ネタバレ・感想

グランメゾン東京|3話 ネタバレ感想【尾花 vs 峰岸】



TBS日曜ドラマ・グランメゾン東京『3話』が、2019年11月3日(日)に放送されました!

今回は、グランメゾン東京『3話』

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてまとめています。

グランメゾン東京『3話』ネタバレ

グランメゾン東京『3話』ネタバレです。

相沢が合流!

尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)は「グランメゾン東京」のメインディッシュとなる肉料理を開発していました。

アルバイトの芹田(寛一郎)は、人参を5mm角に切る練習中でしたが、居眠りをしてしまいます💦

休日なしで毎日3時間睡眠が続いていた為、倫子は芹田を帰らせます。

尾花は「すべて賭けないと良い料理なんて作れない」と怒鳴っていると、京野とフードライターの栞菜(中村アン)が来ました。

ジビエを使ったコンクールがあると紹介されます。

国産ジビエを普及させたい農水省とグルメ雑誌「マリ・クレールダイニング」のコラボ企画で、 コンテストの優勝者はレストラン名と料理が雑誌に掲載されるとのこと。

パリにいる編集長「リンダ(冨永愛)」から参加店の選定を任されたようです。

そして、丹後(尾上菊之助)率いる「gaku」も参加することに。

食材探しをしていると、「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)が経営する「オフィス・イーツ」が、鹿肉の上質なロースばかりを市場から買い占めていました。

鹿肉の質を下げ入手できたものの、うまくいきません。

コンテストに入賞するには、やはり上質な鹿肉を手に入れるしかないのか…。

そこで「500円で三ツ星の料理が作れる」という料理本を出していた、相沢(及川光博)へ相談。

倫子は「アメリーとの時間は確保する」と約束し、京野と共に再び頭を下げます。

相沢の母(木野花)からも

ここまで人に必要とされることなんてそうそうないわよ、アメリのことなら、お弁当作ったり私も協力するから。

と提案されます。

相沢は、2ヶ月限定で店を手伝ってくれることになりました✨

尾花(木村拓哉)伝説のジビエ猟師「峰岸」のもとへ

伝説のジビエ猟師「峰岸剛志(石丸幹二)」の存在を相沢から聞かされた尾花と倫子は、静岡県浜松市へ。

しかし、峰岸からは「一見(いちげん)さんはお断りだ!」と門前払いに。

そこに尾花から、

本当に世界一なんですか?

世界中の一流ジビエと食べ比べたことあります?

と吹っ掛けたところ、尾花の作戦が成功!

「そこまで言われて黙ってられるか!」と、峰岸がジビエ料理を振る舞うことに!

ジビエ料理を食べた倫子は「信じられない!こんな臭みのないジビエ料理があるなんて。」と感動します。

さらに尾花も、あまりの美味しさに手を仰ぎます。

作業をする峰岸のもとへ向かうと尾花は謝罪し、あんなジビエ料理たべたことがないと伝えました。

そして尾花は「それワナですか?」と尋ねると、峰岸の捕獲方法は、

猟銃ではなく罠で生け捕りにし、厨房で血抜きをする。

だから、峰岸のジビエ料理には臭みがありませんでした。

峰岸からは

俺たちは命を頂いているんだ。

自分たちの都合だけで肉を欲しがるようなヤツに、俺のジビエは譲れない。

帰れ!

