ネタバレ・感想

半沢直樹 2020|9話 ネタバレ感想【こわっぱの1000倍返し!】



半沢直樹 2020「第9話」が、2020年9月20日(日)に放送されました!

このページでは、半沢直樹 2020「9話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

半沢直樹 2020「9話」ネタバレ

半沢直樹 2020「9話」ネタバレです。

見当たらない証拠

黒崎からのヒント「伊勢志摩ステート」を手がかりに、半沢は伊勢志摩へと飛んだ。

すると、空港で半沢を待っていたのは森山(賀来賢人)だった。

前日にスパイラルの瀬名と森山とで食事をした、半沢。森山は恩返しをしたいと、半沢の反対を押し切り来てくれた。

半沢たちは、東京中央銀行「伊勢志摩支店」深川の協力で、伊勢志摩ステートの15年前の財務資料を徹底的に調べた。

その後、東京中央銀行から箕部へ20億円を融資した日付と、箕部から伊勢志摩ステートへ融資した日付が同じだと発覚。

箕部は、甥の会社に転貸(てんたい)していたと思われたが、半沢は何のために?と疑問に思う。

〜15年前〜

伊勢島ステートは、箕部から振り込まれた金で大量の土地を購入。その土地が今、伊勢志摩空港になっていた。

本来は建設予定地ではなかったが、箕部の力で現在の場所に空港を誘致した。その際、土地が高値で売れたため、伊勢志摩ステートの業績はV字回復に。

しかし、伊勢志摩ステートから箕部へ資金が流れた形跡が見当たらなかった。。

乃原の過去

行き詰まった半沢は大和田のもとを訪れ、書庫センターに隠していた西荻窪支店の段ボールを移動したのでは?と問い詰めた。

箕部のクレジットファイルについても尋ねると、答えない大和田。

謹慎中の半沢と一緒にいることがバレたら、紀本にどう思われるか?と脅すと、大和田はクレジットファイルの写真を半沢に見せた。

箕部への20億の融資担当は、灰谷。

その上司の印鑑には紀本の欄もあり、やはり関わっていた…。さらに、クレジットファイルには「記号で書かれたメモ」を発見。

乃原は、頭取と対面。

銀行に恨みがあり、復讐を目論んでいた乃原。

小学生時代に父の仕事が上手くいかず、銀行員だった紀本に父に迷惑がかかったせいで、乃原は同級生からいじめられていた。




やっぱり大和田

西荻窪支店の段ボールを地下4階の隠し部屋へ移動したのは、トミさんこと富岡(浅野和之)。中野渡頭取が牧野副頭取の死の真相を探るため、智美(井川遥)を通じて選ばれていた。

富岡は頭取の特命で、東京第一銀行(旧T)の問題融資を調べていたが、箕部の不正の証拠だけが見当たらなかった。。

そこへ紀本がきて、規則違反だと言い掛かりをつける。

半沢は箕部への融資こそ問題だと反論すると、そこへ、黒崎(片岡愛之助)が登場!

黒崎はここへ来る前に、メモの筆跡が灰谷だと迫り「誰の指示?言わないとつぶすわよ」と急所を握りしめると、観念した灰谷は紀本の指示だと告げた。

そして黒崎は、白水銀行に隠していた紀本の口座を証拠として突き出すと、口止め料だという紀本。

亡き牧野副頭取にワイロの罪を着せたのも箕部で、牧野はひとりで東京第一銀行(旧T)の罪を背負って自殺した。

箕部の不正の証拠は地下5階にある、一部の役員しか知らない専用金庫に隠していたが、金庫から消えていた。。

福山が大和田に逐一報告しており、持ち出したのは大和田だと確定した。

こわっぱ!はよやれ!

一方、乃原が箕部の不正を公にすると告げたが、証拠がないと強気に出る頭取は「債権放棄」を拒否。

そんな中、大和田も頭取命令で、東京第一銀行(旧T)の不正を追っていたが、頭取の判断で箕部に不正の証拠が渡されていた。

半沢は納得できなかったが、箕部はこれが表に出れば東京中央銀行も信頼が地に落ち、旧Tと旧Sの融和もできなくなると告げる。

半沢は頭取に正しい筋を通してほしいと伝えたが、中野渡から「半沢、君には帝国航空の担当を外れてもらう。」と命じられた。

「出向ですか?」と尋ねる半沢に、箕部は「日本古来の謝り方、土下座して謝りなさい」と言い出し、

「こわっぱ!はよやれ!!!!!」と怒鳴った💦

「土下座しろ」という大和田を振り切り、半沢は頭取に「私は銀行を信じています」と告げ、

あなたのしたことは裏切りに他ならない。

到底許せすことができません、大和田さんあなたもだ。

一番許せないのは箕部幹事長。あなたは醜い老いぼれだ!

からの、

銀行の、この国の正義を信じる国民のために…。

やられたら、いや3人まとめて1000倍返しだぁっ!!!

 

つづく…

【半沢直樹 2020】ドラマ 動画 1話〜無料視聴【見逃し配信】ドラマ『半沢直樹 2020』1話〜最終回まで動画を無料視聴する方法。2020年の放送で、主演は堺雅人。...

 

半沢直樹 2020「9話」感想

半沢直樹 2020「9話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

半沢直樹 2020 次回のあらすじ

「半沢直樹 2020」次回のあらすじです。

最終回は、2020年9月27日(日)21時〜15分拡大で放送です!

伊勢志摩ステートから箕部幹事長(柄本明)への金の流れが記された決定的証拠は、大和田(香川照之)と中野渡頭取(北大路欣也)によって箕部の手に渡ってしまった。怒りに燃えた半沢(堺雅人)は3人に対して1000倍返しを誓うも、帝国航空再建プロジェクトから外されてしまう。

頭取に裏切られ、バンカーとしての熱意を失いかけていた半沢だったが、森山(賀来賢人)と瀬名(尾上松也)に背中を押され、もう一度立ち上がることを決意する。そして渡真利(及川光博)と共に紀本常務(段田安則)の居場所を突き止めた半沢はある衝撃の事実に行き着くのだった・・・。

しかし、中野渡頭取が債権放棄を認める会見の日は目前に迫っていた。

はたして半沢はタイムリミットまでに箕部の不正を暴く決定的証拠を見つけ出し、バンカーの誇りと正義、そして銀行の未来をかけた全身全霊の倍返しを叩きつけることが出来るのか!?

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事半沢直樹2|各話のネタバレはコチラ

全話配信【9/20配信開始】半沢直樹2|動画配信はコチラ【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!