ネタバレ・感想

麒麟がくる|3話 ネタバレと感想【今川ラブリンが登場!!】



NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、2020年2月2日(日)に第3話が放送されました。

今回は、麒麟がくる「第3話」

・あらすじ
・ネタバレ
・感想

をまとめさせて頂きました。

麒麟がくる「第3話」あらすじ

「美濃の国」

夫を亡くした帰蝶(川口春奈)は明智荘を訪ね、光秀(長谷川博己)や駒(門脇 麦)らとつかの間の気の置けないひとときを過ごし、笑顔を取り戻す。

一方、道三(本木雅弘)は、より操りやすい土岐頼芸(尾美としのり)を美濃の新しい守護として擁立しようとする。

内心、道三のことを嫌う頼芸は、高政(伊藤英明)に自分が実の父親であるかのようにほのめかす。

つづいて、麒麟がくる「第3話」のネタバレです。

麒麟がくる「第3話」ネタバレ

夫の土岐頼純を亡くし、未亡人となっていた帰蝶。

夫の頼純が亡くなったのは、織田信秀と通じ戦を起こした張本人という疑いをかけられ、父の斎藤利政が殺したというものだった。

帰蝶、明智荘へ。

明智荘では、光秀と村人たちが田起こしに精を出していた。

そこへ、帰蝶が馬に乗ってやってきた。帰蝶は、叔父の光安の見舞いでやってきたと言う。さらに帰蝶は、明智荘へ来る前に小枝で足を傷つけたとのこと。

光秀は手当てをしてもらうため、帰蝶を駒のもとへ連れて行く。そこで、光秀の母・牧と帰蝶は昔話と歌を駒に聞かせる。

手当てが終わった帰り際、帰蝶は夫の土岐頼純が亡くなった事について、光秀はどう思うかと尋ねた。

すると光秀は、

・やむを得ない事だと思う。
・それより板挟みとなった帰蝶が心配だった。

と伝えた。

帰蝶が帰った後、母・牧と帰蝶が話していた内容を駒から聞かされた光秀。

それは、

自分が子供の頃に、火事から救い出してくれた武家が話していた麒麟の話

と同じ話を、帰蝶と牧が話していたという。

もしかするとそのお武家さまは、美濃と何らかの関係があるのでは?と、話す駒だった。

高政は、道三と頼芸どっちの子?

その頃、斎藤利政が息子の高政と共に土岐頼芸の元を訪れていた。

目的は、次の守護の座に就いてもらうこと。土岐頼芸は隠居状態だったが、兄の頼武と同じく守護の座に就く権利があった。

しかし、頼純を殺したと疑いのある利政を頼芸は警戒していた。

察した利政は、ぜひとも頼芸が守護となり力を貸して欲しいと伝え、自分(利政)に協力すれば、毒は盛られずに済むという事もほのめかした。

利政らが屋敷を出る間際、頼芸は高政を呼び止める。

高政の母である深芳野は、元は土岐頼芸の愛妾だった。そして、利政の側室になっていたと話してきた。

頼芸は高政に

「我が子だと思うて。頼りにしているぞ。」

そう伝えると、部屋に戻った頼芸は織田軍を再び美濃へ攻め込ませるべく、織田に使者を送る様、家臣に命じた。

頼芸「あの成り上がり者に美濃は渡さん!」

稲葉山城に戻った高政は、頼芸から告げられた母・深芳野のことが気がかりだった。

深芳野へ、自分の父親は頼芸じゃないかと尋ねると、

「お前はまぎれもなく、殿の子じゃ!」

と、深芳野は否定した。

高政の想い

翌日、光秀は鉄砲の件で高政から屋敷へ呼ばれていた。

どうやら高政も父の利政も鉄砲に興味が無いと言う。しかし一度試し打ちをしてみようとなり、2人で林へ向かった。

林への道中、高政は父の利政について話があると言ってきた。

父の利政は力で国衆を抑えつけ封じ込める。そんな父に国を治める事は無理だ。ハッキリ言うが父上に先はない。

そう思わぬか?

と聞かれた光秀は、

たしかにこの国はまとまりがなく、古い国衆がそれぞれ己の領地のことばかり考えている。昔は土岐家の鶴の一声で美濃を1つにまとめたと言う。

その代わりを殿が果たしているとは到底、思えない。

さらに高政は、

父上をアテにしているのは、お前だけだと言われた。

父に代わってこの国を支える。その折には力になってもらいたいということだ。ともにこの国を治めてほしい。

幼い頃から友と思うてきた。立場は違うが、一番近くにおると思うてきた。

お主の知恵を貸してくれ。どうすれば、この国をまとめて行けるか。

と光秀に頼みこんだ。

嫌ではない、そう思うてくれるのは悪くない。その話し、しかと承った。

ただし、美濃をどう変えれば良い国になるのか?お主と話し会わなければならない。すべてはそれからだ。

麒麟がくる国に。

鉄砲の試し打ちをして見せた光秀に、高政は驚いた。

今川軍 vs 織田軍「小豆坂の戦い」

そのころ尾張では、土岐頼芸から届いた知らせについて、織田信秀はと平手政秀が話し合いをしていた。

守護代の斎藤利政を倒し、尾張と手を結びたいとの内容。

するとそこへ、戦が始まるとの知らせが入る。

今川義元が大軍を率いて駿河を出陣し、三河まで向かっているとのことだった。

信秀は「ようし、戦支度じゃあ!」

駿河の国から出陣した今川軍は、重臣の太原雪斎を総大将として、1万を超える将兵を率い三河へ進行していた。

今川・織田の両軍は三河の小豆坂で相対し、ひときわ激しい戦いを繰り広げた。

駿河の遠江守護・今川義元は街道一の弓取りと囃され、名実ともに戦国大名の雄であった。

東海は動乱の最中にあった。

 

つづく

麒麟がくる「第3話」感想・次回のあらすじ

麒麟がくる「第3話」の感想です。

利政と頼芸の会話 は見ものでした✨

土岐家から頼りにしていると言われ、使命感をもつ高政。互いに旧友として利政のやり方には異を唱えてきました。

互いに良き関係としてこれから美濃の国をよくして行こうと、話し合っていたのですね。

麒麟がくる「第4話」あらすじ

医師望月東庵(堺正章)が京へ帰る日がきた。

が、道三(本木雅弘)は望月が織田信秀(高橋克典)と内通しているとの情報を得ていて、東庵に、織田方の情報を美濃に流すよう指図する。

しぶる東庵に道三は駒の命を人質にすることでようやく納得させ、情報を流す相手として光秀(長谷川博己)を指名する。

引用:公式サイト

麒麟がくる|4話 ネタバレと感想【竹千代がカワイイ!】2/9大河ドラマ「麒麟がくる」4話のネタバレと感想。2020年2月9日放送。...

それでは、最後までご覧いただき有難うございました!

人気記事麒麟がくる|ゲストキャスト・ネタバレ感想はコチラ 

関連記事
error: Content is protected !!