と、一蹴されてしまいます。

すると「峰岸さんより美味いジビエを作れれば譲ってもらえますか?」という尾花からの提案に、

「なめんなよ、こっちは30年やってんだ!ふざけんなよ、出てけ!」

と、追い返されてしまう。。

自分を信じられないシェフは、絶対に星はとれない

祥平(玉森裕太)が、「グランメゾン東京」を訪問しました。

京野は祥平に、

  • ジビエコンクールで、丹後と尾花が真剣勝負する。
  • しかし、グランメゾン東京は「gaku」の妨害に合い、新鮮な鹿肉が入手できず困っている。

と伝えました。

京野は祥平から紹介されたツテを頼り、フレッシュな鹿のモモ肉を入手。

ロースに比べ硬いモモ肉ですが、丁寧に筋を取り除けばなんとかなる。と、コンクールに向けジビエ料理の開発がスタート。

調理方法は、

  • 炭火
  • ロティ
  • コンフィ
  • 真空調理
  • 低温調理

など、さまざまな調理法を試し、最終的に「低温調理」に決定。

次はソース。

鹿肉の余ったすじ肉でコンソメを作りたい、と尾花から提案があり、コンソメスープづくりがスタート。

相沢も駆けつけけコンソメスープ作りに苦戦していると、倫子は調理場を抜け出します。

京野が声を掛けると、

「2人を見ていると自分に才能ないとかじゃなく、そもそも努力が不足している」

と気づいた倫子。

「圧倒されたがむしろ「やる気」が出る」という反面、アメリを寝かしつけ、またレストランに来てもらっている相沢に責任を感じていた倫子…。

すると京野からは、

「部下の家庭のことより、今、一番大事な仕事は料理の完成」

だと告げ、出来るかな…と心配する倫子に、

「これだけは言えます。自分を信じられないシェフは絶対に星は取れない。」

とアドバイスし、倫子は再び前を向き進むことにしました✨

倫子はすぐに厨房へ戻り「ポワブラードソースはどうかな?」と提案。

ポワブラードソースは相沢がすでに自宅で試しており、上手くいかなかったようですが、尾花は「血」と「コンソメ」のコラボに乗り気に。

峰岸から新鮮な鹿の血を入手し、コンソメと合わせたソース作りに成功✨

しかし問題は火入れ。

尾花の感覚だけが頼りだと不安な倫子でしたが、それでも尾花は背中を押し、倫子とともに練習をはじめました。

第4回「国際ジビエ フランス料理コンクール」当日。

コンクール当日になって、尾花が来ないという問題が発生。

覚悟を決め、火入れは倫子が担当することに。実はそのころ、尾花は峰岸のもとを訪ねていました。

尾花「審査してもらっていいですか。俺たちのメインディッシュ!」

////

コンクールでは、倫子たちの試食がスタート。

出した料理は「本州鹿の内モモのロティとコンソメ」という珍しい組み合わせに、

こんな深い色のコンソメは見たことがない。

美味しい!

と、審査員からの評価も上々でした✨

////

一方、峰岸も同じ料理を食べていました。

コンソメソースに、ジビエの血が使われていることを見抜いた峰岸。

血液は卵白と同じタンパク質でアクを吸着する。その血のおかげで、野生味のある仕上がりになったと説明。

峰岸は「あんたら、コンテストに勝ちたかっただけだろ。なんでこんな面倒なことした?」と聞かれ、尾花はこう答えました。

恥ずかしいんですけど、峰岸さんの料理を食べた時に改めて教えられたんです。

生きとし生けるもの、頂いた命を余すことなく美味しくいただく。そのために料理人がいるんだって。

俺たちは、料理人として当たり前のことをしただけです。

峰岸は「バカうめえなこりゃ。うめえよ、うめえ!」と言い、完食してくれました。

そのころコンクールでは、「gaku」が創作したジビエ料理「麹漬けの鹿肉のタルタル 生セップ茸とヘーゼルナッツ」が出され、コチラも審査員が絶賛!

そして、審査結果。

優勝は「gaku」に決まり、一同は大喜びしました✨

////

gakuにて。

優勝した「gaku」のジビエ料理が、パリのマリ・クレールダイニングに掲載されると栞菜から報告を受けた丹後。

しかし栞奈(中村アン)からは、

フレッシュなロース肉の流通量が極端に減り、他のお店はなかなかいいお肉が手に入らなかったようですね?

そんな中、最高級のロースを手に入れたのは、やはり!丹後シェフの実力だと思います!

と評価された、丹後(尾上菊之助)。

審査員長が「gaku」を訪れていたことを不審に感じた丹後は、江藤(手塚とおる)を問い詰めます。

私は店のためだったら何だってします。票集めのロビー活動をしただけです、当然でしょう?

星はシェフやなく、店につくんや。

あらゆる手立てを使って、gakuという店を引っ張り上げるのが私の仕事や。

と江藤に言われ、怒りを抑えきれない丹後でした…。

祥平を追って

そのころ、京野はお礼にと

「鹿肉のロースト」
「コンソメスープ」

を、祥平に振る舞いました。

厨房で試食した祥平は、感動が止まりません。

そこに、パティシエの松井(吉谷彩子)も加わり、味の素晴らしさに絶賛していると、2人のようすを入口からをコッソリ見る人影が…。

祥平の婚約者「蛯名美優(朝倉あき)」でした。

////

一方「グランメゾン東京」では、コンクールの敗北でどんよりとした雰囲気に…。

すると尾花が戻ってきて、峰岸も一緒に来店!

