ネタバレ・感想

半沢直樹 2020|7話 ネタバレ感想【大和田、愛の劇場】



半沢直樹 2020「第7話」が、2020年8月30日(日)に放送されました!

Twitter

このページでは、半沢直樹 2020「7話」の

  • ネタバレ
  • 感想
  • 次回のあらすじ

についてご紹介します。

半沢直樹 2020「7話」ネタバレ

半沢直樹 2020「7話」ネタバレです。

政府には逆らえない

開発投資銀行に続き、帝国航空を訪れた白井大臣は、半沢からスカイホープの新規航路不認可の件を突っ込まれる。

しかし白井は、開発投資銀行から帝国航空への融資が打ち切られると告げる。

半沢は開発投資銀行の谷川に確認をとったが、谷川は新規航路不認可を理由に融資できないという。

半沢は開発投資銀行が融資しないなら、東京中央銀行からの融資を提案したが却下される。

そして白井はテレビ出演し、マスコミに「東京中央銀行」の悪評ばかりを発言。

白井は日本初の女性総理大臣になるという野心があり、帝国航空の案件を上がるための実績にしようとしていた。

あまりにタイミングよく色々な事が起こるため、半沢は大和田に政府に情報を漏らしているんじゃないかと突っ込む。

ところが大和田は「半沢は負けた!」と相手にせず、また債権放棄は状況的に免れず、絶対に行うと断言した。

Twitter

さらに、タスクフォースによる合同報告会が開かれる事になり、半沢も出席するよう乃原から念を押された。

半沢は開発投資銀行の谷川を味方につけようと話し合ったものの、谷川から「政府には逆らえない」と言われてしまった。

東京中央銀行「役員会」

半沢は債権放棄を訴えたが、金融業の正義を訴える半沢と、世論を重視する大和田で対立ししてしまう。

半沢は、

頭取の意向はあくまで顧客優先であり、帝国航空の自力再建を成し遂げる事こそ東京中央銀行の務めだ!

と告げると、役員たちはそれを好意的に受け止めた。

空気を読んだ大和田は態度を変え半沢につくが、紀本が食い下がり、債権放棄をしないなら自分をクビにしてからやれと言う。

それにより、役員たちは紀本側についてしまった💦

頭取も債権放棄を決めようとしたが半沢が食い下がり、債権放棄を方針とするも「条件つき」という結論になり役員会は終了。

ちなみに、大和田が急に態度を変えたのは、紀本の動きを見るための芝居で、半沢も大和田の演技には気づいていた。

やはり紀本は政府とつながっていて、大和田を利用し、頭取を騙して東京中央銀行を裏切ろうとしていると半沢と大和田は判断。

協力するフリをして紀本を追い込むべく、紀本の手下である曽根崎を捕まえ、紀本が政府と繋がっている事をハッキリさせた。

Twitter

開発投資銀行の谷川の真意は、

開発投資銀行の過剰な融資によって、帝国航空を甘やかす形になってしまった。

また、債権放棄なんかするべきではないと分かっている、しかし、どうしてもできない事はある。

と、半沢は断わられてしまう。




合同報告会

合同報告会の日、政府と各銀行が集まる中、開発投資銀行の姿がない…。

その後、白井を中心とするタスクフォースを代表し、乃原が各銀行に債権放棄の意向を聞いて行く。

融資額の低い順に聞いていくと言い、最初の銀行は主力及び準主力銀行の決定に準ずるとの意向を示した。

声を荒げる乃原だったが、その後の銀行も次々と同じ意見を報告。準主力銀行である東京中央銀行の番になり、立ち上がった半沢は債権放棄を拒絶すると発言する。

東京中央銀行は、開発投資銀行が債権放棄した場合、準ずるという条件をつけていた。

乃原は、東京中央銀行が役員会で、債権放棄を受け入れると決まったことを指摘。白井も開発投資銀行の意向が分からないのになぜ拒絶するのかと詰め寄る。

そこへ、谷川が現れ債権放棄の要請を見送ると発言。

これにより、全銀行が債権放棄を拒否することになった。

二度と私に逆らうんじゃないよ!

喜ぶ銀行員たちをよそにマスコミを退席させた後、政府に逆らったと谷川を責める白井。しかし谷川は、閣議で民営化法案が通ったことを伝える。

谷川が銀行内の上層部たちに働きかけて取りまとめ、組織改革を行っていた。

箕部の前で謝罪し、離党の意向を伝える白井。

しかし、広告塔としているだけでいいと伝え「二度と私に逆らうんじゃないよ!」と強い口調で告げる。

Twitter

その後、箕部に呼び出され部屋にいたのは中野渡。

箕部は「持ちつ持たれつでやっていこう」と中野渡に伝えた…。

 

つづく…

半沢直樹 2020|8話 ネタバレ感想【黒崎の去り際の男らしさ】ドラマ・半沢直樹2「8話」ネタバレと感想・次回のあらすじ。2020年9月13日放送。...

https://dramarcs.com/hanzawa20p/

半沢直樹 2020「7話」感想

半沢直樹 2020「7話」の感想です。

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

Twitter

半沢直樹 2020 次回のあらすじ

「半沢直樹 2020」次回のあらすじです。

「タスクフォース合同報告会」で、開発投資銀行と共に債権放棄を断固拒否した半沢(堺雅人)は、花(上戸彩)から智美(井川遥)が元銀行員で、かつて中野渡頭取(北大路欣也)の部下だった過去を聞く。

一方、大和田(香川照之)は「銀行員生命をかける」とまで言った債権放棄の受け入れの提案に失敗した紀本常務(段田安則)をここぞとばかりに追い落としにかかるが、逆に先の合同報告会が原因で中野渡頭取に参考人招致の噂があると突きつけられてしまう。

政界のドン・箕部幹事長(柄本明)がついに牙をむいたのだった。紀本は政府とつながり一体何を企んでいるのか?

そんな中、帝国航空の山久(石黒賢)からタスクフォースの再建草案を見せられた半沢は、赤字路線の羽田・伊勢志摩路線が撤退リストから外されていることに気づく。

伊勢志摩空港は、ほかならぬ箕部の選挙地盤であり、建設に尽力した彼の功績を讃え、地元では「箕部空港」とも呼ばれていた。

すべてのカギを握っているのは箕部だと確信した半沢は、あらゆる手段で手がかりを探す。 そんな中、黒崎(片岡愛之助)もまた箕部を追っていると知って…。

こうして半沢は、東京中央銀行が抱えるとてつもない“闇”の扉を開くことになるのだった…。

引用:公式サイト

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

人気記事半沢直樹2|各話のネタバレはコチラ

全話配信【9/20配信開始】半沢直樹2|動画配信はコチラ【2週間→無料】

関連記事
error: Content is protected !!