ドラマネタバレ・感想

彼女はキレイだった(日本)|6話 ネタバレ*感想【樋口ぃぃいい!】



ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」6話が、2021年8月17日(火)に放送されました!

ほんとっ、当て馬役の男ってイイやつばっかだから、泣いてまうわ😭

このページでは、ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」6話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」6話 ネタバレ

ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」6話のネタバレです。

燃える愛🔥

愛(小芝風花)は新たな決意を胸に、ヘアスタイルをチェンジし、メイクも整えて「ザ・モスト」編集部へ戻ってきた。

美しく変身した愛に、驚きを隠せない宗介(中島健人)と樋口(赤楚衛二)。

その後、愛の童話企画に対する会議が開かれ、愛は企画立案の元となった人気絵本作家・夏川ちかげにコラムの執筆を依頼したいと提案。

ところが、夏川は10年前に作家を引退しており、コラムを書いてもらうのは難航するとの声が出てしまう。

しかし、昔から夏川の作品が大好きな愛は提案したいと譲らず、愛の熱意に動かされた宗介は取材交渉の許可を出した。

その後、愛は樋口の取材に同行し、間近でインタビューのテクニックを学ぶ。さらに、取材終了後に勉強も兼ねて原稿を書かせてもらえることに。

愛は張り切って初原稿を仕上げ、岡島(片瀬那奈)に添削を持ちかけようとしたが、その寸前に宗介が取り上げ直々にチェックすると言い出した。

その後、宗介チェックから戻ってきた原稿は赤ペンの修正ばかり💦

それでも愛はめげず、勤務時間外になっても何度も原稿を訂正し、宗介もそれに応える形で何度も原稿をチェックする。

そして、ようやく宗介からOKが出た🎉✨ 初めて大きな仕事を成し遂げ、嬉しくて堪らない愛。

その様子を間近で見ていた宗介も、思わず笑みがこぼれた。

雨は苦手って…。

とある日。

宗介は珍しく、編集部に有名なケーキの差し入れをする。愛にも食べて貰おうとしたが、愛は時間がなくすぐに出て行こうとする。

そこに樋口から「雨が降るだろうから」とビニール傘を手渡すと、愛は「髪が膨らむから雨は苦手で」と言いつつ、樋口に感謝を告げた。

すると愛の「雨が苦手」という言葉を聞いて、ハっとする宗介。幼い日の愛も「同じ理由で雨は苦手」と言っていたからだ。

仕事終わり、樋口が編集部に戻ると、愛は夏川に手紙を書いていた。アポを断わられた為、次は手紙でお願いしようとしていた。

そこで樋口は愛が書いていた手紙の添削をし始め、

硬い!

表現硬いから、本に対する自分の素直な気持ちをぶつけたほうがいい。

その方が心を動かせる!