今後、ジビエ・キノコ・山菜などの仕入れは、全て峰岸から行うことに決定✨✨

「俺の取ってきた命を、最高の料理にしてほしい!」という峰岸に、「必ず美味しくします!」固い握手を交わす尾花。

グランメゾン東京のスタッフたちは大喜びでした✨

そうして約一ヶ月の試行錯誤を経て、「グランメゾン東京」のコースメニューが完成しました。

コースメニュー10品は以下のとおり。

~Amuse~
①:ジロール茸とひもどうがらしのサブレ

~Entree~

②:山羊乳のバヴァロア
③:茄子と白レバーのプレッセ
④:モンサンミシェルのムール貝 -冷静スープ-
⑤:きのことホッキ貝のヴォル・オ・ヴァン
⑥:牛の胃袋のグリエ

~Poisson~
⑦:雲丹のグラディネ

~Viande~
⑧:本州鹿ロースと血液を使ったコンソメ

~Dessert~

⑨:メレンゲのアイスクリーム
⑩:モンブラン

そして相沢は約束どおり、メニュー開発が終わったため退職しました。

尾花の元カノが登場。

アメリーを迎えにいった相沢。

店の手伝いはもう終わったよと伝えると「お弁当はもう食べれないの?」とアメリー。

話を聞くと、アメリーのお弁当を作っていたのは「尾花」だったと知った相沢。幼稚園でも大人気のキャラ弁だったようで、アメリーは美味しかったと話します。

その件がキッカケとなり、相沢はグランメゾン東京に戻ってきました。

倫子は「相沢さんを正式にこの店に迎え入れましょう!三ツ星を獲るのに、相沢さんは絶対に必要な存在です!」と皆に報告。

ただし、アメリの迎えを前提に。つづけて倫子は、

・仕事にすべて捧げるだけではなく、協力し合いましょう。

・自分の家族や店の仲間を幸せにできないような人が、お客さんを幸せにできるわけありませんよ。

・相沢さんが定時で帰ったら店が回らない?言っとくけど、自信のないシェフに、星は取れないわよ!

と、尾花に吹っかけまくりの倫子✨

「オーナーシェフはあんただし、好きにすれば!」と、怒りを抑えつつ返答する尾花でした💦💦

「最高のチームになるかもしれないな。」そう未来を見据えた京野でした✨

////

そのころ、仕事を終えたパティシエ「松井萌絵」がロッカーを開けると、取っ手に画びょうが…💦

一体、だれが…。

////

一方、グランメゾン東京に、部門シェフとして柿谷光(大貫勇輔)も加わりました。

そこへ、栞菜と一緒に、マリ・クレール・ダイニング編集長「リンダ・真知子・リシャール(富永愛)」が来店。

尾花「元恋人」だそうです💦

リンダ「食べに来たわよ、あなたのお料理。」

尾花「ようこそ、グランメゾン東京へ」

 

つづく…

グランメゾン東京|4話 ネタバレ感想【ウニでとるやないかい!】ドラマ・グランメゾン東京『4話』ネタバレ・感想・次回の予告。2019年11月10日に放送。...

グランメゾン東京「3話」感想

グランメゾン東京『3話』の感想です!

Twitter

Twitter

Twitter

「グランメゾン東京」次回のあらすじ

『グランメゾン東京』次回のあらすじです。

いよいよプレオープンを迎えることになったグランメゾン東京。

だがそこに急遽、「マリ・クレール・ダイニング」の編集長・リンダ(冨永愛)がくることに。

彼女は世界的にも名声が高く、彼女の評価一つで店の今後が決まってしまうほどの影響力があった。やる気を燃やす尾花(木村拓哉)に対し、緊張と不安が高まる倫子(鈴木京香)。

そんな中、尾花は突然、デザートを作り直すと言い出す。

コースの最後を締め括るデザートはとても重要で、リンダを納得させるためには完璧なものを目指さなくてはいけない。

さっそく尾花と京野(沢村一樹)は、祥平(玉森裕太)の働くホテルに向かう。 そこで尾花がスカウトしたのは、萌絵(吉谷彩子)だった。 萌絵はさっそく試作品を作るが、尾花と倫子は却下する。

萌絵と尾花はそれぞれ栗を使ったデザートを作り、どちらがおいしいか対決することに。

その話を聞いた祥平は、萌絵のデザート作りを手伝う…。

刻々と近づくプレオープン。

尾花たちはリンダが認めるデザートを完成させることができるのか? そして、グランメゾン東京は無事オープンを迎えることができるのか!?

公式サイトより引用

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事グランメゾン東京|各話のネタバレはコチラ

関連記事
error: Content is protected !!