ドラマネタバレ・感想

元彼の遺言状|3話 ネタバレ*感想【千利休の勝ち】

ドラマ「元彼の遺言状」3話が、2022年4月25日(月)に放送されています!

第3話は、不動産にまつわる物語です…。

このページでは、ドラマ「元彼の遺言状」3話の

  • ネタバレ
  • 感想

についてご紹介します。

ドラマ「元彼の遺言状」3話 ネタバレ

ドラマ「元彼の遺言状」3話のネタバレです。

ホスト“武田信玄”黒丑

元彼・栄治(生田斗真)の遺言によって、麗子(綾瀬はるか)は『暮らしの法律事務所』を引き継ぎ、雑用係として篠田(大泉洋)を住まわせることに。

がしかし、大手弁護士事務所にいた頃とは打って変わって、金にならない案件ばかりの日々が続く…。

そんな中、 “武田信玄”を名乗る人物から依頼の電話が入り、殺人事件があった秋須坂町の進藤不動産へと向かう。

殺されたのは進藤不動産社長の進藤昌夫(画大)で、弁護士を呼んだのは黒丑益也・くろうしますや(望月歩)という青年。

黒丑は、ホストクラブ『戦国』で武田信玄という源氏名で働いており、3ヶ月前に黒丑の自宅に訪ねてきた進藤から、立ち退きを持ちかけられたという。

だが、1ヵ月前にもう一度やってきた進藤はすぐに立ち退きを命令。

黒丑は交渉するため、進藤に会いにいったものの死んでいる進藤を発見し、すぐに警察に連絡したと主張する。

現場に向かう途中、麗子はボヤさわぎを見ていた。

現場の秋須坂付近は、廃れた商店街をつぶしてショッピングモールを建てる計画がある場所。

モールの建設計画を進める常国建設に出向いた麗子は、自分なら立ち退きを進められると契約をちらつかせる。

そうして、新藤不動産にあった契約書を確認するが、黒丑家の契約書が見つからない。

益也の話では、祖父の代から住んでいて、暴力を振るう父を嫌がって母は出ていき、弟は母に連れられてたと話す。

自分と父親だけで住んでいるが、父親もいなくなったと話す益也。

そして、家族でここに住むためにホストをしているという。

隣人

篠田はモールの建設反対派の集まりに向かう。

ボヤ騒ぎがあったレストランの店主がそのリーダーで、どうやらボヤ騒ぎも立ち退かせるたための手段だった。

麗子は法律で立ち退かせると言い、土地の権利を調べ始める。すると、黒丑の家の権利は黒丑家ではなく新藤のものだった。

益也に話を聞きに行くが留守で、隣に住む尾形(おかやまはじめ)に話を聞くと、黒丑の家に弟はおらず、母親は死んだと知らされる。

そして、益也の父親もここのところ見ていないという。

篠田はまるで、アガサクリスティの「誰もいなくなった」のようだと言い、黒丑家の庭のつつじが一ヶ所「色」が変わっていた告げる。

もしかしたら、死体が埋められていて、益也が家を出ないのは遺体が掘り起こされるから。

と、判断した。

その夜、益也は庭を掘っていたが、何も出てこなかった…。

実は益也は、父親から「ずっとここに住め」と言われていた言葉を、父親が誰かを殺し埋めたからだと思っていた。

実際は、益也の父親が新藤家からこの土地を借りて住んでいたが、それは契約書に基づくものではなかった。

しかし「善意の第三者」が20年以上住めば、土地の所有が認められるということを知っていて、益也にそう伝えていた。

さらに、父親は歌舞伎町で元気に暮らしていることも分かった。

その後の調べで、犯人は隣に住んでいた尾形と判明。

尾形の住んでいる家は妻の父親のもので、新藤が父親と話そうとしたが、尾形は父親も妻も殺して埋めていたため、この家を出ることができずにいた。

そして、尾形家の庭から2人の骨が出てきた。

麗子は立ち退きに成功したとして常国建設に向かったが、津々井(浅野和之)の事務所が、ショッピングモール建設プロジェクトの案件を依頼されていた。

そのせいで、麗子は契約することができなかった…。

 

つづく…

元彼の遺言状|4話 ネタバレ*感想【銭ゲバ主義】ドラマ『元彼の遺言状』4話のネタバレ・感想。2022年5月2日に放送。...
元彼の遺言状|ドラマ 動画を無料視聴《pandora*dailymotion の配信は?》ドラマ『元彼の遺言状』見逃し動画を1話〜最新話まで無料視聴する方法。pandora(パンドラ) や dailymotion(デイリーモーション)の配信は?2022年の放送で、主演は綾瀬はるか。...

 

ドラマ「元彼の遺言状」3話の感想

ドラマ「元彼の遺言状」3話の感想です。

以上、最後までご覧いただき有難うございました。

関連記事【元彼の遺言状】キャスト・ネタバレはコチラ

 

2022 春ドラマ 25作品まとめ
関連記事
error: Content is protected !!