と、アドバイスする。

かつて宗介に言われた「君は、読者を一人だとしても心を動かせた」という言葉を重ね合わせ、愛はさらに気合いを入れた。

退社時、樋口は愛に「変わろうと思ったキッカケ」について尋ねる。すると愛は

もっと自信を持ちたくなったから。

それに、副編集長(宗介)に戻って欲しいと言われて嬉しかったんです

と答える。

やはり、愛が見ているのは宗介だけ。そう感じた樋口は「もっとジャクソン(愛のあだ名)の中に俺がいればいいのに」とさりげないアピール。

しかし愛は「またからかっているんですね〜」と、本気にはしなかった。

何か違う…

一方、仕事中の梨沙(佐久間由衣)の元に、別れたはずの男が再び現れていた。

力ずくで愛に絡もうとする男の前に宗介が登場し、周りの従業員も見ていたことから無事に追い払うことができた。

お礼をいう梨沙に、宗介は「彼にはただの友達だって伝えて。好きな人に誤解されるのって凄く悲しいから。」と告げる。

その後、2人はランチを済ませ思い出の公園へ。

2人でよく遊んでいたブランコに乗り、「昔、よく遊んだよね」と話す宗介。

梨沙は宗介が今の自分ではなく、幼い日の思い出でしか自分を見てくれないことに焦りを感じてしまう。

「昔の話はもう止めない?」

と訴える梨沙に、宗介はその言葉の意味が分からなかった。

//

その後、帰ろうと横断歩道の前で信号待ちをする宗介と梨沙。

宗介は「最近、雨が多いけど大丈夫?」と心配するも、梨沙からは「平気だよ」と返答され、戸惑う宗介。

昔は雨は苦手だって言ってたのにという宗介に、梨沙は慌てて「今は平気になったの」とごまかした。

目の前にいる愛(梨沙)と、宗介がよく知る昔の愛が一致せず、宗介は梨沙に疑問を感じずにはいられなかった。

神様、もう少しだけ。

梨沙が帰宅すると、机でそのまま寝てしまった愛を見つけ、梨沙は毛布を掛けてあげた。

そして、

いい加減、分かったよ。

宗介が大事なのは私じゃなくて昔の愛だって。

でも、もう少しだけでいいから一緒にいたいの…。

と、眠る愛の前でつぶやいた。

翌朝、梨沙と一緒に家を出た愛は、梨沙に元気が無いと尋ねたが「なんでもないよ、大丈夫だから」と、そつなく答える梨沙だった。

//

会社に到着した愛は、

夏川先生のアポ取れたので、これからホテルに会いに行ってきます。

と宗介に報告すると、「頑張れよ」と笑顔で送り出す宗介。

//

その後、宗介は梨沙から呼び出され、仕事の合間を縫って喫茶店で合流した。

梨沙は宗介に「私が誤解されたくないのは宗介だよ」と訴え、梨沙はパズルの最後ピースを差し出した。

梨沙は宗介の心を自分に繋ぎ止めるため、勝手に持ち出していた。

梨沙は、

宗介が大切にしている昔の思い出は、私も大切にしている。

私の初恋は宗介だよ。宗介は?

と聞かれ、宗介は言葉に詰まってしまう…。

当て馬と本命

一方、編集部に残っていた樋口のもとに作家の夏川から電話が入り、都合が悪くなったので、本日の打ち合わせはキャンセルしたいとのこと。

樋口はすぐに電話を掛けたが、愛にはつながらない。

気になった樋口はネットでホテルの場所を調べたところ、愛が向かったホテルで火災が発生したというニュースが表示された。

さらに、SNSにも消防や救急車が多数到着している画像を見た樋口は、いてもたってもいられず、急いでホテルへ向かった。

一方、宗介の元にも宮城(本多力)から「愛が火災に巻き込まれたかもしれない」との連絡が入り、気が動転する宗介。

そんな宗介の手を取り繋ぎ留めようとする梨沙だったが、宗介は手を振りほどき「ごめん」とだけ言い残し、その場を立ち去った。

途中で大雨が降ってきたが、一心不乱にホテルに向かって走る宗介。そして、すっかり日が落ちた頃に到着。

懸命に愛を探す宗介の前に、「副編集長!」と呼ぶ愛の声が聞こえた!宗介が振り返ると、そこには傘をさす愛の姿が。

愛は無事だった。しかし宗介は、愛が持っていたビニール傘を振り投げると、「怪我はないか?」と言い抱き寄せる💕

梨沙の事実

しかし、自分よりも宗介が雨に対してトラウマがあると知っているため、宗介の方を心配する愛。

すると宗介は、夢中で雨が降っていることに気づかなかったと答えた。

宗介は「本当に大丈夫なんだよな?」と確認し、再び愛に傘を差してあげた。

その様子を、遅れて到着した樋口が遠くから見つめていた。樋口は自分が2人の間に入り込める隙は無いと分かり、黙ってその場を去っていった。

その後、宗介はタクシーで愛を家まで送り届け、帰っていった。

遠くに過ぎ去っていく宗介を見ながら、愛は

また明日…。それでいいの!?

いつも先送りにして、パズルを完成させなかったのは私だった。もう逃げたくない…!

昔の私も、今の私も、宗介のことが好きなんだ!

決意を固めた愛は、宗介を追いかける!

そして、マンションに到着した宗介を見つけ、愛が歩み寄ろうとしたその先に梨沙が待っていた。

待ち伏せていた梨沙に気づき、愛!と呼ぶ宗介。

梨沙が自分に隠れて宗介と会っていた事実を知った愛は、言葉を失ったまま立ち尽くしてしまった。

 

つづく…

彼女はキレイだった(日本)|7話 ネタバレ*感想【行くな!】ドラマ『彼女はキレイだった(日本)』7話のネタバレ・感想。2021年8月24日に放送。...
彼女はキレイだった(日本)|ドラマ 動画の無料視聴 + pandora*dailymotion の配信は?ドラマ『彼女はキレイだった(日本)』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2021年の放送で、主演は小芝風花・中島健人(Sexy Zone)。...

 

ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」6話の感想

ドラマ「彼女はキレイだった(日本)」6話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました!

関連記事【彼女はキレイだった】各話のネタバレはコチラ

 

2021 秋ドラマ 15作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!