ドラマネタバレ・感想

ボクの殺意が恋をした|4話 ネタバレ*感想【柊の口移し】



ドラマ「ボクの殺意が恋をした」4話が、2021年7月25日(日)に放送されました!

ついに、美月が正体を明かします…。

このページでは、ドラマ「ボクの殺意が恋をした」4話の

  • あらすじ
  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」4話 ネタバレ

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」4話のあらすじ・ネタバレです。

柊(中川大志)は美月(新木優子)が葵だと確信し、彼女を殺すことに迷いを感じてた。美月が「ハリネズミ探偵・ハリー」の実写映画撮影に向けた打合せに参加することになり、柊も同行する。

打合せには、流星(鈴木伸之)が立ち会っていた。柊は、流星がまた何か企んでいるのではないかと気が気ではない。

そんな中、詩織(水野美紀)が美月の仕事場を訪れる。詩織は、柊の父の知り合いだと名乗る。詩織に京子(榊原郁恵)のことや家族について尋ねられ、警戒する美月。美月と詩織の間に、緊張感が高まる。

柊は、なぜ突然訪ねてきたのかと詩織を問い詰める。柊は詩織に、美月が実は初恋の人なのだと伝える。心揺れる柊に、詩織は、丈一郎(藤木直人)の死を無駄にしないでほしいと告げる。

映画「ハリネズミ探偵ハリー」クランクインの日。撮影現場で原作者の美月、出演者の流星と七瀬くるみ(谷まりあ)の対談取材が行われる予定が組まれていた。美月は、柊と千景(田中みな実)たちを連れて撮影現場へ向かう。撮影現場は、古い洋館だった。

「俺が……絶対に守ってみせる」と決意する柊。流星は到着した柊たちを見て、不敵に微笑む。「ようこそ、死の館へ――」

現場には、数匹のハリネズミがいた。ハリーは、ぬいぐるみとCG合成を使って実写化する。撮影中に本物のハリネズミを見られるようにしておけば、出演者の演技にもイメージが湧きやすいだろうという流星のアイデアだった。

ハリネズミを見て「かわいい!」と声を上げる美月。そんな彼女を見て、ときめいてしまう柊。撮影が進み、洋館には空き時間ができた流星と見学していた柊たちだけになる。

すると、流星は、ケージを開けてハリネズミを逃がす――。ハリネズミを使った流星の殺人計画とは!?

彼女のフリをしていたの…

差し入れのチョコを食べようとしない流星に、美月が声を掛けた。柊には、美月と流星が見つめ合っているように見えた。

流星に嫉妬した柊は、箱の中のチョコレートを全部食べてしまう💦

仕方なく、自分が持っていた1粒のチョコレートを流星の口に入れる美月。その瞬間、流星は美月に恋に落ちる―。

その後、柊たちはハリネズミがケージから逃げ出していることに気付き、一同はハリネズミを捜すことに。

洋館中を捜し回る柊たちを、流星がモニターで眺めていた。

そんな中、美月はハリネズミを追いかけ地下室に迷い込んでしまう。柊も美月の後を追って地下室へ向かうもそれは流星の罠だった。

案の定、美月と柊は閉じ込められてしまい、ナイトの甲冑に仕込まれた毒針が美月に向かって飛んでくる!

必死に美月を守る柊。モニターを見ていた流星は、甲冑を着たロボットをコントロールしはじめる。

甲冑と格闘になり絶体絶命の危機に陥った柊を、今度は美月がかばう。そして、毒針が刺さった美月は意識を失ってしまった。

柊は美月が不整脈を起こしていることに気付き、その症状からトリカブトの毒と見抜いた。

その後、柊は美月を連れ地下室を抜け出すことに成功。またしても美月を仕留められなかった流星だったが、内心ホッとしていた…。

柊は診療所を見つけ、不整脈を抑える薬を手に入れたが、意識を失っている美月は薬を飲めない。

そこで柊は、口移しで美月に薬を飲ませる!そして柊の口づけで、美月は目を覚ました。

「君は誰なんだ?」

と問いかける柊に、美月から

私は…、葉山葵。

鳴宮美月に頼まれて、彼女のフリをしていたの…。

と言われ、柊は訳が分からず混乱してしまう―。

 

つづく…

ボクの殺意が恋をした|5話 ネタバレ*感想【葵と美月はグル!?】ドラマ『僕の殺意が恋をした』5話のネタバレ・感想。2021年8月1日に放送。...
ボクの殺意が恋をした|ドラマ 動画1話〜無料視聴 pandora*dailymotion は?ドラマ『ボクの殺意が恋をした』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2021年の放送で、主演は中川大志。...

 

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」4話の感想

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」4話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事ボクの殺意が恋をした|各話のネタバレはコチラ

2021 秋ドラマ 15作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!