

その言葉を心に抱きつつ、十兵衛は美濃へ戻って行った。

 

つづく

麒麟がくる「第11話」感想・次回のあらすじ

麒麟がくる「第11話」の感想です。

まずは演者の皆さんです。

つづいて、視聴者の皆さまです。

十兵衛のおつかい多すぎ問題。。

麒麟がくる:次回のあらすじ

第12話:十兵衛の嫁

織田と今川は和議を結ぶが、三河の拠点を制圧され、もはや今川の勢力は尾張の目前まで迫っていた。

自分の命がもう短いことを悟った信秀(高橋克典)は、信長(染谷将太)らを集めて織田家のこれからを話し合う会議を開く。

そこで待っていたのは、重要拠点の末盛城を、有力家臣と共に信長の弟・信勝(木村 了)に委ねるという言葉だった。失望で怒り狂う信長。その姿を見て、帰蝶(川口春奈)は病床の信秀を訪ね、今回の判断の真意を聞き出そうとする。

一方、美濃では、光秀(長谷川博己)が熙子(木村文乃)を妻に迎え、祝福ムードに包まれていた。

引用:公式サイト

 

それでは、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事麒麟がくる|ゲストキャスト・ネタバレ感想はコチラ 

関連記事
error: Content is protected !!