ネタバレ・感想

半沢直樹 2020|8話 ネタバレ感想【黒崎の去り際の男らしさ】



半沢直樹 2020「第8話」が、2020年9月13日(日)に放送されました!

このページでは、半沢直樹 2020「8話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

半沢直樹 2020「8話」ネタバレ

半沢直樹 2020「8話」ネタバレです。

しぶしぶ大和田と…

役員会に臨んだ大和田は、合同報告会での結果を踏まえ紀本の責任を追及。

ところが紀本は、参考人招致される中野渡の噂を引き合いに出し、最後まで任務を全うすると主張。

他の役員や中野渡も、紀本に任せるべきだと続投の声が挙がった。

一方、タスクフォースによる帝国航空の再建案を入手したとの情報を得た半沢は、山久と神谷の元を訪れる。

再建案はほぼ半沢の案と類似しているように見えたが、赤字路線の羽田↔伊勢志摩路線が撤退リストから外れていたことに気づいた半沢。

半沢は、伊勢志摩は箕部の選挙地盤が理由だと考え、さらに、銀行の債権放棄受贈益まで損益に含まれていた為、未だ銀行に債権放棄させるつもりだと予測。

帰り際、半沢は黒崎に「金融庁も箕部について何かを掴んでいるのではないか?」と指摘すると、黒崎は、箕部が東京中央銀行との関りがあることをほのめかした。

銀行に戻った半沢は田島と、箕部や銀行との取引を調査。

すると合併前の30年前に、東京第一銀行と箕部は取引していたことが分かり、紀本と箕部の具体的な繋がりを探るべく、しぶしぶ大和田と手を組むことにした。

旧東京第一銀行出身の役員リスト

箕部と旧東京第一銀行との取引の資料には、20億円もの大金が無担保で融資されていたが、当時の担当者からは「覚えていない」と言われてしまう。

そこで半沢は、検査部の富岡へ相談に向かった。

20億円の資料を見せると、かつての東京第一銀行には表に出せない融資が多数存在したと打ち明ける富岡。

そんな中、正体不明の人物から「紀本常務が検査部に向かっている」とのメッセージが届いた。

慌てて資料を隠したところへ紀本がきて、何をしていたのか?と追及される半沢。ごまかそうとするも、田島の目線から資料がバレそうになる💦

そこに福山も現れ、伊勢島ホテルの資料を渡すよう半沢に詰め寄る。福山のフォローを察した半沢は、20億円の資料を福山に渡し難を逃れた。。

福山は大和田の指示で半沢をフォローしたと告げる。

その後、富岡も大和田のもとへ向かい、旧東京第一銀行出身の役員リストを福山から見せられた。

何のリストかと尋ねると、元副頭取で10年前に自殺した牧野の元部下だと言う福山。

牧野は旧東京第一銀行の不正融資の全てに関わっていたとされ、その責任を取って自殺していた。

そして、牧野の命日にはリストの役員たちが集まり、牧野を偲ぶ「棺の会」を催していた。そのリストの中に智美の名前を見つけた半沢。

智美は牧野の、元秘書だった。




箕部からの連絡

9月6日。

棺の会に顔を出した智美を、半沢と渡真利が待ち構えていた。

智美によると、牧野は不正融資には関与しておらず、当時の審査部長・紀本に大金が振り込まれているとの噂を聞いていたという。

箕部に不正融資をしていたのは紀本の可能性が高まり、半沢たちは証拠資料を探そうと奔走する。

ところが、牧野の件を調べていると察した紀本は大和田に圧力を掛け、自分を常務にするよう迫る。

すると大和田は、智美が牧野の遺書を持っており、そこに箕部への融資クレジットファイルの在り処が書かれていたと話す。

紀本は早速、智美の小料理屋に足を運んだ。

一方で、当時の担当者に隠していたクレジットファイルを確認させる紀本。保管されているという報告を受けた紀本は安心し、智美に牧野の遺書を見せて欲しいと頼んだ。

個室に置いてあると言われ紀本が向かうと、そこには遺書を持った半沢が待ち構えていた。

遺書にはクレジットファイルのことは書かれていないが、所在は判明したと言う半沢。わざと紀本にコチラの動きを勘付かせ、ファイルを確認させることで在り処を探っていた。

紀本に知っていることを全て話すよう詰め寄る半沢。

そこへ、箕部から紀本に電話が入り、箕部が「半沢と大和田に会いたがっている」と言う。

黒崎、退社。

箕部の元へ訪れると、箕部から「20憶円の融資について不正なものではない」と説明された。

それに対し、牧野の死後、紀本に多額の金が振り込まれていると指摘し、融資したのは紀本ではないか?と告げる。

すると箕部は、

牧野の口座に、不正融資と疑われる会社からの振り込み確認資料

を、半沢たちに見せてくれた。

箕部は銀行のために資料は公表しておらず、疑いが晴れないのであれば公にすると言う。

大和田は焦りすぐに謝罪するも、半沢は箕部を怒りの表情で見つめたが、金融庁への電話が繋がり「大変失礼しました」と頭を下げた。

その後、中野渡の参考人招致は、紀本が箕部に頼み込んで見送られることになった。

さらに、箕部のことを探っていた黒崎が異動になると知った半沢。

その後、金融庁で黒崎を待ち構えていると、黒崎から「伊勢志摩ステートを調べなさい」と言い去っていった。

 

つづく…

半沢直樹 2020|9話 ネタバレ感想【こわっぱの1000倍返し!】ドラマ・半沢直樹2「9話」ネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年9月20日放送。...
【半沢直樹 2020】ドラマ 動画 1話〜無料視聴【見逃し配信】ドラマ『半沢直樹 2020』1話〜最終回まで動画を無料視聴する方法。2020年の放送で、主演は堺雅人。...

半沢直樹 2020「8話」感想

半沢直樹 2020「8話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

半沢直樹 2020 次回のあらすじ

「半沢直樹 2020」次回のあらすじです。

半沢(堺雅人)は、合併前の旧東京第一銀行が箕部幹事長(柄本明)に貸し出した20億円もの融資の実態を探ろうとするが、亡くなった牧野元副頭取(山本亨)が不正な金を受け取っていた証拠を突きつけられ、手を引くことを余儀なくされる。

同じように箕部を追っていた金融庁の黒崎(片岡愛之助)にも箕部の魔の手が伸び、再び国税庁に異動させられてしまう。黒崎が最後に残した「伊勢志摩ステート」というヒントを手がかりに、半沢は伊勢志摩へと飛ぶ。

空港で彼を待っていた人物とは…。

伊勢志摩支店の同期の協力を仰ぎ、伊勢志摩ステートの15年前の財務資料を徹底的に調べる半沢。

さらに、思わぬの人物の姿を目撃するのだった。

半沢の疑惑は確信へと変わっていき…。

半沢は伊勢志摩ステートに隠された秘密を暴き出し、倍返しすることはできるのか…!?

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事半沢直樹2|各話のネタバレはコチラ

全話配信【9/20配信開始】半沢直樹2|動画配信はコチラ【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!